【CFO】創業間もないベンチャー企業でもCFOを雇える

創業間もないベンチャー企業でもCFOを雇える

会社を創業すると、

代表取締役やCEOなど、
経営トップを必ず設定します。

創業初期の会社は、
人手が足らないことが多く、

CEOが事業運営のみならず、
多くに業務を担います。

しかし、

CEOは事業についての知識が
高いものの、

お金周りの知識が乏しい方が多く、
お金に対する施策が後手になり、

資金がショートして廃業せざるを
得なくなることも少なくありません。

こんなCEOの財務に関する
知識不足を補うために、

財務知識が豊富な人材、
例えばCFO(最高財務責任者)を雇う

という考え方があります。

CFOは、

企業において財務戦略の立案、
執行をおこなう責任者です。

CFOの役割は、

日本と欧米では、
かなり違うようですし、

日本の中でも、

企業の成長ステージによって、
役割が違ってきます。

創業間もないベンチャー企業では、
常勤のCFOを雇うほど、

資金に余裕もないというのが
現状だと思いますが、

できるだけ早く、

CEOの懐刀として、
CFOを雇い入れることができれば、

CEOは事業に専念でき、
CFOにその他の業務を任せ、

効率よく事業を
推進させることができます。

しかし、

CFO雇い入れるには
お金が必要なんです。

ではどのように、

CFOというポジションを考えて、
採用すればいいのでしょうか?

いい方法はあるのでしょうか?

今回は、

創業間もないベンチャー企業でも
CFOを雇える”をテーマに話をします。

事業に専念できず、
進捗が思わしくないと

考えているCEOの方は、
是非この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、

CFOをどのように
考えればいいかがわかります。

これらがわかると、

あなたはCEOの懐刀として、
社外CFOを雇いたくなるでしょう。

そして、
さっそく雇って事業に専念しましょう。

今回の結論

今回の結論は、
社外CFOを雇い入れることです。

社外CFOは非常勤ですので、
常勤CFOに比較してコスト面で有利です。

創業間もなくのベンチャー企業では、
常勤CFOは不要です。

なぜならば、

業務量としても
まだそれほど多くはないですし、

企業の成長に応じて
役割が変化し、

CFOに求める必要なスキルが、
変わっていくからです。

常勤CFOを雇い入れるのは、

ある程度会社の規模が大きくなり、
組織体制が整備され、

役割分担がしっかり
できてからで十分です。

それまでは、

企業ステージに合った
スキルを持った非常勤の社外CFOを、

財務や経理業務以外の
管理業務や

CEOの良き相談相手として、
雇うのがベストなんです。

大企業のCFO

日本では、

取締役財務部長や
取締役経理部長という

感じが
まだ強く残っています。

ですから日本のCFOは、

会計士/税理士資格を持っていたり、
財務畑出身であったりが多いんです。

本来のCFOは、

単なる財務の専門家ではなく、
財務戦略を経営戦略に取り込んで、

業務執行を
マネジメントする責任者であり、

欧米では、

CEOへの足掛かりとして、
CFOで力を発揮するケースも多く、

優秀なCFOになるには、

様々なジャンルに精通している
必要があると言われています。

ですから、

財務畑出身者以外の
CFOも結構いるんだそうです。

そういった意味では、

日本のCFOの役割は
まだ限定的であると言えます。

現在の日本の大企業の
一般的なCFOの役割を整理すると、

以下の通りです。

①IR
株主や金融機関等の
ステークホルダーへの情報発信をします。

②リスク管理
企業価値の向上を阻むリスクに対する
リスクマネジメントを行います。

③ガバナンス体制
海外子会社などの管理、
会社共通のルールを構築・更新します。

④フリーキャッシュフロー
将来創出するフリーキャッシュフローを
最大化するために、
財務や資本効率や投資活動を見直します。

ベンチャー企業のCFO

ベンチャー企業のCFOは
大企業のCFOに比べて、

守備範囲が
かなり広くなります。

財務のみならず、

・経営企画
・人事
・総務
・上場準備

などを指揮し、

CEOの良きパートナーとして、
戦略家として、

リーダーシップを持って、
業務に当たることが求められます。

①資金調達
資本政策や事業計画書を作成して、
投資家から資金調達をする。
株主への定期的な説明をします。

②人事/総務etc.管理業務
採用、組織づくり、
人事制度の導入などや、
会計・労務・法務・総務などの
事務作業をリードします。

③月次決算・年次決算
CFOの役割として
イメージしやすい領域です。
早期に月次決算が完成するように
関係部署に働きかけ、
決算の早期化と精度向上を図ります。

④予実管理
経営管理資料を作り
現状分析による課題の抽出と
その解決に向けたPDCAを回します。

上場準備の実務
会計監査を行う監査法人
などの選定します。
上場に向けた
経理財務業務の整備や
内部統制や企業統治体制や
リスク管理体制の構築などをします。

⑤CEOの相談役
全知全能はCEOは存在しません。
CEOもまた人の子です。
悩みます。不安になります。
そんなCEOを一番近くで、
支えるのがCFOの役目です。

社外CFOの活用

”社外CFO”というはご存知でしょうか?

この社外CFOは、

上場企業やベンチャー企業の
CFOを経験したプロフェッショナルです。

社内CFOとの違いはコストです。

社内CFOは、
常勤であるのに対して、

社外CFOは非常勤でコストが
抑えられる点で違います。

ある程度会社の規模が大きくなり、
組織体制が整備され、

役割分担がしっかりできていれば、
常勤のCFOを採用すべきだと思います。

しかし特に、
創業間もないベンチャー企業では、

まだ規模も小さく
組織もできあがっていないため、

それほどの業務量がありません。

ほとんどの業務をCEOが
担っている場合も多いです。

また、
CFOを雇うお金もありません。

そんなベンチャー企業も、

事業が進んでいくと、
徐々にCEOのキャパを超えていきます。

そうすると、

CEOができなくなった業務を
他に振らなければいけなくなります。

しかし、

フルタイムでCFOを雇うのは、
コスト面で大変負荷が大きいんです。

そこで、
社外CFOが役に立ちます。

非常勤なので、

フルタイムではありません。
コストは抑えられます。

切り離された業務を、

必要な期間・時間で、
依頼することができます。

そうすることで、
CEOは事業に専念できます。

適切なコストで大きな戦力を
獲得できる社外CFOは、

成長途中のベンチャーに企業とって、
極めて有効な人材活用法なんです。

まとめ

今回は、

創業間もないベンチャー企業でも
CFOを雇える”をテーマに話をしました。

今回の結論は、
社外CFOを雇い入れることです。

創業間もなくのベンチャー企業では、
常勤CFOは不要です。

常勤CFOを雇い入れるのは、

ある程度会社の規模が大きくなり、
組織体制が整備され、

役割分担がしっかり
できてからで十分です。

それまでは社外CFOを、

財務や経理業務以外の管理業務や
CEOの良き相談相手として、

雇うのがベストなんです。

これらがわかると、

あなたはCEOの懐刀として、
社外CFOを雇いたくなるでしょう。

さっそく雇って事業に専念しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

 

Follow me!

【CFO】創業間もないベンチャー企業でもCFOを雇える” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。