【できる経営者】リーダーが捨てられないと思ってしまう3つのこと

リーダーが捨てられないと思ってしまう3つのこと

会社経営には、
たくさんの業務があります。

毎日のように、
課題や問題が発生します。

ひとたび問題が発生すると、
業務量は倍増します。

早く対処したいと思ってはみても、
経営資源にも限りがあり、

思うように進みません。

アップル社の創業者の一人である
スティーブ・ジョブズが、

グーグル創業者のペイジに、
『やらないことを決める。それが経営だ』

とアドバイスしたことは有名です。

余計なものを捨てることで、

モノ・ヒト・カネという
資源を新しいことに振り分けられたり、

既存ビジネスを強化できたりします。

非常にシンプルな
経営ができるようになります。

その結果、
業績も良くなっていきます。

しかしなかなか、
捨てる決断ができないのが実際です。

『何を捨てるべきなのか?わからない』
リーダーたちの心の声が聞こえます。

では、
会社経営において、

捨てるべきものとは、
一体どのようなものがあるのでしょうか?

それらはなぜ捨てられないのでしょうか?

そしてどのようにすれば、
捨てることができるのでしょうか?

今回は、

”リーダーが捨てられないと
思ってしまう3つのこと”

について話をします。

捨てる判断がどうしても
できないというリーダーは、

是非、
この記事を読んでください。

最後まで読んでもらえらたら、

どんなことが
捨てられないと思ってしまうのか?

それはなぜか?

そしてどうすれば、
捨てられるようになるか?

がわかります。

そうすれば、
リーダーであるあなたは、

決断できる素晴らしいリーダーに
生まれ変われるはずです。

今回の結論

1つ目は、
不採算事業です。

止めることで関係者に批判されたり、
恨まれたりすること避けたいからです。

しかし、
雑音に惑わされてはいけません。

未来が考えられるのは、
経営者しかいません。

2つ目は、
原因が複雑に絡むトラブル対策です。

原因すべてを解決しなければ
いけないと勘違いしています。

トラブルの大半は、
原因の上位3つでほぼ解決します。

原因をリストアップし、
順位を決めたら、

4位以下は捨てても大丈夫です。

3つ目は、
剰な残業や休日出勤です。

人員数と業務量とが
バランスできていないからです。

無理な業務をしても、

効率は上がりません。
品質も落ちます。

優先順位の低いものはバッサリ切り捨て、
優先順位の高いものに集中すると、

品質が上がり、
業務効率も向上します。

捨てる決断は、

たいへん難しいし、
勇気が必要ですが、

ほとんどの場合は、
捨てても問題はありません。

不採算事業

不採算事業は、
市場での認知が低く、

いっこうに業績が上がらず、
赤字が続きで、

好調な他の事業の収益を
蝕んでしまいます。

それは商品開発にも影響し、

新商品の投入をどんどん
遅させてしまうこともあります。

そのような状態が続くと、

会社経営は影を落とし、
業績は下がる一方です。

しかし、
始めてしまった事業です。

事業をやめるとなると、
それに関わる社員や取引業者などに、

迷惑をかけてしまうし、
たいへんな批判もあるでしょう。

そういったことがリーダーを
躊躇させてしまいます。

捨てるという判断は、
辛さと苦しみを伴うことがあります。

多くの軋轢も生みます。
恨みを買ってしまうかもしれません。

しかし、
判断を遅らせれば遅らせるほど、

彼らにより迷惑をかけることを
理解しなればいけません。

未来を考えたときに、
関係者にとって捨てることが、

ベストなのであれば、
捨てる判断をすべきです。

未来を考えられるのは、
経営者であるあなただけなのですから。

原因が複雑に絡むトラブル対策

トラブルが発生すると、
問題を洗い出して、

スケジュールを組んで、
解決に挑みます。

ほとんどのトラブルの原因は1つにあらず、
複数が絡んでいることが多いです。

トラブルが商品に関するものであれば、
早急に対処しなければ、

機会損失につながり、
会社の業績に大きく影響します。

ですから、
トラブル解決は時間との勝負なんです。

自信のないリーダーは、
それらの原因すべてを解決しようとします。

メンバーに相当な無理をさせようとします。
しかしそれは時間と労力の無駄使いです。

どんなトラブルにも、
必ず主要因というものがあります。

そして主要因は、
1つもしくは2,3つまでです。

その主要因を見つけ出し、
それに集中して対策することで、

労力と時間が、
極力少なくすることができます。

その他の原因は、
主要因を解決すると、

同時に解消するか、
もしくは、

トラブルへの影響は、
少ないことが多いです。

ですから、
要因をリストアップし、

順位を決めたら、
4位以下は捨てても大丈夫です。

過剰な残業や休日出勤

多くの会社は、

人員数と業務量とが
バランスできていません。

業務量に対して、
人員数が足りていない状態で、

運営をしています。

増えた業務は、

既存の社員に割り当てられ、
残業や休日出勤で補われます。

人事部に人を入れるように、
要請しても補充されません。

疲れはピークに達し、

いつ倒れるか分からない状況にまで、
追い込まれることもあります。

決断ができないリーダーは、
それを見て見ぬふりをします。

やるべきことを挙げると、
キリがありません。

人的リソースが制限されている中、

すべての業務を同じ温度感で、
こなそうとしてはいけません。

・すぐにやるべきこと
・長期的に考えよいこと
・当面やらなくてもさほど問題ないこと

などの優先順位をつけ、

優先順位の高いものに、
集中するようにします。

そうすると、
時間と気持ちに余裕ができ、

仕事の品質が上がり、
業務効率も向上します。

良い仕事をするためにも、

優先順位の低いものは、
バッサリ切り捨てたほうがいいんです。

捨てても問題ない場合が多い

捨てる決断は、

たいへん難しいです。
勇気が必要です。

しかし一方で、
捨てることで、

モノ・ヒト・カネという資源を
新しいことに振り分けられたり、

既存ビジネスを強化できたり、
しますので、

大きなメリットがあります。

”必要のまったくない仕事、何の成果も生まない時間の浪費である仕事を見つけ、捨てることである。すべての仕事について、まったくしなかったならば何が起こるかを考える。何も起こらないが答えであるならば、その仕事を直ちにやめるべきである”

経営者の条件(P.F.ドラッカー)から

と、
P.F.ドラッカーは言ってます。

要らないかな?と感じたら、
とりあえずやめてみることです。

やめてみて、
問題なければそれでいい。

ほとんどの場合は問題ないはずです。
問題あれば元に戻せばいいんです。

まとめ

今回は、

”リーダーが捨てられないと
思ってしまう3つのこと”

について話をしました。

今回の話をまとめると、

リーダーが捨てられないと
思ってしまう3つのこととは、

・不採算事業
原因が複雑に絡むトラブル対策
・過剰な残業や休日出勤

です。

不採算事業を止められるのは、
未来を考えられる経営者だけです。

トラブルの大半は、
原因の上位3つでほぼ解決します。

過剰な残業や休日出勤は、

優先順位の低いものはバッサリ切り捨て、
優先順位の高いものに集中することです。

どんなことが
捨てられないと思ってしまうのか?

どうすれば、
捨てられるようになるか?

がわかったでしょう。

これで、
リーダーであるあなたは、

決断できる素晴らしいリーダーに、
生まれ変われるはずです。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

【できる経営者】リーダーが捨てられないと思ってしまう3つのこと” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。