【できる経営者】経営者に必要な3つの資質

経営者に必要な3つの資質

生徒会長や学級委員をやる人って、
大体決まってませんでしたか?

経営者には、

生徒会長や学級委員を
やったことがある人が多いようです。

リーダは、

元気で明るくて、
はっきりものを言う人。

そんなイメージが
あるのではないでしょうか?

リーダーに向いている人って、

生まれつきにリーダー資質が
備わっているように思います。

一方で、
一部の経営者には、

生徒会長や
学級委員をやったことがない、

むしろ正反対側にいた方も
いらっしゃいます。

すなわち、
リーダー資質って、

持って生まれた性格が影響することは、
間違いないのでしょうが、

絶対ではないということです。
後天的に
育つものです。

それでは経営者には、

どんな資質を持っていれば、
いいんでしょうか?

それらはどのように、
培っていけばいいのでしょうか?

今回は

”経営者に必要な3つの資質”
について話をします。

リーダーになりきれない、
自信が持てない経営者の方は、

是非、
この記事を読んでください。

経営者が必要な資質がわかります。

これらは努力次第で、
身につけられるものだとわかります。

そして、
それらの能力を身につけて、

会社を、チームを、
引っ張っていけるようになります。

今回の結論

今回の結論は、
経営者に必要な3つの資質は、

・目標設定力
・責任感
・相互信頼

です。

目標設定力とは、
ゴールを決めてその道順を示す力です。

リーダーはゴールを設定し、

ゴールに向かう道順を
メンバーに示さなければいけません。

責任感とは、

自分の仕事や行為についての責任を
果たそうとすることです。

責任感を養うために、
約束は必ず守り、

努力を惜しまず、
言い訳をしないことです。

相互信頼とは、

条件をつけることなく、
お互いを信頼することです。

相互信頼における
リーダーが必要な姿勢は、

誠実さと謙虚さです。

この姿勢を貫けば、

リーダーは、
チームメンバーから信頼され、

相互信頼が生まれます。

目標設定力

目標設定力とは、
ゴールを決めてその道順を示す力です。

子供の頃の遊ぶ場所は、
喧嘩が強かったり、

声が大きく意見が強い子供が
ほとんど決めていたと思います。

無理やり連れて行かれたっていう
経験を持っている方も、

いらっしゃるのではないでしょうか?

無理に行っても、
面白くないですよね。

チームを一つにまとめて、
ベクトルを合わせて進むためには、

感情的ではなく、
論理的にを考え、

時にはチームメンバーの意見を聞いたり、
話し合ったりして折り合いをつけながら、

考えていく必要があります。

ゴールは、
チームが目指す最終地点です。

どこにいくのか?

それがわからなければ、
どちらの方向に進めばいいかわかりません。

まず、
ゴールを決めましょう。

道順とは、

ゴールまでどういう順番で、
どのように進めていくのかです。

それらは実現可能性が
あるものでないといけません。

実現可能性があるからこそ、
リーダーもメンバーもやる気になります。

そのためには、
必要に応じて、

メンバーの意見を聞いたり、
話し合いが必要になることもあるでしょう。

そうすることで、
チームメンバーの役割が明確になり、

各自が自信をもって、
行動できるようになります。

https://amadahisatsugu.com/kodokeikaku

責任感

責任感とは、
自分の仕事や行為についての責任を果たそうとする気持ち

(出典:デジタル大辞泉)

です。

責任感の強い人に
共通する性格としては、

・約束を守る
・努力家である
・言い訳しない

が挙げられます。

責任感の強い方は、

ゴールに対して、
何がなんでもやり遂げたい

という強い意志を持っています。

その想いは熱く、
その熱意は外に向けても発せられます。

そしてその熱い想いは、
チームメンバーに伝染し、

炎のように燃えたぎる
チームが出来上がるんです。

責任感を養うために、
約束は必ず守ること、

何事にも努力を惜しまないこと、

言い訳をしないことを
常に意識して行動しましょう。

相互信頼

相互信頼とは、

条件をつけることなく、
お互いを信頼することです。

ゴールと道順を明確に、
チームメンバーと共有できれば、

各メンバーの役割は明確になります。

それぞれの役割を
十分に果たせば、

最大級の成果が上げられます。

しかしその道のりは、
平坦ではありません。

山あり谷あり。
弊害や障害があります。

相互信頼があれば、
メンバー同士が協力し合い、

一緒に乗り越えて、
いくことができます。

私は昔、
相互信頼ができませんでした。

独りよがりで、

メンバーと課題を
共有することとができず、

部下はもちろんのこと、
上司やお客さんからも信用を失い、

担当した仕事を
失敗した経験があります。

相互信頼における
リーダーが必要な姿勢は、

誠実さと謙虚さです。

この姿勢を貫けば、

リーダーは、
チームメンバーから信頼され、

相互信頼が生まれます。

ゴールに向かって正しく行動し、

チームメンバーに対して、
誠実に向き合うことです。

疑問を投げかけるメンバーがいたら、
徹底的に話し合いましょう。

自分ができることと、
できないことをきちんと理解し、

謙虚な気持ちをもって、

他人やチームメンバーの声に
耳を傾けるようにしましょう。

まとめ

今回は

”経営者に必要な3つの資質”
について話をしました。

今回の話をまとめると、
経営者に必要な3つの資質は、

・目標設定力
・責任感
・相互信頼

です。

リーダーは
ゴールを設定し、

ゴールに向かう道順を
メンバーに示さなければいけません。

責任感を養うために、
約束は必ず守り、

努力を惜しまず、
言い訳をしないことです。

リーダーは、
誠実さと謙虚さを貫けば、

チームメンバーから信頼され、
相互信頼が生まれます。

経営者の必要な資質が
わかったでしょう。

これであなたは、

これらの能力を身につけて、
会社をチームを引っ張っていけます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

【できる経営者】経営者に必要な3つの資質” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です