【できる経営者】いつの時代も世代ギャップは存在するを知る

いつの時代も世代ギャップは存在するを知る

『近頃の若者は…我慢が足らない』

社長のあなたは、
頭を悩ませていませんか?

あなたは若い頃、

親世代に同じことを
言われなかったでしょうか?

そうなんです。

いつの時代も、
大人たちは若者に言うんです。

なぜでしょうか?

何故、
大人たちは若者を憂うんでしょうか?

その理由は、
世代のギャップがあるからです。

別記事【できる経営者】
社長と社員の距離は縮める3ステップでも、

社長と社員の距離を縮めるにはまず、

”世代の違いを理解することが大事だ”
と、お伝えしました。

https://amadahisatsugu.com/jugyouin

これを読んで、

世代の違いを理解することが大事だ
とは分かったけれど、

・なぜ世代のギャップが起こるのか?
・そのギャップは克服できるか?
・克服するにはどうすればいいのか?

わからないと、
感じている方も多いでしょう。

これらがもし、
すべて解決できたら、

社長と社員は
いい関係が築けるようになり、

もっといい社会が
できるに違いありません。

今回は、

”いつの時代も
世代ギャップは存在するを知る”

について話をします。

社長と社員との
世代のギャップに困っている社長の方は、

ぜひこの記事を読んでください。

どうして世代のギャップが
起こるのか?が分かります。

そのギャップを
どう克服すればいいのか?が分かります。

あなたと社員の距離がさらに近くなり、

社員は変わります。
会社が活気に溢れます。

会社の業績が
どんどん良くなっていきます。

今回の結論

今回の結論は、
世代のギャップがあるのは、

社長と社員は、
育った時代背景が違うからです。

ですから、

仕事に関する価値観も
それぞれの世代で違って当然なんです。

世代のギャップを解消する方法は、

まず、”考えが違って当たり前だ”
と、認めることです。

そして具体的な3つステップは、

・相手が考える背景に思いを寄せること

そして、
・自分の考える背景との違いを知ること

・本来の目的にフォーカスを当て、
共通点を探ること

さらに、
社長という衣を脱ぎ捨てて、

社長から社員に寄り添えば、

社員は社長の見る目が変わります。
心を開くようになります。

社長と社員は育った時代背景が違う

人は通常、
自分を主体に考えます。

自分の意見が正しく、
他の世代の意見は正しくない

と、考えがちになります。

それは仕方ないことです。

しかし、

それぞれの世代で、
生まれ育った背景が違います。

戦時中もしくは戦後まもなく
生まれた世代は、

”とにかく食べること”が優先されました。

高度成長時代に生まれた世代は、

”頑張れば豊かになれる”
そう信じてきました。

現在では、
”自分らしさ”を求めています。

それぞれの時代で、

・そう考えざるを得なかった
・そう生きざるを得なかった

という背景があります。

仕事に関する価値観も、
それぞれの世代で違って当然なんです。

世代のギャップを解消する方法

まず、

”考えが違って当たり前だ”
と、認めることが大切です。

何故こちらの想いを
分かってくれないのか?

と、考えてはいけません。

自分の意見を相手に、
押しつけてはいけません。

相手の気持ちを
はねのけてはいけません。

世代のギャップを解消するには、

社長と社員とお互いが、
理解し合うことです。

それに必要なステップは、

・相手が考える背景に思いを寄せること

そして、
・自分の考える背景との違いを知ること

・本来の目的にフォーカスを当て、
共通点を探ること

です。

さらに、
社長と社員の関係において、

社員が社長に歩み寄ることは、
極めて難しいです。

坂道が登るより、
下る方が楽なように、

人生の先輩で、
経験豊かな社長が、

社員に近づく方が、
いたって簡単です。

社長という衣を脱ぎ捨てて、
一人の人間として接すれば、

社員は社長の見る目が変わります。
心を開きます。

すると、

新しい繋がりが生まれ、
互恵関係が構築できるようになります。

まとめ

今回は、

”いつの時代も
世代ギャップは存在するを知る”


について話をしました。

今回の話をまとめると、
世代のギャップがあるのは、

社長と社員は、
育った時代背景が違うからです。

世代のギャップを解消する方法は、

まず、
”考えが違って当たり前だ”と認め、

そして具体的なステップは、

・相手が考える背景に思いを寄せること
・自分の考える背景との違いを知ること
・本来の目的にフォーカスを当て、
共通点を探ること

です。

さらに、

社長という衣を脱ぎ捨てて、
社長から社員に寄り添っていけば、

社員は社長の見る目が変わります。
心を開くようになります。

これであなたは、

どうして世代のギャップが起こるのか?
ギャップをどう克服すればいいのか?

が、分かったでしょう。

あなたと社員の距離がさらに近くなり、
会社が活気に溢れ、

会社の業績が、
どんどん良くなっていきます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

【できる経営者】いつの時代も世代ギャップは存在するを知る” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。