できる経営者

【できる経営者】ベンチャー企業でのバックオフィスの整え方

ベンチャー企業でのバックオフィスの整え方

会社の業務は、事業部門とバックオフィス(管理部門)の2つに分けることができます。

事業部門は、会社の売上高を伸ばすことを目的とし、バックオフィスは、文字通り、事業部門を支える業務、

・人事
・総務
・経理
・財務
・法務
・IT

などを担当しています。

一般的に、ベンチャー企業では、事業部門の比重が大きくなり、バックオフィスを軽視する傾向があります。

それは、バックオフィスが”コストセンター”とも言われるように、直接的に売上を生み出さず、費用ばかりが積み上げられるからです。

会社が小さいうちは、売上高を優先し、極力経費を抑えたいと考えるのは、当然です。

バックオフィスの整備が後回しになるのは頷けます。

創業間もなくは、仕方ないとしても、いつまでもそういう状態では、安定した経営はできません。

急成長する事業をしっかり支えるバックオフィスがないと、機会損失が発生し、売上高は思い通りに伸びていきません。

ベンチャー企業にとって、バックオフィスは、事業部門に勝るとも劣らず、大事な部門なんです。

今回は、ベンチャー企業でのバックオフィスの整え方をテーマに話をします。今回の話では、

・バックオフィスが重要な理由
・いつから整備すればいいのか?
・どのように始めるといいか?

について話をします。

これらを知ることで、バックオフィスがいかに大事であるか、またどのタイミングで、どのように整備をしていけばいいかがわかります。

これであなたは、ベンチャー企業にとって、ベストなバックオフィスを構築することができるようになります

バックオフィスが重要な理由

経営者一人で会社経営をスタートするケースも多いと思います。

また経営者の中には、法律に詳しくない方もいらっしゃるでしょう。

社員を雇えば、社会保険への加入手続きや所得税/住民税の手続きをしなければいけません。

社員が10名超えると、就業規則を労働基準局に届けなければいけません。社員に対して毎月所定期日に、給与を支払わないといけません。

毎年会社の成績をまとめなければいけません。黒字であれば、税金を払わなければいけません。

これらは法律で定められています。法令に基づいた面倒な手続きがたくさんあります。

これらすべてを経営者がやっていては、事業が前に進みません。経営者が事業に専念するためには、バックオフィスは必要なんです。

バックオフィスの整備が進むと、会社の状況が整理され、よく見えるようになります。経営者はそれらの情報に、容易にアクセスできるようになります。

バックオフィスが整っているということで、銀行借入やM&Aのバリュエーションに対して、プラスにも働きます。

すなわち、得られるメリットも多くあるということです。

いつから整備すればいいのか?

創業間もなくは、それほどバックオフィス業務が多いわけではないので、経験がないメンバー、例えば、経営者自身であったり、営業マンが、手隙の時に対処してもいいでしょう。

しかしいつまでも、そういう状況は良くありません。

では、いつからバックオフィスを整備し始めればいいんでしょうか?

一概には言えませんが、目安としては、ある程度事業が軌道に乗ってきたとき、すなわち、採用活動に力を入れ始めた時期、具体的には、社員が10名程度になる時点かと思います。

社員を採用するにあたって、いろいろな手続きが必要ですから、バックオフィスが脆弱では、採用もおぼつきませんし、自信をもって、受け入れることもできません。

初めは、1名からのスタートでいいでしょう。社員でもいいですし、パートや派遣社員でも、業務のボリュームに合わせて、選択すればいいと思います。

ただし、そもそも、バックオフィスの人材の流動性は、それほど高くないですし、ましてやベンチャー企業だと、採用に結構苦労することは、覚悟しておいたほうがいいです。

どのように始めるといいか?

初めは、社内に1名設置するといいでしょう。社員でもいいですし、パートや派遣社員でもいいと思います。

事業が伸びていくと、すぐに1名では対応できなくなります。

もちろん、2人目を採用してもいいんですが、前項でも述べた通り、採用に苦労するので、採用も視野に入れながら、外部委託やクラウドサービスなどを検討するといいでしょう

バックオフィスの業務は、業務内容が一般化されています。そのため、外部業者にアウトソーシングしやすいです。

初めのうちは、業務ボリュームもそれほど多くないので、社内に抱える人員は最小限にして、外部委託を考えるというのも一つの考え方です。

経理や法務など、専門知識が必要な業務は、業務ボリュームを踏まえながら、少しずつ社内に取り込めるようにしてもいいでしょう。

また、外部委託するよりも手軽に着手できるのが、各種クラウドサービスを利用する方法です。

最近では、バックオフィス業務を効率化するためのさまざまなサービスがあるので、うまく活用して、業務の効率化を進めることもできます。

いずれにしても、費用対効果を正確に把握することが大事です。

単純なコスト比較だけでなく、業務効率の向上やサービス品質の向上といった要素も、考えたほうがいいですね。

まとめ

今回は、”ベンチャー企業でのバックオフィスの整え方をテーマに話をしました。

今回の話をまとめるとバックオフィスが重要な理由は、経営者が事業に専念するためです。また、会社の状況がよく見えるようになります。

さらには、銀行借入やM&Aのバリュエーションに対して、プラスにも働きます。

初めは社内に1名設置し、外部委託やクラウドサービスなどを活用するといいです。

これらを知ることで、バックオフィスがいかに大事であるか、またどのタイミングで、どのように整備をしていけばいいか、がわかったでしょう。

これであなたは、ベンチャー企業にとって、ベストなバックオフィスを構築することができるようになります。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

さらに学びたい方は、上場を目指す経営者だけのオンラインサロンにご参加ください。

▷IPOサロン

このサロンでは、誰も教えてくれない資金調達/上場準備の実際や、VC・金融機関に聞けない、ここだけの話ができる場所です!

上場を目指す経営者たちだけが集い、お互いを切磋琢磨し、協力しあい、上場を目指します。

月1回の、メンバー交流会、勉強会や講演会、無料相談などが受けられます。概要欄にリンクを貼っています。ご参加お待ちしております。

なお、ご質問やお問い合わせは、合同会社 くれぁ・ふぉせったのホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:資金調達、上場準備、社外CFO、その他経営コンサル

活動地域:大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。