【売れる商品】ファンを作れば商品は勝手に売れていく

ファンを作れば商品は勝手に売れていく

会社は営利目的がほとんどです。

ですから、

『儲けなければならない』
そう考えるのは自然です。

多くの販売員は、
売上や利益を上げようと、

出会ったばかりのお客さんに、
商品を売り込みます。

・広告を打ったり
・イベントやったり
・キャンペーンやったりして、

一時的には売上が伸びますが、
それは長続きしません。

『今だけのチャンス』
と言いながら、

ずっと特別セールをし続けなければ、
売上が続きません。

近くに競合他社がやってきて、
ぼ同等商品が安く販売されると、

一気にお客さんは、
そちらへ流れます。

負けじと価格を下げ、
お客さんを呼び戻すそうとすると、

価格競争が始まります。

価格競争が激化し、

売上は伸びても、
利益はどんどん減っていきます。

もうそうなったら、

会社規模が大きい方が
勝つに決まってます。

小さい会社は、
そういう戦い方をしてはいけません。

商品力が高く、

競合他社の追従を許さない
素晴らしい商品であれば、

勝つこともできるでしょうが、

そのような商品を作り続けるのは、
至難の技です。

商品開発にはお金がかかります。
時間がかかります。

やはり、
小規模会社には限界があります。

では、
どうすればいいんでしょうか?

大企業に小規模会社が勝つためには、
何をすればいいんでしょうか?

https://amadahisatsugu.com/ureru

今回は、

”ファンを作れば商品は勝手に売れていく”
をテーマに
話をします。

お客さんがリピートしない、
固定化しない、

悩んでいる経営者の方は、
この記事を読んでください。

この記事を最後まで読めば、

なぜお客さんが
リピートしないのかがわかり、

どのようにすれば、

安定したお客さんを獲得することが
できるのかがわかります。

お客さんが固定化すると、
売上は安定します。

そうすると、

固定客が新しいお客さんを
呼び込んできてくれます。

売上は、
どんどんアップしていきます。

ファンを作れば商品は勝手に売れていく

今回の話の結論は、

まずは信用を得て、
会社のファンを増やすことです。

会社は利益がなければ、
継続できないですから、

目先の売上や利益に
目がいくのは仕方ないことです。

しかし、会社を継続したいなら、
目先の利益にこだわってはいけません。

多くの販売員は、
売上や利益を上げようと、

出会ったばかりのお客さんに、
商品を売り込みます。

”買わないと損”
”今だけのチャンス”

と不安を煽って購入意欲を誘う
広告宣伝はよく見ると思います。

それを見て、

『買ってしまった』
という経験がある方も多いでしょう。

しかし、

これが効くのは、
ブランド力がある大企業だけです。

あのブランドだから、
あの大企業だから買うんです。

そこにはすでに、
信用があります。

信用がまだない
小規模会社がやる戦略ではありません。

パナソニックのTVと、
無名会社のTVで、

同じ値段だったら、
どっちを買いますか?

ほとんどの人は、

『パナソニック』
と答えるでしょう。

ですから、

あなたはまず、
信用を得ることが大切です。

そして、

信用得たお客さんに、
会社のファンになってもらんです。

そうすると、

あなたの商品は、
継続的に売れるようになります。

商品を売ろうとすると買ってくれない

目先に利益に
こだわってはいけません。

一時的に儲けられるかもしれませんが、
長続きはしません。

”商品を買う”お客さんは、
その商品が欲しいだけです。

そのようなお客さんは、

『安かったから』
『家に近かったから』

などという理由で、
あなたからでなくてもよかったはずです。

他により安い店があったり、
違う気になるサービスがあったりしたら、

簡単に、
乗り換えられてしまいます。

あなたの商品が、
あなたからしか買えないものでない限り、

お客さんは、
いつでもすぐに離れていくでしょう。

どの会社でも、

・商品のオリジナル性を出したり
・CMで会社の認知度を上げたり
・アフターフォローを良くしたり

お客さんの信用を
得るための努力をしています。

試供品や無料サービスも同じです。

お客さんに手に取ってもらう
ハードルを下げて、

商品の良さを体験してもらって、
信用を増やしているんです。

無料だからと言って、
手を抜きません。

無料だからこそ、

しっかりとサービスしないと、
2度と振り向いてくれないからです。

また、

これらの努力が実になるのには、
時間がかかります。

日々の地道な努力が積み重なって、
信用を得ていくんです。

そして、

信用ができて初めて、
商売が始まるんです。

ファンを増やす

信用ができて、

やっとスタートラインに
立つことができます。

継続的に商品を買ってもらうためには、
ファンになってもらう必要があります。

では、

ファンを増やすには、
どうしたらいいのでしょうか?

恋愛を例にすると、
わかりやすいかもしれません。

いくら初対面で
一目惚れしたからといって、

いきなりプロポーズする人は、
いないでしょう。

まず、
出会って、

ゆっくり少しづつ、
自分のことを相手に知ってもらって、

焦らず、
徐々に距離を詰めていき、

もうそろそろ大丈夫かなとなってから、
プロポーズするでしょう。

人は危険を回避するように、
遺伝子レベルで組み込まれています。

ですから、

どんな人かわからない相手を
警戒するのは当然なんです。

では、

商品販売に置き換えたら、
どうなるでしょうか?

まず、

1つ目にやるべきことは、
知ってもらうことです。

ホームページやブログやSNS、
展示会への出展、

交流会でのロビー活動などで、
認知されるが大事です。

2つ目は、

商品や会社に、
興味を持ってもらうことです。

試供品や無料サービスなどで、
商品を体験してもらって、

『いいな』
『面白いな』

と興味を持って
もらうようにします。

そして、
3つ目がファン化です。

ここでは、

興味を持ち続けてもらう
仕掛けをしなければいけません。

興味が繰り返して、
お客さんの心に刻まれると、

どんどん好きになり、

そのお客さんは、
ファン化していきます。

そして、

ファンの方々に、
商品やサービスを販売していくんです。

ファンの数を
増やしていくことこそが、

将来の継続的な売上となり、
安定した会社経営に繋がるんです。

また、

”お客さんと一緒に商品を作り上げる”
というような考え方もできます。

例えば、
食べログは、

ユーザーが投稿した口コミや
写真を元に情報を提供し、

さらに検索結果もランキング順にして、
ユーザーに提示しています

熱狂的なファンを作り、
そのファンの力を借りることができれば、

お金や時間かけず、

大きくビシネスを
成長させることができるんです。

まとめ

今回は、

”ファンを作れば商品は勝手に売れていく”
をテーマに
話をしました

・商品を売ろうとすると買ってくれない
・ファンを増やす

なぜ、お客さんが
リピートしないのかがわかたと思います。

そして、
どのようにすれば、

安定したお客さんを獲得することが
できるのかもわかったでしょう。

これで、
お客さんが固定化することができます。

すると、
売上は安定します。

そして、

固定客が新しいお客さんを
呼び込んできてくれます。

売上は、
どんどんアップしていきます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です