【自己変革】結果が出せる自分に変わる3つの方法

結果が出せる自分に変わる3つの方法

『成功したいのにうまくいかない
『何をやっても
続かない

周りからは、

『もっと努力しろ! 』
『頑張れ!! 』と厳しく言われ、

『どうしたらいいかわからない』
『自分はダメ人間なんだ』と、

自分を追い込んで
しまうことがあります。

結果が出せないのは、

頑張ってないからでしょうか?
努力がやっぱり足らないからでしょうか?

1つでも
結果が出せれば、

成功体験が味わえ、
自信がつきます。

自信がつけば、
新たな目標を目指したくなります。

さらに結果が出せれば、
もっと成長していきます。

しかし、
思うようにいかないんです。

誰から見ても、
努力をしているにも関わらず、

結果が出せないならば、
もしかすると、

努力するポイントが
間違っているのかもしれません。

ほんの少しポイントをずらすだけで、
簡単に結果が出せるのかもしれません。

どこが間違っているのでしょうか?

どうすれば、
結果が出せるようになるのでしょうか?

今回は、

”結果が出せる自分に変わる3つの方法”
について話をします。

誰から見ても
努力をしているにも関わらず、

なかなか結果が出せないでいる方は、
是非この記事を読んでください。

なぜ結果が出せないのか?

どうすれば、
結果が出せるようになるのか?

がわかります。

そうしたら明日からあなたは、
面白いほど成果をあげることができ、

どんどん
成長していけるようになります。

今回の結論は、

結果を出せない理由は、

・そもそも実践値が足りない
・ゴールと現状とのギャップがありすぎる
・ 本当はできないと思っている

のいずれかです。

ゴールと現状との
ギャップがありすぎる場合は、

いきなり見えない
ゴールを目指すのではなく、

見える範囲に目標をおいて、
ステップを踏むといいです。

実践値が足らない場合は、
とにかく実践を積むことです。

その場合に気をつけたいのは、
徹底的にパクること(TTP)です。

本当はできないと思っている場合は、
できると思うことだけをすればいいんです。

そもそも実践値が足りない

・ボールの蹴り方を知らない
・ルールもわからない

そんな状態で、
サッカーはできません。

基礎から学び、
実践を積むことが大事です。

その時に忘れていけないのは、
必ず誰かに教わることです。

コーチにつくのもいいでしょう。

YouTubeで見ながら、
個人練習するものいいでしょう。

とにかく、
他人から習うことです。

武道の世界では、
守破離(しゅはり)という言葉があります。

守:師匠や先輩の教えを忠実に守ること。
破:自分流にアレンジすること。
離: 独自スタイルを作り出しオリジナルを発揮すること。

ここでいう”守”は、
言い換えると、

まずは徹底的にパクれ(TTP)
ということです。

先人や成功者のやり方を
徹底的にパクり、

経験を積むと、
やり方が分かってきます。

ビジネスでも
多くのTTPの例があります。

あるコンビニチェーンで
コーヒーがヒットし、

他のコンビニでも
軒並みパクった結果、

今では、
大手コンビニチェーンでは、

どこも、
オリジナルコーヒーを販売しています。

ゴールと現状とのギャップがありすぎる

サッカーを始めたばかりの少年が、
Jリーガーの華麗なプレイをTVで見て、

『Jリーガーになりたい』と思う。

しかし、
実際にサッカーをやってみると、

自分の実力のなさにショックを受け、

Jリーガーの夢を諦めてしまう
ということはよくあることです。

ほんの少しかじっただけで、
才能があるかどうかなんてわかりません。

もう少し頑張れば、
もしかすると、

トップ選手になれるかもしれないのに、
諦めてしまうなんてもったいないです。

何故そうなってしまうのでしょうか?

それは、

ゴールと現状のギャップが
ありすぎるからです。

理想と現実があまりにも違いすぎると、

モチベーションを
低下させてしまう場合があります。

高いゴールを掲げるのは、
悪いことではありませんが、

頑張れる人とそうでない人の
2種類の人がいます。

後者のような、

モチベーションを下げて
しまうような人は、

ゴールを見てはいけません。

ゴールまでの道のりを分割して、
ステップを踏む必要があります。

例えば、

Jリーガーになるには、
主に3つのルートがあります。

(1)高校や大学で活躍してスカウトされる
(2)クラブの下部組織からの昇格
(3)テストを受けて入団する

このうち(2)は、
この考え方にあたります。

Jリーグに所属するクラブは、

・ジュニア
・ジュニアユース
・ユース

という下部組織をもっていて、
いずれかの下部組織に入って、

最終的にユースチームでの
活躍が認められたら、

Jリーガーになれる
というものです。

実力にあったところから、
少し上を目指して頑張って、

階段を上っていく
というイメージです。

本当はできないと思ってる

心に手を当てて、
考えてみてください。

心の奥では、

本当は”できない”
と思っていないでしょうか?

もし思い当たるなら、

潜在意識がブレーキをかけている
可能性があります。

潜在意識は、
強いパワーを持っています。

簡単に逃れることはできません。

潜在意識でできない
と思っていることはできません。

しかし逆に、
潜在意識ができると、

認識していることは、
必ずできます。

その特徴を踏まえて、

できることしか
やらないようにすればいいんです。

詳しいやり方については、
別記事をご覧ください。

https://amadahisatsugu.com/dekinai

まとめ

今回は、

”結果が出せる自分に変わる3つの方法”
について話をしました。

今回の結論は、

結果を出せない理由は、

・そもそも実践値が足りない
・ゴールと現状とのギャップがありすぎる
・ 本当はできないと思っている

のいずれかです。

ゴールと現状との
ギャップがありすぎる場合は、

いきなり見えない
ゴールを目指すのではなく、

見える範囲に目標をおいて、
ステップを踏むといいです。

実践値が足らない場合は、
とにかく実践を積むことです。

その場合に気をつけたいのは、
徹底的にパクること(TTP)です。

本当はできないと思っている場合は、
できると思うことだけをすればいいんです。

なぜ結果が出せないのか?
どうすれば結果が出せるようになるのか?

がわかったでしょう。

明日からあなたは、
面白いほど成果をあげることができ、

どんどん
成長していけるようになります。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。