【基礎知識】上場準備:上場するとどんないいことがあるの?

上場するとどんないいことがあるの?

前回の話では、

上場って難しいものなのか?
をテーマに、

・株式を並べる市場はいくつあるの?
・市場で扱う株式が違う
・上場は確かにたいへん

を解説しました。

前回の話を振り返ると、

東京、札幌、名古屋、福岡、
の4つの証券取引所があり、

株式市場は、

合計12個(2022年4月から11個)
あることを説明しました。

適切な市場を選べば、

公序良俗に反する事業を
行なっている会社でなければ、

どんな会社でも
上場のチャンスはあリますが、

『ある一定の基準は
クリアしなければならない』と話し、

すなわち、

『上場というものを正しく知って
正しく恐れることが大事だ』

ということを
お伝えいたしました。

https://amadahisatsugu.com/kiso2

前回の話できっと、

上場に対するハードルが
下がったと思います。

『当社も上場できるかもしれない』
と感じた経営者も多いと思います。

それと同時に

『でもいったい、
上場してどんないいことがあるの?』

と疑問に思ったかもしれません。

今回は、

上場すると
どんないいことがあるの?”

をテーマに話をします。

今回の話では、

上場したらいいことあるよ
上場したら困ることもあるよ
・上場は経営者の考え次第

を順番に解説していきます。

これらの3つを理解することで、

上場のメリットと
デメリットが理解できます。

場というものをさらに
深く理解できるようになるでしょう。

上場したらいいことあるよ

上場するための基準を
クリアするのはたいへんですが、

その基準をクリアすることによって、
得られるメリットがあります。

お金ががっぽり入ってくる

上場する会社は、
上場時に新株発行を行います。

すなわち上場すると同時に、

ニューマネーを
会社に入れることができます。

上場を起点に、

ビジネスを大きく広げていく
会社も少なくありません。

また上場時の株価は、
上場前の株価よりも高く設定するので、

上場前後の差額で
利益を得ることができます。

上場前から株式を持っている
創業者や役員や社員は、

一部の株を売却することで、
利益を得ることができます。

売却する株式数にもよりますが、

数百万円、数千万円以上もの
利益を手にする人も少なくありません。

めちゃくちゃ信用されるようになる

上場するための準備段階で、

法令順守や内部統制、
コーポレート・ガバナンスといった、

不正を防ぐ仕組みが
社内にでき上がります。

また、
上場している間はずっと、

財務状況や業績は、
世間に公表されるので、

会社の成績が
ガラス張り状態になります。

その結果、
社会的信用力が上がるんです。

上場会社というだけで、

取引や採用や融資などの
会社運営が非常にやりやすくなります。

上場したら困ることもあるよ

上場して
いいことばかりではありません。

当然ですが、
デメリットもあります。

いろいろ面倒くさくなる

上場前は、
株主が少数なので、

スピーディーに、
会社の経営方針を決められますが、

上場すると株主が非常に多くなり、

説明の手間が増えるため、
機動性が損なわれるようになります。

また、

自社の業績や
経営に関わる情報を整理して、

投資家や株主に、
適時開示しなければなりません。

会社にとって不都合な事実も、
公にする必要が出てきます。

さらには、

上場のための、
ガバナンス体制などの整備は、

来業務とは別に、
やらなければならない業務です。

上場を続けている期間も、
体制の維持管理をしなければならず、

業務負荷が相当増えます。

相当な時間と労力を
割かなければならないんです。

お金がかなりかかる

上場にかかる費用は、
上場審査手数料の他、

引受手数料、
監査報酬、

印刷会社への支払い
など多岐にわたります。

上場準備をサポートしてくれる
外部専門家など必要な費用を含めると、

会社の規模や上場による
調達資金の額にもよりますが、

数億円以上という
大きな費用が必要になります。

さらには、
上場後も、

年間上場料や監査報酬、
株主名簿管理料などの支払いは続き、

更に内部管理体制強化や
株主総会運営コストも発生し、

比較的規模の小さい
中堅会社でも、

上場維持のために、
年間1億円ほどかかると言われています。

上場は経営者の考え次第

上記で、

メリットと
デメリットを解説しました。

デメリットでは、
いろいろと面倒なことが増え、

時間と労力を
割かないといけませんが、

社会的信用を維持するためには、
必要なことだとも言えます。

また、

上場するための費用や上場を
維持するための費用はかかりますが、

社会的信用を
買っているためだと考えると、

必ずしも無駄という
わけでもなさそうです

メリットを優先して上場する。

あるいは、
デメリットを考慮して上場しない。

どちらが正しい
ということはありません。

経営者自身が、

メリットとデメリットを正しく、
理解してしっかり考えることが大切です。

まとめ

今回は、

上場すると
どんないいことがあるの?”

をテーマに

上場したらいいことあるよ
上場したら困ることもあるよ
・上場は経営者の考え次第

を解説しました。

今回の話をまとめると、
上場していいことは、

・お金ががっぽり入ってくる
・めちゃくちゃ信用されるようになる

ことです。

そして上場して困ることは、

・いろいろ面倒くさくなる
・お金がかなりかかる

ことです。

メリットを優先して上場する。

あるいは、
デメリットを考慮して上場しない。

どちらが正しい
ということはありません。

経営者自身が、

メリットとデメリットを正しく、
理解してしっかり考えることが大切です。

これらを理解することで、

上場のメリットと
デメリットが理解できたでしょう。

場というものをさらに
深く理解できるようになったと思います

私の著書に、
『5年で上場するための道筋』があります。

ここには、

上場を考え始めてから上場を果たすまでの
ステップが書かれています。

どういう順番で、
上場準備を進めていけばいいのか?

わかりますので、
よかったら参考にしてください。

▷5年で上場するための道筋

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

さらに学びたい方は、

上場を目指す経営者だけのオンラインサロン
にご参加ください。

▷IPOサロン

このサロンでは、

誰も教えてくれない
資金調達/上場準備の実際や、

VC・金融機関に聞けない、
ここだけの話ができる場所です!

上場を目指す
経営者たちだけが集い、

お互いを切磋琢磨し、
協力しあい、

上場を目指します。

月1回の、
メンバー交流会、

勉強会や講演会、
無料相談などが受けられます。

概要欄にリンクを貼っています。
ご参加お待ちしております。

なお、
ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。