【基礎知識】上場準備:我が社は上場すべきか?を考える

我が社は上場すべきか?を考える

前回の話では

上場するとどんないいことがあるのか?”
をテーマに

上場したらいいことあるよ
上場したら困ることもあるよ
・上場は経営者の考え次第

を解説しました。

前回の話を振り返ると、
上場していいことは、

・お金ががっぽり入ってくる
・めちゃくちゃ信用されるようになる

ことでした。
また上場して困ることは、

・いろいろ面倒くさくなる
・お金がかなりかかる

ことでした。

メリットを優先して上場する、
あるいは、

デメリットを考慮して上場しない、
どちらが正しいということはありません。

経営者自身が、

メリットとデメリットを正しく理解して、
しっかり考えることが大切なんだ、

ということをお話しました。

https://amadahisatsugu.com/kiso3

前回の話で、

上場のメリットとデメリットを正しく
理解できた
と思います。

上場というものがより
わかったと思います。

[jin-iconbox06]『じゃあ我が社も上場を目指してみようかな..いや待てよどう判断すればいいんだ?わからない』[/jin-iconbox06]

そんな経営者も
多いのではないでしょうか?

今回は、

我が社は上場すべきか?を考える
をテーマに話をします。

今回の話では、

なぜ上場したいと思うのか?
・なぜ上場したくないと思うのか?
・我が社は上場するべきか?
こんな経営者は気をつけた方がいい

を順番に解説していきます。

これらを理解することで、
自社が上場を目指すべきかどうか、

迷うことなく、
判断することができるでしょう

なぜ上場したいと思うのか?

メリットはいくつもあります。

その中でも最も
”上場をしたいと思う”

一つを
解説します。

上場をしたら、
会社にお金ががっぽり入ってきて、

これまでやれなかったことが
できるようになります。

また、
信用力がアップし、

取引できなかった会社と
取引ができるようになります。

いっきに会社を大きく
成長させることも可能になるんです。

上場するために、
社内整備をし、

監査法人や主幹事証券などの
サポートを受け、

多くの時間とお金と人材などを
投入しますが、

これらにかかる費用を超える
収益が得られれば、

なんの問題ありません。

『早く会社を大きくしたい』

これが上場に対する
経営者のモチベーションになります。

なぜ上場したくないと思うのか?

デメリットもまた
いくつもあります。

その中で最も
”上場をしたくない”

と思わせることについて
話をします。

上場すると、

経営の自由度が下がります。
決断スピードが鈍ります。

思い切ったチャレンジを
することが難しくなります。

株主の声を無視して、
強引な経営をしていると、

社長を退任
させられるかもしれません。

あるいは、会社が
乗っ取られることもあるかもしれません。

多くの時間とお金と人材を投入して、
やっと上場したのに、

会社を手放すことになっては、
何のためにこれまで頑張ってきたのか?

わからなくなります。

『やりたいように経営がしたい』
こんな気持ちが強いなら、

上場のために放出する時間とお金と人材は、
無駄に感じるかもしれません。

我が社は上場するべきか?

優等生な言い方をすると、

メリットよりデメリットの方が勝るなら、
上場を目指すことを止め、

デメリットよりもメリットが勝るなら、
上場を目指すべき、

ですが、

『そんなことはわかってる』
と言われそうなので、

”これだけ考えればいい”
と視点で言うと、

上記で書いた通りなんですが、

他人に、
株主に、

経営についていろいろ
口を出されたくない気持ちが強いなら、

上場はやめて
おいたほうがいいでしょう。

株主たちに何かと
言われるかもしれないけど、

そんなことよりも、
会社を短期間で成長させたいと思うなら、

絶対に、
上場を目指すべきです。

その他のメリットや
デメリットは取るに足りませんので、

この一点だけで考えたら、
スッキリ判断ができると思います。

こんな経営者は気をつけた方がいい

『早く会社を大きくしたい』のか?
『やりたいように経営がしたい』のか?

で、

上場を目指すべきかどうかを
判断すればいいのですが、

気をつけたほうがいいことが
2つありますので、

ここに挙げておきます。

創業者利益を優先すること

上場すると、
会社にもお金が入ってきますが、

創業者も
一部の株式を手放すことによって、

がっぽりお金が入ってきます。

一瞬にして、
億万長者になることだってあります。

フェラーリに乗れます。
タワーマンションに住めます。

頻繁に海外旅行を楽しめます。
夢のような生活ができるようになります。

憧れますよね。

しかし、
そこには危険が潜んでいます。

創業者利益を優先する経営者に、
悪魔が囁きます。

『少々の無理をして(不正して)でも、
上場を果たしたい』

そのようなことを考える創業者を、

社員が、
株主が、

社会が許しません。

そんな会社は、
長続きするはずがありません。

期待するのはいいと思いますが、

これらはおまけくらいに、
考えておいた方がいいんです。

上場をゴールだと勘違いすること

”一流大学を目指して合格した途端に、
目標を失ってしまう”

あるいは、

”目指していた大学を
不合格になって失意のどん底に陥る”。

そんなことを見たことや
聞いたことはないでしょうか?

今もし、
『上場することこそが我が社の目標だ』

と考えているなら、
冷静になって考え直してください。

でなければ、
前記のようになる可能性があります。

決して、
上場をゴールしてはいけません。

上場はあくまで、
企業成長のための手段であり、

通過点にすぎません。

ゴールはもっと先に
おくことが大事です。

正しいゴール設定ができていれば、
迷った時に正しい判断ができます。

上場時期は、
見直してもいいんです。

上場がズレたとしても、
ゴールにたどり着けます。

多少過程を変更したところで、
ゴールへの道が変わったりはしません。

まとめ

今回は、

我が社は上場すべきか?を考える
をテーマに、

・なぜ上場したいと思うのか?
・なぜ上場したくないと思うのか?
・我が社は上場するべきか?
・こんな経営者は気をつけた方がいい

を順番に解説しました。
今回の話をまとめると、

最も上場をしたいと思わせることは、

『早く会社を大きくしたい』
という気持ちです。

また、
最も上場をしたくないと思わせることは、

『やりたいように経営がしたい』
気持ちです。

どちらの気持ちが勝るのかで、
判断するといいでしょう。

そして、

上場を目指すにあたって、
気をつける点を2つ挙げると、

・創業者利益を優先すること
・上場をゴールだと勘違いすること

です。
これであなたは、

自社が上場を目指すべきかどうか、

きっと迷うことなく、
判断することができると思います。

私の著書に、
『5年で上場するための道筋』があります。

ここには、

上場を考え始めてから上場を果たすまでの
ステップが書かれています。

どういう順番で、
上場準備を進めていけばいいのか?

わかりますので、
よかったら参考にしてください。

▷5年で上場するための道筋

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

さらに学びたい方は、

上場を目指す経営者だけのオンラインサロン
にご参加ください。

▷IPOサロン

このサロンでは、

誰も教えてくれない
資金調達/上場準備の実際や、

VC・金融機関に聞けない、
ここだけの話ができる場所です!

上場を目指す
経営者たちだけが集い、

お互いを切磋琢磨し、
協力しあい、

上場を目指します。

月1回の、
メンバー交流会、

勉強会や講演会、
無料相談などが受けられます。

概要欄にリンクを貼っています。
ご参加お待ちしております。

なお、
ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。