【上場準備】ベンチャー企業が陥りやすい3つの落とし穴

ベンチャー企業が陥りやすい3つの落とし穴

ベンチャー企業の
資金調達の方法の一つとして、

ベンチャーキャピタル(VC
等の投資家からの出資があります。

ベンチャー企業が
投資家からの出資を受け入れる
際には

出口戦略として、

上場(IPO)もしくは事業売却(M&A)
を考えなければなりません。

ほとんどの投資家は、

出資した時の株価よりも、
高い株価で株式を売却し、

利益を得ること(キャピタルゲイン)
を目的としているからです。

ですから、
ベンチャー企業は、

上場(IPO)などで、
投資家の期待に応えようと、

高い株価をつけようと努力します。

しかし、

世の中にない新商品や
サービスを開発しているベンチャー企業は、

計画通りに事業が
進まないことがよくあります。

予定通りに商品やサービスを
販売できないケースが起こります。

想定していた
株価にすることができず、

予定していた上場(IPO)時期を
見直さなければならないことがあります。

経営者は、
どんどん追い込まれ、

気持ちが揺らぎます。
焦り始めます。

目標を見失ってしまいます。

すると、
経営者は判断を間違います。

開発が進みません。
取引先との交渉がうまくいきません。

社員の離職が増えます。
すべてが噛み合わなくなっていきます。

最悪のケースでは、

上場どころか
倒産ということもあるのです。

『こんなはずじゃなかったのに』

後悔してももう戻れません。

なぜこんなことに
なってしまうのでしょうか?

どうすればいいのでしょうか?

今回は、

”ベンチャー企業が
陥りやすい3つの落とし穴”

について話をします。

上場を目指しているベンチャー企業を
経営している経営者の方は、

是非この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、

ベンチャー企業が
陥りがちな落とし穴には、

どんなものがあるのがわかり、

それらにはまらないようにするには、
どうすればいいかがわかります。

そうすればあなたは、
迷うことなく会社経営ができ、

きっと会社は上場できるでしょう。

今回の結論

今回の結論ですが、

1つ目は、
上場という魔物がいる”です。

経営者は、

関係者からの見えないプレッシャーを受け、
上場が目的化しまうことがあります。

上場はあくまでも
大志を達成するための手段です。

しっかりと心に留めて、
ブレてはいけません。

2つ目は、
喉元過ぎても..熱いことを知る”です。

初めの資金調達ができたからといって、
有頂天になってはいけません。

資金調達はいつもたいへんなんです。

謙虚に受け止め、
早めに対応することが大事です。

3つ目は、
愛に溺れると破滅する”です。

外部の評価と実態との乖離を
無理に補おうとしてはいけません。

他人に頼ってはいけません。

自分の足でしっかり
立つことを忘れないようにしましょう。

上場という魔物がいる

投資家は、

その会社に期待をして、
お金を投じてくれます。

ある面では、
一番の味方であり協力者ですが、

その反面厳しさも兼ね備えています。

投資家たちは、

キャピタルゲインで利益を得ることを
目的としていることが多いので、

株価が下がったり、
上場時期が遅れたりすると、

厳しく問われます。

また投資家たちだけでなく
その他関係者

・証券会社
・監査法人
・外部支援機関
・従業員

などからもプレシャーを受けます。

創業当初は大志を抱いていた創業者は、
そんなプレッシャーの中で、

関係者の期待に応えたいと
強く思うようになり、

大志よりも上場を優先する
ようになっても不思議ではありません。

そうならないために
大志を軸に強く持ち、

ブレないように
気をつけたほうがいいです。

上場はあくまでも
大志を達成するための手段に過ぎません。

状況によっては、
上場延期や他方法の模索も考えるなど、

上場ありき思考に
陥らないようにしましょう。

喉元過ぎても..熱いことを知る

VCなどの投資家からの
初めての出資はたいへん苦労します。

思った通りの金額でなかったり、
時期が大幅にずれ込んだりします。

私の前職でも、
初めの資金調達が実行できたのは、

なんと資金調達を始めて3ヶ月後でした。
予定から6ヶ月以上も遅れました。

やっと資金調達できた時は、
ものすごく嬉しかったです。

社長と担当者と私と3人で、
お祝いをしたのを覚えています。

しかし、

資金調達が終わって
事業が動き始めると、

ベンチャー界隈で、
注目されるようになります。

次の資金調達に向けて、
新たなVCや投資家が集まり、

さらには証券会社、
監査法人、

銀行や行政なども寄ってきます。

彼らからおだてられ、

いつの間にか有頂天になっても
おかしくありません。

資金は簡単に集まってくると、
勘違いをするようになります。

正直、
私たちも調子に乗ってしまいました。

しかし世の中は、
そんなに甘くありません。

そんな簡単に、
資金調達はできません。

謙虚な気持ちを
忘れてはいけません。

資金調達はどんな時も、
たいへんであること理解して、

早めはやめの対応を
心がけるようにしてください。

愛に溺れると破滅する

外部の評価が高くなっていくと、

外部の評価と実体との間に、
乖離が生じてきます。

ベンチャー企業は、
会社として発展途上な場合が多く、

・経営管理体制
・資金面
・技術面
・人材面

などで、
いろんな課題を持っています。

会社は日々、
改善し進化し続けていきますが、

外部評価と実体は、
合っていないケースが多いです。

ある程度は仕方ないことですし、

その乖離があるからこそ、
会社は努力し成長していくのも事実です。

しかし、
乖離が過ぎると危険です。

外部の評価が一人歩きし、

追いつこうにも、
追いつけない状況になります。

さらにそこで、
ブレーキを踏めればいいのですが、

踏むことを躊躇してしまい、
大きなズレを埋めるために、

他者に依存するようになると、
極めて危険です。

他者に支えて
もらえているうちいいですが、

支えてもらえなくなったら、
もう転ぶしかありません。

転んだら助ける人はいません。
自分で立ち上がれなければ終わりです。

そうならないためにも、
外部の評価に踊らされることなく、

時には外部評価に、
ブレーキをかけるなど自制をして、

どんな状況にあっても、
自立できるようにしておきましょう。

まとめ

今回は、

”ベンチャー企業が
陥りやすい3つの落とし穴”

について話をしました。

今回の話のまとめですが、

ベンチャー企業が
陥りやすい3つの落とし穴は、

上場という魔物がいる
喉元過ぎても..熱いことを知る
・愛に溺れると破滅する

です。

これらは、

上場を目指す会社の経営者が、
つい陥りがちな落とし穴です。

常に意識して、
はまらないように気をつけてください。

これらを意識しているだけでも、
ぜんぜん違います。

ベンチャー企業が
陥りがちな落とし穴には、

どんなものがあるかわかったでしょう。

それらにはまらないように
どうすればいいかもわかったと思います。

これであなたは迷うことなく、
会社経営ができ、

きっと会社は上場できるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。