【できる経営者】優れたリーダーはリーダーシップを自由自在に操る

優れたリーダーはリーダーシップを自由自在に操る

『プロジェクトをなんとか成功させたい』
でもチームがまとまらない。

『私にはリーダーシップがないからだ』
『リーダーの資格がないのかな』

と悩んでいるリーダーも
多いのではないでしょうか。

メンバーたちに強くいいすぎると
士気を下げ、

かといって、

各メンバーの自主性に委ねると、
協調性が生まれない。

仕事が進まず
どんどん納期が迫ってくる。

やり切らなければ、
プロジェクトは失敗する。

プロジェクトが失敗すると
売上は激減し

事業撤退やリストラを
しなければならないかもしれない。

ピリピリしているのは、
リーダーのあなただけ。

自然と口調も強くなる。

リーダーの気持ちも知らず、
メンバーから

『パワハラだ』なんて言われると、
もうすべてを投げ出したくなりますよね。

もし、
チームをうまくまとめられたら、

プロジェクトは成功します。
売上も上がります。

事業撤退やリストラをする
必要もありません。

ではどうすれば、

うまくチームをまとめて
いけるのでしょうか?

別の記事で、

チームが成果を上げるために
リーダーが行うべきこと

についてを説明しました。

その記事を読むと、

リーダーの
やるべきことがわかると思います。

https://amadahisatsugu.com/leader-2

かし、それは最低限の話...

もっと
チームを活性化させるために、

あるいは
大きなチームでもまとめられる

夢のような方法が、
実はあるんです。

今回は、

優れたリーダーは
リーダーシップを自由自在に操る

ということについて話をします。

チームをうまくまとめて
成果を挙げたいと考えている

リーダーの方は、
是非この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、

リーダーシップとは
どういうものかがわかり、

チームメンバーを巻き込んで、

大きいチームでも
まとめていくポイントがわかります。

そして明日から、
あなたの考え方が大きく変わります。

リーダーシップをチーム全体に浸透させる

『リーダーシップを持て!』

みたいな精神論に
振り回されてはいけません。

リーダーとリーダーシップを
よく混同して使っていたりします。

しかし、
リーダーとリーダーシップは違います。

リーダーはポジションです。
組織の中で必要とされる役割・機能です。

リーダーシップは周囲に
ポジティブな影響を与える関わり方です。

リーダーはリーダーシップを
持っているべきだと思いますが、

1人でできることは
限られています。

カリスマ性があって
強いリーダーシップのある

リーダーであってもです。

チームが大きくなればなるほど、
リーダー1人では難しいです。

では、
どうすればいいのでしょうか。

それは、

チームメンバーそれぞれに
リーダーシップを発揮させることです。

そうすれば、

どんなに大きいチームでもまとまり、
目標を達成することができます。

リーダーは自分のみならず、

チームメンバーのリーダーシップを
引き出すことで、

どんな大きなプロジェクトでも
成功させることができるんです。

リーダーシップって何?

リーダーとリーダーシップは違います。

リーダーはポジションです。
組織の中で必要とされる役割・機能です。

マネージメントとリーダーシップも違います。

マネージメントは、

目標・目的達成のための手段を定め、
管理することです。

リーダーシップは、

周囲にポジティブな影響を
与える関わり方です。

自分の枠を超えて、
チームメンバーに働きかけ、

お互いが協力し合いながら、
チームの目標を達成させていく。

必要なのは、

”自分は何をするためにそこにいるのか”
”何をしなくてはならないのか”

を自分で考えられるかどうかです。

リーダーシップについては、
さまざまな提唱がなされてきました。

なかでも、

経営学者ピーター・ドラッカーの
リーダーシップ論が有名です。

彼は、

・仕事
・責任
・信頼

という
3つの言葉で定義づけています。

リーダーシップは生まれ持った資質ではなく仕事である
(目標・基準・優先順位定めてそれに従って行動し続ける)

リーダーシップは地位や特権ではなく責任である
(ことがうまくいかなくてもその失敗を人のせいにしない)

リーダーシップは信頼である
(信頼を集めることがリーダーシップである)

ピーター・ドラッカーの
リーダーシップ論では、

リーダーとリーダーシップを
紐づけて解説をされていますが、

これらは
リーダーに限った話ではなく。

リーダー以外にも
当てはめることができる、

すなわち、

リーダーシップは
誰でも発揮することができるんです。

チームメンバーがリーダーシップを発揮する

リーダーシップというと、
リーダーが持つべきスキルだ

と、考えている人も
少なくありません。

しかし、

リーダー1人で
できることは限られています。

『じゃあ複数のリーダーを
任命すればいいじゃないか』

と、おっしゃるかもしれません。

その通りです。

そうすれば、
どんなに大きな組織でも、

リーダーを増やせば、
スムーズに運営できるでしょう。

しかしそれでは、
管理者の数を増やすだけです。

さらに発展させて
考えてみてください。

リーダーシップは、
誰でも発揮できる
ものだ

と、言いました。

メンバー全員がリーダーのように、
リーダーシップを発揮できれば、

どうでしょうか?

そうすれば、
もっとよくなると思いませんか。

メンバー全員が
リーダーシップを持っていると、

それぞれが目標について考え、
行動を起こすようになります。

1人のリーダーに頼るよりも

チームの全メンバーが
リーダーシップを持てば、

アウトプットの質が上がるんです。

チームメンバーが
リーダーシップを発揮するには、

どうしたら
いいんでしょうか?

それはリーダーが各メンバーに
リーダーシップを植えつけることです。

優れたリーダーは、
リーダーシップを増殖することができます。

キーポイントは、
前述の

・仕事
・責任
・信頼

であり、
また別記事で書いた

・役割を明確化
・信頼して任せる
・チームワーク

を、チームメンバーに実践させる
仕組みを作ればできるようになります。

https://amadahisatsugu.com/leader-2

まとめ

今回は、

優れたリーダーは
リーダーシップを自由自在に操る

ということについて話をしました。

・リーダーシップを
チーム全体に浸透させる
・リーダーシップって何?
・チームメンバーが
リーダーシップを発揮する

リーダーシップとは
どういうものか
がわかり、

チームメンバーを巻き込んで、

大きいチームでもうまくまとめていく
ポイントがわかったと思います。

これで明日から、

あなたの考え方が大きく変わり、
成果があげられるようになります。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。