【できる経営者】真のリーダーは責任が取れる人

真のリーダーは責任が取れる人

社長であるあなたは、
責任を取る自信はありますか?

『あいつが悪い』
『あの人が言うから』
『環境が悪いから』

という言い訳を
社員から聞いた
ことはないでしょうか?

会議に関係者たちが集まったけど、

・多くの人が傍観者になって
・発言をしない
・出てきた意見を否定批判する
・そして結局なにも決まらない

ということを経験を
したことはないでしょうか?

社内がこのような雰囲気になるのは、

社長に責任を取る覚悟が
できていないからです。

このような会社は極めて危険です。

社員それぞれが主体的になり、
会議では活発な議論がなされ、

大きなプロジェクトを成功させ、
会社の業績がどんどんアップする会社には、

必ず、
真のリーダーがいます。

その真のリーダーは、

どんな難しい課題をものともせず、
果敢にチャレンジします。

会社を成長し続けるためには、
社長は真のリーダーであるべきです。

そして1人でも多くの
真のリーダーを育てるべきなのです。

今回は、

真のリーダーは責任が取れる人
をテーマに話をします。

責任を取ることに
自信が持てない社長、

社内に真のリーダーが少ない
と感じている経営者の方は、

是非この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、

責任を取ろうと思えない
理由が分かります。

そしてどうすれば、
責任を取る覚悟ができるかが分かります。

そうしたらきっと、
あなたは真のリーダーとなり、

社内には真のリーダーが溢れかえり、

どんな困難に直面しても
立ち向かえるようになります。

今回の結論

今回の結論ですが、

責任を取ろうと思えないのは、
嫌な思いをしたくないからです。

失敗をして責められるのは、
誰だって辛いです。

しかし、

責任を取る覚悟がないと、
成功しません。

”責任を持つ”ということは、

その決断でどんな結果になろうとも、
全て受け入れるということです。

簡単にできることではありません。
相当な勇気が必要です。

そして責任を持つために、
必要なことは”誠実さ”です。

自分に対しても、
他人に対しても、

誠実であることが大切なんです。

それができた人こそが、
真のリーダーと呼ぶべき人なんです。

誰も嫌な思いをしたくない

問題が発生したとき、

『誰が決めた?』
『誰がやった?』
『誰がいいって言った?』
『責任者は誰だ?』

そこで『私が責任者です』と、
言ったらもう大変。

お客さんから、

株主から
・役員から
・同僚から
・部下から

あらゆる方向から、
責められます。

さらには、

『いつか失敗すると思った』
『信じられない』

まったく関係のない人までもが、
責め立ててきます。

腹を決めて、
『責任を取って…』と言うと、

『そんなで許されると思うな』
『頭を下げればいいわけじゃない』

容赦なく叩かれます。
怖いですよね。

誰だってイヤになります。
逃げたくなります。

『責任なんか取りたくない』
って思います。

しかし、

責任が取れない人は決断できません。
正しい判断ができません。

判断できたとしても、
弱腰で中途半な態度や言動となり、

何か問題が発生すると、
すぐに態度を変え、

他人のせいにするでしょう。

責任が取れない人は、
チャレンジができません。

チャレンジできなければ、
成功はしません。

成功したければ、
チャレンジしなければいけません。

チャレンジしたければ、
決断をしなければいけません。

決断するには、

責任を取る覚悟を
持たないといけないのです。

”責任を取る”とはどういうこと?

リーダーは、
あらゆる場面で決断を迫られます。

十分に情報がある場合は簡単です。
リーダーでなくても判断できます。

しかし、
ほとんど情報がない場合もあります。

それでもリーダーは、
決断をしなければいけません。

判断を誤るかもしれません。

お客さんや自社に
損害を与えるかもしれません。

しかしです。

決断が遅れるほど、
損害を大きくしてしまう場合があります。

自ら決めることをためらう
後輩のマネージャーがいました。

彼はいつも、
上司の言うことを聞き、

チームメンバーとの合意の下で、
開発業務をしていました。

私はあるとき彼に言いました。

『リーダーなんだから腹をくくれ!』

みんなの意見を聞くのは、
悪くありません。

しかし、

情報が不足しているときには、
意見が交錯します。

みんなの意見を聞いていると、
判断が鈍るんです。

結局、

私の忠告も虚しく、
彼は開発に失敗しました。

お客さんの要望に応えられず、
社内を大混乱させ、

リカバリーするのに、

多くの時間と労力を
費やす羽目になりました。

”責任を取る”ということは、

その決断でどんな結果になろうとも、
全て受け入れるということです。

責任を持つために必要なこと

第64・65代
内閣総理大臣の田中角栄氏

1962年に第2次池田内閣の
大蔵大臣に就任したときに、

大蔵官僚を前に挨拶をしました。

できることはやる。できないことはやらない。しかし、すべての責任はこの田中角栄が背負う。以上!

これを聞いた大蔵官僚たちは、
一発で彼にイチコロとなりました。

彼のように言い切れたら、
どんなにいいでしょう。

そんな彼だからこそ、
今もなお、

たくさんの人から、
尊敬されているのだと思います。

では、

責任を持つために必要なことは、
いったい何でしょうか?

それは”誠実さ”です。

自分に対しても、

・お客さん
・社員
・取引先
・家族
・友人

などに対しても、

誠実であるということが、
非常に大切なことなんです。

それができた人こそが、
真のリーダーと呼ぶべき人なんです。

https://amadahisatsugu.com/tataichi

まとめ

今回は、

真のリーダーは責任が取れる人
をテーマに話をしました。

今回の結論は、

責任を取ろうと思えないのは、
嫌な思いをしたくないからです。

”責任を持つ”ということは、

その決断でどんな結果になろうとも、
全て受け入れるということです。

そして責任を持つために、
必要なことは”誠実さ”です。

どうすれば、

責任を取る覚悟が
できるのかが分かたでしょう。

明日からきっとあなたは、
真のリーダーとなり、

社内には、
真のリーダーがどんどん増え、

どんな困難に直面しても、
立ち向かえるようになります。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。