【できる経営者】”退く”も勝つための戦略なんだ!

”退く”も勝つための戦略なんだ!

『これまで何度も苦境を乗り切ってきた』

”土俵際まで
追い込まれたにも関わらず、

信じられない力を発揮し、
逆転勝利を収める”

大相撲でそんな場面を
見たことがある方もいるでしょう。

実際のビジネスにおいても、

絶体絶命の窮地を切り抜けた経験を
持つ方もいらっしゃるかもしれません。

『だから大丈夫。
この難局、私なら切り抜けられる』

そういう気持ちは、
たいへん大事です。

しかしながら、

世の中にはどうしても、
乗り越えられない苦境も存在します。

ビジネスを成功させるためには、
頑張りと粘りが必要ですが、

どうしても
ダメなこともあるんです。

・販売の停止
・事業の撤退
・リストラ
・倒産

などのネガティブな
決断を迫られることがあります。

”粘るべきか”
それとも”退くべきか”。

そして、
”退く”決断をしたとき、

容赦なく、
社員や関係者から激しく非難されます。

『判断が間違ってたんじゃないか』
と、ひるんでしまいます。

これらの批判に流されて、
粘った結果、

きく会社は傷つき、
社員や関係者により迷惑をかけ、

経営者自身が
立ち直れなくなるかもしれません。

そうなる前にできるだけ早く、
”退く”決断をして、

再起にかけるほうが長い目で見て、
いい結果になる場合だってあるんです。

最終判断は、

経営者であるあなたに
委ねられています。

さあ、
あなたならどう判断しますか?

今回は、

”退く”も勝つための戦略なんだ
ということについて話をします。

”粘るべきか”それとも”退くべきか”
の決断を迫られている経営者の方は、

この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、

どのように考えて、
”退く”決断を下せばいいのか、

社員や関係者へ悪影響を最小限にし、
また経営者自身も後悔しないように、

判断する方法がわかります。

その決断が間違っていなかった
と自信を持ち、

あたらめて、
戦いに挑むことができます。

”退く”も勝つための戦略

”退く”判断をしたとき、

必ず、社員や関係者の多くは
猛反対に遭いますが、

それらの反対意見に
根拠はありません。

”退く”ことがあたかも悪いかのように、
周りは騒ぎますが、

そうではありません。

”退く”も勝つための戦略です。

そうするためにも、
経営者は、

”退く”時の判断基準を
しっかりと事前に決めて、

周りに流されることなく、

経営者自身の直感を信じて、
行動すればいいんです。

反対意見に根拠はない


社員や関係者が猛反発する
理由はなんなんでしょうか?

経営者のあなたの判断が、
間違っているからでしょうか?

少し思い浮かべて
欲しいのですが、

野球やサッカーなどの試合で、
明らかに劣勢に立たされていて、

メンバーを変えた方がいいという場面で、
メンバー交代せずに続行し、

結局負けてしまうところを
見たことはない
ですか?

どうして、
そんなことが起きるんでしょうか?

それは、

人間がそもそも
変化を嫌う生き物だからです。

人は約600万年くらい前から
この地球に存在し、

これまで、
変化を避けることで、

危険から身を守り、
生きてきました。

人には、
大きな変化や未知なるモノを避け、

現状を維持したくなる
習性があります。

これを
”現状維持バイアス”といいます。

ですから、

彼らが
大きな変化を恐れるがあまり、

変わることを受け入れらないのは
仕方ありません。

これは、
人間の本能によるもので、

そこには、
合理的な根拠などはありません。

だから、
それに振り回される必要はありません。

”退く”ことは悪いことか?


『諦めるな!』
『意気地なし!』

と、外野は、
いろいろ言ってくるでしょう。

しかし、

彼らはあなたの何を知っていて、
どこまで理解をされているでしょうか?

ほとんど何もわからずに、

あたかも”退く”ことが悪いこと
のように言っているにすぎません。

三十六計逃げるに如かず

という
ことわざがあります。

『多くのはかりごとのうち、
迷ったときには機をみて身を引き、

後日再挙を期すのが、
最上の策である』とする教えです。

ソフトバンク会長の孫正義さんや
マイクロソフト創業者のビルゲイツ氏が、

影響受けているという
”孫子の兵法”においても

『勝算なければ戦わない』
と書かれています。

また、
動物においても

『逃げる』とは、
生きるために必要な行為なんです。

自然界では逃げることは、
日々当たり前に行われています。

百獣の王のライオンでも
敵わない相手からは逃げるんですから。

『逃げる』ことに負い目を
感じることは不要なんです。

周りからなんと言われようと、
気にすることはありません。

”退く”時の判断基準


では、

”退く”と決断する判断基準は、
どう考えればいいんでしょうか?

例えば、
あなたは、

街に現金で買い物に出かける前に、

財布に入っている
金額を確認しませんか?

ほとんど財布にお金がないのに、
買い物に出かけないですよね。

財布にあるお金を気にしながら、
買い物をしますよね。

”退く”時の判断基準も同じです。
先に決めておくんです。

事業を始める前に、

”退く”判断基準を
決めておくんです。

事業を走らせながら
決めてはいけません。

進めていると、
いろいろ判断を迷わせるからです。

最初に、なるべく早めに、
決めておくことが大事です。

そして、

その基準をモニターしながら
事業を進めていき、

基準に達したら
”退く”判断をするんです。

最後は経営者の直感


ポジティブな決断は、
そんなに難しくありません。

もしかしたら、

経営者でなくでも
できるかもしれません。

しかし、

ネガティブな決定は、
とても難しいです。

会社の苦境において、

トップ以外が”退く”決断するのは、
ほぼ不可能です。

この決断は最終的な経営責任を負う
トップがするしかないんです。

『多くの資金と労力を費やした
事業を簡単に捨てることができない』

気持ちはわかります。

そんな時は、
冷静になってください。

周りの声をかき消し、
自分の心にだけ語りかけてください。

そしてそのときに、

浮かんだ直感を信じて、
行動してください。

撤退そのものも
経営者の仕事です。

事業が失敗に終わったとしても、

『あの判断は正解だった』
と言えればいいんです。

何度でもやり直しができます。

まとめ


今回は、

”退く”も勝つための戦略なんだ
ということについて話をしました。

・反対意見に根拠はない
・”退く”ことは悪いことか?
・”退く”時の判断基準
・最後は経営者の直感

どのように考えて、
”退く”決断を下せばいいのか、

社員や関係者へ悪影響を最小限にし、
また経営者自身も後悔しないように、

判断する方法が
わかったと思います。

”退く”も勝つための戦略です。
その決断が間違っていません。

さあもう一度立ち上がって、
戦いに挑みましょう!

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。