【できる経営者】あまたあふれる情報に惑わされない

世の中の情報は間違いだらけです。

 

2020 年春先に、『トイレットペーパーが品薄になる』という情報がSNSに投稿されて拡散し、トイレットペーパーが店頭から消えました。

 

2019年8月、常磐道あおり運転殴打事件のガラケー女に間違われた女性は、ネットでひどい誹謗中傷を受けました。

 

1973年には、女子高生の雑談から発展した豊川信用金庫事件で同信用金庫は、破綻しかけました。すべてデマ情報が原因でした。

 

このように、世の中に流れている情報には、間違っているものがあります。歪んでいるものがあります。

 

この記事を書いてる現在もなお、疑わしい情報が、新聞で、テレビで、ネットで、流れてきています。

経営者は最新情報に敏感であり、誰よりも戦略家です。

 

しかし、誤った情報で判断していたら、うまくいくはずがありません。

 

資金が集まりません。商品が売れません。いい人材が採用できません。経営者は正しい情報を得て、正しく判断しなければいけないんです。

 

正しい情報を得られたら正しく判断できます。

 

そうすれば、経営者が思う通りに、資金が集まり、いい人材が採用でき、商品が飛ぶように売れ、会社はどんどん大きくなっていきます。

今回は、あまたあふれる情報に惑わされない”をテーマに、

 

・世の中の情報は歪められている

・データと情報とは違う

・元データとあらゆる情報から判断する

 

について話をします。

 

経営者は、できだけ失敗しないように、正しく判断し、会社経営をしたいと思っているでしょう。そのために、情報をどのように捉え、どのように考えればいいか?がわかると思います。

 

そうしたら、きっとあふれる情報に惑わされず、会社経営をしていくことができるに違いありません。

世の中の情報は歪められている

もし、この世の中の情報を100%信用して、考え、判断し、経営をしているとしたら危険です。

 

得たその情報は本当に正しいのでしょうか?

 

もし間違っていたら?正反対の情報だったとしたら?間違った判断をしてしまって、経営を間違った方向に導いてしまい兼ねません。

 

実は、この世の中の情報は、ほぼすべてにおいて歪められています。

 

ファクトフルネス
(ハンス・ロスリング著)では、

人には10の思い込むがある

ということを書いています。

そして、

思い込むを捨てデータに基づき正しく世界を見て正しい判断をしよう

と提唱しています。

また参考に、

ハンス・ロスリング氏のTED Talkも
ご興味あればご覧ください。

 

正しいと思っていた情報ソース。それも歪められているかもしれません。”情報は歪められている”と知り、まずは疑うということを忘れではいけません。

データと情報とは違う

データはただの数字です。事実を集めただけの単なる数値の集まりにすぎません。

 

情報とはデータから部分的に収集、加工したものです。

 

データは事実だけですが、情報は事実から法則や特徴などがわかりやすくしたものです。データはなんの意思も関与していないものであるのに対し、情報は加工者の意思がそこに反映されます。

 

情報加工する過程において、嘘や捏造などは論外ですが、ウソでない範囲で加工者の主張したいように見せることができます。

 

例えば、賛否が分かれる議論の中で、反対勢力が否定意見ばかりを採用するようなケースがそれに当たります。

 

すなわち情報は、都合よく加工されるので、本質を捉えていないことがよくあります。

 

ですから正しく物事を理解しようとするなら、元データを辿るか、あるいはあらゆる角度から見た情報を探らないと真実は見えてこないんです。

元データとあらゆるの情報から判断する

著名人や権威ある団体が発表した情報は、信用したくなります。尊敬しているもしくは、信頼を寄せているならなおさらです。

 

しかし、それらの情報も歪められている可能性があります。

 

優れた経営者は、そんな情報にも惑わされません。情報のすべてをいったん『本当にそうか?』と疑います。得た情報の元データを探ります。あらゆる視点から情報を得ようとします。

 

それらのデータや情報を元に、頭を働かせて、自分なりの正解を導き出していきます。

 

それらは、簡単にできることではありません。疑うことに慣れていないと、信じてしまいます。データを読む力もすぐには身につきにくいです。

 

しかし、できないことではありません。

 

何度も繰り返し訓練することで、少しずつ力がついていきます。データを読む力が十分でなくても、疑う気持ちを持つことだけでも、簡単に、情報に流されない様にはなります。

まとめ

今回は、あまたあふれる情報に惑わされない”をテーマに、

 

・世の中の情報は歪められている

・データと情報とは違う

・元データとあらゆる情報から判断する

 

について話をしました。

 

経営者は、できだけ失敗しないように、正しく判断し、会社経営をしたいと思っているでしょう。そのために、情報をどのように捉え、どのように考えればいいか?がわかったと思います。

 

きっとこれで、あふれる情報に惑わされず、会社経営をしていくことができるに違いありません。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。いかがだったでしょうか。ご質問やお問い合わせは、合同会社 くれぁ・ふぉせったのホームページからご連絡ください!

 

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業  :経営コンサルタント

業務内容:資金調達、上場準備、社外CFO、その他経営コンサル

活動地域:大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーーーーーーー

上場を目指す経営者だけのオンラインサロン

このサロンでは、誰も教えてくれない資金調達/上場準備の実際や、VC・金融機関に聞けない、ここだけの話ができる場所です!

上場を目指す経営者たちだけが集い、お互いを切磋琢磨し、協力しあい、上場を目指します。 月1回の、メンバー交流会、勉強会や講演会、無料相談などが受けられます。

▷Umemy(オンライン講座)

このオンライン講座では、上場(IPO)の基礎・上場準備スケジュール・上場準備におけるリーダーシップ・事業計画の作り方など、上場準備に関する様々な知識を体系的に学べます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷LinkedIn  ”丹田久嗣”

 

▷Twitter ”ひさつぐ@”

 

 

▷Facebook ”丹田久嗣”

 

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です