【できる経営者】あなたの想いを100%相手に伝えるためにすべきこと

あなたの想いを100%相手に伝えるためにすべきこと

商品を販売する
・取引業者を選定する
・”資金調達をする

会社経営をしていると、

たくさんの関係者たちと、
交渉をしなければいけません。

しかし、

『想いをうまく伝えられない』
という社長は意外と多いんです。

ビジネスにおいて、
頭の中で考えていることを、

言葉にして、
うまく伝えることは、

大切なことです。

あなたの想いが相手に伝われば、
あなたのアイデアや想いに賛同し、

商品がたくさん売れたり、
サポートしてくれたりするでしょう。

しかし、

どんなに素晴らしい考えを
持っていたとしても、

相手に伝えられなければ、
理解してもらえません。

理解してもらえなければ、

商品は売れません。
サポートを受けられません。

そうなれば、

会社を成長させることは
できません。

あなたは、

『想いの半分も伝えられない』
と言って、

諦めていてはいけないのです。

あなたの想いを100%
相手に伝えなければいけないんです、

なぜ、

想いを伝えることが
できないのでしょうか?

どうしたらいいのでしょうか?

今回は、

あなたの想いを100%
相手に伝えるためにすべきこと

をテーマに話をします。

お客さんや取引業者に
想いをしっかり伝えられない、

と悩んでいる社長は、
是非この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、

なぜ想いを伝えられないのかがわかり、
どうすればいいのかがわかります。

これであなたは、
想い100%相手に伝えることができて

彼らの心を鷲掴みに
することができようになります。

今回の話の結論

今日の話の結論は、
あなたの考えを言語化することです。

あなたの頭の中だけで
考えていることは

整理整頓ができていません。

そんな状態で、
話をしようとしたり、

行動を起こそうとしたりしても、

『何が言いたかったんだろ?』
『頭ではうまくいくと思ったんだけどな』

などということが起きます。

また、

頭に思い浮かんだままの内容は、
自己満足の域を超えられておらず、

不都合があったり、
論理が破綻していたり、

情報が欠落していたり
しているんです。

これらを解消するためには、

あなたの頭の中を
言語化する必要があります。

思考を言語化すると、

思考を整理整頓でき、
思考の
幅を広げ深められ、

さらには
思考を客観視することができます。

そして言語化する方法は、
単語量を増やしながら、

思いつくままに書き出して、
5W1Hで整理する、

ことです。

このようにして、
思考を言語化することで、

あなたの想い100%
相手に伝えられるようになります。

言語化すると何か起こるのか?

思考を整理整頓できる

頭の中で考えたことは、
整理整頓ができていません。

不要なものや無駄なものがたくさんあって、
ごちゃごちゃしています。

言わば、

物をいっぱい押し込んだだけの
棚のようなものです。

すぐに欲しいものを
取り出すことはできません。

そんな状態で、

話をしようとしたり、
行動を起こそうとしたりしても、

『何が言いたかったんだろ?』
『頭ではうまくいくと思ったんだけどな』

などということが起きるんです。

思考を言語化すると、
思いついたことのうち、

不要なものを捨てて、
必要なものだけを残すことができます。

そうすることで、
思考が整理整頓できて、

すぐに
取り出せる状態になるんです。

思考の幅を広げ、深めることができる

人の記憶は非常に曖昧です。

企画やアイデアを思いついても、
内容を忘れてしまいます。

初め考えていたことと、

どんどん違う方向に
なっていくことがよくあります。

考えを言葉として残しておくと、

思考をし始めてから
最終内容が固まるまで、

一貫性を保つことができます。

言語化した情報は、

何度も確認でき、
思考の経緯がわかります。

思考途中で、
間違いを発見したら、

訂正ができます。
追加だってできます。

考えを膨らませたり、
深くしたりできるんです。

思考を客観視することができる

初めに自分の頭に思い浮かんだ内容は、
主観的なものになっています。

そのままでは、
自己満足の域を超えられません。

書くことによって、

あなたの思考は、
客観的に見えるものに変わります。

そうすると、

見えていなかったものが、
見えるようになるんです。

他人から見たら
不都合なものであったり、

論理が破綻していたり、
情報が欠落していていたり。

頭の中だけでは、

気づかなかったことが
気づけるようになります。

言語化する方法

本を読んで単語量を増やす

インターネットで
調べたいものを検索するとき、

適当な単語が思い浮かばないのは、
頭の中の単語量が少ないからです。

単語量が少なければ、
言語化にも限界があります。

ですから、
単語量は増やす努力をしましょう。

単語量を増やす方法は、

たくさん読んで、
たくさん書くことです。

読み物は、

・ビジネス書
・新聞
・雑誌
・小説
・マンガ

何でもいいです。

とにかく、たくさん
インプットすることが大切です。

また、

本を読むことによる効果は、
他にもあります。

自分が知らなかった知識や
考え方や価値観を得ることができ、

思考の幅を
増やすことができるんです。

思いつくままに書き出してみる

思いつくまま、

テーマに沿ったキーワードや
単語を書き出してます。

同じような言葉が
思い浮かんでも大丈夫です。

あとで、
整理するので構いません。

とにかく全て書き出します。

出し尽くせたら、
グルーピングをします。

グルーピングとは、
同じような言葉を集める作業です。

私はいつも、
エクセルシートに書き出しています。

5W1Hで整理する

グルーピングを元に、

5W1Hを意識して、
考えを整理していきます。

5W1Hとは、

・When(いつ)
・Where(どこで)
・Who(誰が)
・What(何が・を)
・Why(なぜ)
・How(どのように)

のことです。

日常会話で、
Who(誰が)が抜けてしまって、

『何を言ってるのかわからない』
ってことはよくありますよね。

5W1Hは、
非常に大事なんです。

これを意識すると、
日常会話でもスムーズになっていきます。

番外編:言語化に慣れる

言語化は、

すぐには難しいかもしれませんが、
練習でできるようになります。

手軽に簡単にできる練習方法を
下記に紹介します。

日記をつける

言語化を習慣づけるための
簡単ないい方法です。

1日の出来事を書いたり、

嬉しかったことや
心が動かされたことを書き留めると、

練習になります。

この時、
5W1Hを意識するといいでしょう。

手帳やノートじゃなく、

メモアプリなどを
使ってもいいと思います。

ちなみに私は、
メモアプリ使って日記を書いています。

SNSなどで発信する

多くの人が利用するSNSは、
手軽に言語化の練習できるツールです。

写真とともに出来事を綴ったり、
お店などの感想をまとめてみたり、

日常的に、

自然にインプットされたことを、
手軽に言語化することができます。

感じたことをメモする

日常生活の中で、

自分が何か感じたことを
書き留めておくと、

日記のネタになったりします。

SNSでいいなぁと感じた言葉、
人からしてもらった嬉しいこと、

映画やアートなどで
感じたことなど。日

記に書くときに、
思い出そうとしても、

なかなか
思い出せませんから、

思いついたときに
メモしておくと便利です。

まとめ

今回は、

あなたの想いを100%
相手に伝えるためにすべきこと

テーマに話をしました。

今日の話の結論は、
あなたの考えを言語化することでした。

言語化すると、

・思考を整理整頓できる
・思考の幅を広げ、深めることができる
・思考を客観視することができる

ようになります。

言語化する方法は、

・本を読んで単語量を増やす
・思いつくままに書き出してみる
・5W1Hで整理する

なぜ、
です。

想いを伝えられないのかがわかり、

どうすれば、
いいのかがわかったと思います。

これであなたは、

想い100%
相手に伝えることができて

彼らの心を鷲掴みにすることが
できようになります。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。