【できる経営者】優秀だけど結果が出ない部下を変える3つのポイント

優秀だけど結果が出ない部下を変える3つのポイント

『優秀だけど結果が出ない』

そんな部下はいませんか。

このような部下の指導に悩んでいる
リーダーは非常に多いと思います。

彼らが能力が十分に
発揮できていないことは、

会社にとってもったいないことです。
また本人にとっても残念なことです。

彼らは本当に優秀でないのでしょうか?
リーダーの思い違いなのでしょうか?

リーダーの指導が悪いのでしょうか?

もし彼らが持っている力を
十分に活かすことができれば、

こんな素晴らしいことはありません。

彼らは成果をあげられるようになり、
自信がつき、

彼らの評価も上がり、
積極的に仕事をするようになります。

また会社の業績も
上がっていきます。

優秀なはずの彼らは、
なぜ結果が挙げられないのでしょうか?

どうすればいいのでしょうか?

今回は、

”優秀だけど結果が出ない
部下を変える3つのポイント”

について話をします。

成果をなかなか挙げられない
部下の指導に困っているリーダーの方は、

ぜひ、
この記事を読んでください。

この記事を読んでいただいたら、

その部下がなぜ
結果が出せないかがわかり、

どのようにすれば、

部下の力を最大限引き出すことが
できるかがわかります。

そうすると、

これまで成果を出せなかった
部下が生まれ変わったように、

結果を出し始め、

部下にとっても、
会社にとっても、

すばらいい結果が
得られるようになります。

今回の結論

今回の結論ですが、
優秀なのに結果がでないのは、

①知識過多
②他人の意見を気にしすぎ
③設定した目標やゴールにこだわりすぎ

のうちのいずれか、
もしくは
2つ以上が原因になっています。

これら原因に
なっていることを潰していけば、

その部下は、

面白いくらいに
結果が出せるようになります。

リーダーがやるべきことは、
その部下に対して、

①知識はそこそこで早く実行させ
②建設的ないい意見だけを大事にし
③目標やゴールは変更してもいい

と理解させることです。

しかし、
そう簡単には人は変われません。

地道に根気よく、
信頼関係を築きながら、

部下自身に気づきを与えて、

部下自身が変化することを
待つ姿勢が必要です。

なぜ結果がでないのか?

優秀なのに結果がでない人は、

・真面目で
・勉強熱心で
・やさしい

性格の方が多いです。

このような人には、
3つの特徴があります。

これらの特徴のうちのいずれか、
もしくは
2つ以上が起因して、

前に進むことができなくなって、
結果が出せないのです。

知識過多になってる

あらゆる情報を仕入れ、
万全にしてからしか、

対応しようとしてません。
情報取集が目的になってます。

他人の意見を気にしすぎてる

関係者が非協力的であったり、
否定的な意見が出てきたりします。

特に新しいことをする場合は顕著です。

それらを気するあまり、
行動に移せない状態になってます。

設定した目標やゴールにこだわりすぎる

状況や前提条件が変わったにも関わらず、

設定した目標やゴールに、
こだわりすぎてしまっています。

計画通りに進まないことや
いい結果がでないことを

自分のせいだと責めてしまってます。

どうすれば結果が出せるようになるか?

上記に揚げた
原因になっていことを潰していけば、

その部下は、

面白いくらいに
結果が出せるようになります。

しかし、
そう簡単には人は変われません。

地道に根気よく、
信頼関係を築きながら、

部下自身に
気づきを与えて、

部下自身が
変化することを待つ姿勢が必要です。

部下の将来は、
リーダーにかかっています。

部下のためにも、
会社のためにも、

コツコツと指導していきましょう。

知識はそこそこで早く実行する

知識過多になっている部下に対しては、

知識を得ることについては否定せず、
早く行動することを促すといいです。

実行始める時期を決めておくと
いいでしょう。

ある程度知識を得たら、
それ以上情報を集めるのはやめ、

実行してる途中に必要なら、
追加の知識を得るようにすればいい。

という具合です。

建設的ないい意見だけを大事にする

他人の意見を気にしすぎる部下は、

心無い批判や中傷などと
前向きな意見との区別がつかず、

同等に扱っている可能性があります。

そんな場合は、

こまめに
その部下と打ち合わせをして、

どのような意見が出ているかを聞き、
上司が意見を取捨選択するといいです。

その際には、
必ず選択理由を伝えるようにしましょう。

なぜなら、
判断基準の勉強になるからです。

例えば、

・根拠のない批判や感情な意見は
一切気にしないでいい

・協力者と建設的ないい意見だから
取り入れるようにする

という具合です。

目標やゴールは変更してもいい

設定した目標やゴールに
こだわりすぎている部下の場合は、

目標を設定した時点に
戻ってみるといいです。

振り出しに戻って、

以前の時と比べて、
状況や前提条件が大きく変わってるなら、

ゴールが変わっても仕方ありません。

いったん決めたのだから、

何があっても変えないというのは、
悪いことではありませんが、

最終的に
ゴールに到達できなければ、

意味がありません。

目標やゴールの変更を
するように促しましょう。

当然のことながら、
部下は独断で決めれませんから、

上司がしっかりと
それを支持すべきです。

まとめ

今回は、

”優秀だけど結果が出ない
部下を変える3つのポイント”

について話をしました。

今回の話をまとめると、

リーダーがやるべきことは、
その部下に対して、

①知識はそこそこで早く実行させ
②建設的ないい意見だけを大事にし
③目標やゴールは変更してもいい

と理解させることです。

しかし、
そう簡単には人は変われません。

地道に根気よく、
信頼関係を築きながら、

部下自身に気づきを与えて、

部下自身が
変化することを待つ姿勢が必要です。

の部下がなぜ結果が出せないか?

どのようにすれば、
部下の力を最大限引き出すことができるか?

がわかったでしょう。

これで、

成果を出せなかった
部下が生まれ変わったように、

結果を出し始め、

部下にとっても、
会社にとっても、

プラスの結果に繋げられます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。