【できる経営者】優れた起業家は言語化するのがうまい

優れた起業家は言語化するのがうまい

『どこから話を始めようか?』
『言いたいことはこれでよかったのか?』
『えーっと結論は?』

自分でも何を話したかったのか
よくわかならなくなり、

聞いている方もポイントを
つかめないまま話が終わってしまう。

『思ってることがうまく伝えられない』

このような
経験をしたことはないでしょうか?

アイデアだけでは、
ビジネスで成功できません。

どんなに素晴らしい
アイデアであったとしても、

それを実現できなければ、
意味がないんです。

アイデアを実現させるためには、
協力者が必要です。

そのためには、

協力者にあなたのアイデアを
伝えないといけません。

理解してもらわないといけません。

協力者に理解してもらえなければ、
アイデアの実現は不可能です。

伝える方法は、

企画書であったり、
プレゼンであったり、

あるいは、

口頭説明であったり、
いろいろありますが、

わかりやすく
伝えること自体が難しいのです。

その時に必要になるのが、
”言語化”です。

できる経営者は、
言語化が身についていて、

アイデアやイメージを相手に、
わかりやすく伝える能力が高いです。

彼らも初めから
言語化ができた訳ではありません。

言語化能力は、
持って生まれたものではありません。

訓練すれば、
誰でもできるようになります。

ではなぜ言語化が
そんなに難しいんでしょうか?

どうすれば、
言語化かできるようになるのでしょうか?

今回は、

優れた起業家は言語化するのがうまい
というテーマで話をします。

”思っていることがうまく伝えられない”
と感じている経営者の方は、

この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、
なぜ言語化できないのか、

どうすれば言語化が
できるようになるのかがわかります。

言語化ができるようになると、

あなたのアイデアが
協力者に明確に伝わるようになり、

イメージ通りのアイデアが
実現できるようになります。

今回の結論

言語化できない理由は、
ちゃんと
考えていないからです。

考えを整理しないまま
考えることを放棄して、

わかった気になっているだけなんです。

言語化能力は持って
生まれたものではありません。

訓練すれば、
誰でもできるようになります。

その方法は、

インプットを増やし、
アウトプットを増やすことです。

そして、
言語化を実践する方法としては、

まず、
単語を書き出して、

5W1Hもしくは起承転結を意識して、
アウトプットすることです。

5W1Hもしくは起承転結のいずれか
を意識するだけでも、

アウトプットの質は大きく変わります。

なぜ言語化できないのか?

なぜイメージしたことが
言語化できないのでしょうか?

その理由は、
ちゃんと
考えていないからです。

『そんなことない』
と思うかもしれませんが、

知らずのうちに、

考えを整理しないまま
考えることを放棄して、

わかった気になっているだけなんです。

他人を話し合っているうちに、
だんだんと考えがまとまってきたり、

もやっとしていた感情が、
はっきりとわかってくる

経験をしたことはないでしょうか?

試しに、
好きな食べ物を10個あげてください。

言語化ができていない人は、
『いっぱいあるよ』と言いながら、

実際にあげてみると、
なかなか出きません。

一方、

言語化ができる人は、
すぐに挙げることができるはずです。

頭で考えていることは、
物事を断片的に捉えていることが多く、

それぞれが繋がっていません。

その結果、

話したり、
やってみたら、

”あれ?うまくいかない”
ということが起きるんです。

言語化できるようになると、

頭の中にある断片的な物事を
つなげることができます。

つながっていないところがわかります。
欠落しているところが明らかになります。

間違っているところに気づきます。

そして、

これらを補修して、
イメージが整理されていくのです。

言語化を訓練する

言語化能力は持って
生まれたものではありません。

訓練すれば、
誰でもできるようになります。

では、

言語化ができるようになるためには、
どうすればいいのでしょうか?

インプットを増やす

言語化は文字通り、
イメージを言葉にすることです。

ですから、
頭の中に浮かんだことを、

表現する言葉を知らなければ、
言語化することはできません。

そのために、
語彙量を増やしましょう。

本や新聞やメルマガやネット情報など、
活字を読むのがおすすめです。

漫画でもいいでしょう。

活字がベストだと思いますが、

動画や音声などでも
インプットはできると思います。

アウトプットを増やす

インプットして語彙量が増えても、
使わなければ忘れていきます。

使えなくなります。

ですから、
アウトプットを増やすことが重要です。

twitterなどのSNSでつぶやいたり、
自身のブログに書いたり、

友人に話してみたりするといいでしょう。

言語化を実践する

単語を書き出す

アウトプットに慣れていない場合は、

初めに単語で思いついたことを
書き出すといいです。

文章を書くとか、
いい言葉や悪い言葉とか、

一貫性がなくても、

あまり意識せずに、
思いついたままに書きます。

私は今でも考えがまとまらない時は、
この方法を使って、

キーワードを書きなぐってから、
それから頭の中を整理しています。

アウトプットのポイント

アウトプットをするときのポイントとして、
”5W1H”と”起承転結”があります。

この2つのいずれかを
意識するだけでも大きく変わります。

5W1Hは、

・Who(だれが)
・When(いつ)
・Where(どこで)
・What(なにを)
・Why(なぜ)
・How(どのように)

を指し示す言葉です。

5W1Hを意識して文章を書くと、

伝えたい情報の主旨が明確になり、
過不足なく伝えることができます。

起承転結は、

話や文章をわかりやすくするための
文章術のことです

・”起”:背景や事前情報
・”承”:本題の導入
・”転”:話したいことや展開
・”結”:結論

です。

ビジネスにおいては、
まず結論からいうケースも多いので、

話し相手や状況によって、
”結”を前に持っていくなど、

順番を入れ替えるなどの
工夫をするといいでしょう。

まとめ

今回は、

優れた起業家は言語化するのがうまい
というテーマで話をしました。

今回の結論は、

言語化できない理由は、
ちゃんと
考えていないからです。

言語化能力は持って
生まれたものではありません。

訓練すれば、
誰でもできるようになります。

その訓練の方法は、

インプットを増やし、
アウトプットを増やすこと。

そして、
言語化を実践する方法としては、

まず、
単語を書き出して、

5W1Hもしくは起承転結を
意識してアウトプットすることでです。

なぜ言語化できないのか、
どうすれば言語化化できるのか、

がわかったでしょう。

これであなたのアイデアを
言語化できるようになり、

協力者に明確に
伝わるようになります。

そして、

あなたのイメージ通りのアイデアが
実現できるようになります。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

【できる経営者】優れた起業家は言語化するのがうまい” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。