【プレゼン力】緊張して話せない!?プレゼンを成功させるための3つの心構え

緊張して話せない!?プレゼンを成功させるための3つの心構え

ブレゼンする時

・すごく緊張する
・うまく話せない
・聞き手に目を合わせられない

こういう悩みがある方は
多いのではないでしょうか。

取引先へのビジネス提案や
社内でのスピーチや企業説明会など

ビジネスのいろいろな場面で、
プレゼンが必要になってきています。

特に社長が行う
プレゼンというのは、

会社の未来を左右する
と言っても過言ではありません。

いい商品なのに、
緊張してうまく話せなくて、

伝いたいことが伝わらず、
商談がダメになっては、

元も子もありません。

時間と労力をかけて
やっと完成した開発商品が、

たった一回のプレゼンで
ゴミ箱行きになってしまう。

そんなことは
絶対に避けなければいけません。

プレゼンの印象は、
内容以上に、

プレゼンターの見栄えや態度が、
影響している

と感じている方は多いでしょう。

”メラビアンの法則”でも、

矛盾した情報があった場合に
優先されるのは、

”非言語情報である”

と言われる通り、

見た目や態度が非常に大事です。

堂々とテキパキと
素晴らしいプレゼンでれば、

聞き手を魅了することができます。
商談はすぐ成立します。

そして
売上はどんどん増えていきます。

今回は、

プレゼンを成功させるための
3つの心構えについて話をします。

『緊張してしまう』
『うまく話せない』

と思っている方は、
是非この記事を読んでください。

最後まで読んだら、

プレゼンに対する心構えがわかり、
それらの準備できるようになります。

準備ができるようになると、
どんどんプレゼンはうまくなって、

将来的には
あなたはプレゼンマスターになれます。

https://amadahisatsugu.com/purezen

プレゼンを成功させる3つの心構え

・商品は申し分ない
・プレゼン内容もバッチリ

でも…

プレゼンターは自信がなさそう。
事前練習をしても伝わってこない。

こんな状態では
プレゼンは成功しません。

商品やプレゼン内容よりも、

まずプレゼンター自身を
整えることが先決です。

なぜプレゼンターは
自信なさそうに見えるのでしょうか。

いい内容なのに
なぜ伝わらないのでしょうか。

それは、

・身だしなみ
・言葉遣い
・気持ち

の3つに不備があるからです。

逆にこの3つを意識すれば、
いいプレゼンができるようになります。

では、

具体的に説明していきますので、
是非そのまま読み進めて下さい。

 身だしなみ

ボサボサ頭で
ヨレヨレのスーツを着た社長と、

綺麗に頭髪を整えて
ビシッと決めた高級スーツを着た社長

どっちの話の方が信用できますか?

誰もが
『後者の方だ』と答えるでしょう。

人は見た目ではないと言いますが、

一見しただけで、

その人がどんな人か
読み取ることはできません。

第一印象はやっぱり大事です。

では、

IT系ベンチャー企業の若い社長さんが
TシャツとGパンで出てきたらどうですか?

最先端のハイテク技術をやってる
異端児を思われて

印象がいいかもしれません。

一方、

経営コンサルタントが
TシャツとGパンで出てきたら?

『信用できない』
とイラっとくるかもしれません。

そうです。
あるべき服装というのはないんです。

ここで考えるべきポイントは、

・聴き手
・伝えたいこと
・プレゼンターのキャラ

です。

この3つの視点に立って、

適切な身だしなみを
考えなければいけません。

そしてこのポイントを抑えれば、
第一印象はバッチリ。

プレゼンの入り口としては
完璧になります。

言葉遣い

『えーと』
『あのー』

が目立つプレゼンを
聞いたことないでしょうか。

その時どう感じますか?

『えーと』『あのー』が気になって、
重要な内容が入ってこなかったり、

頼りなく感じたりしないでしょうか。

聴き手に信頼感を与えるには、

これらの余計な言葉は
できるだけ減らした方がいいです。

これらの言葉が出てしまうのは、

話すべき内容を思い出せず、
沈黙を埋めようとするからです。

原因がいくつかあると思いますが、
ほとんどが練習不足です。

話内容がしっかり
頭に入っていれば避けられます。

しっかり練習して
プレゼンに挑みましょう。

気持ち

プレゼンターが

『うまくいかないかもしれない』
と不安を抱えていると、

聞き手にもそれが伝わり、
説得力が半減します。

『アイコンタクトを使え』とか、
『ジェスチャーを多用せよ』とか、

このようなテクニックを
教えているものもよく見ますが、

これらは
本質を捉えていません。

必要なのは、”気持ち”です。

人見知りで
コミニュケーションが苦手だった、

私が言うのだから
間違いありません。

テクニックが必要なのではなく、
”熱意”が必要なんです。

『このプレゼンを絶対に成功させる』
という気持ちがあれば、

多少の内容に不備があっても、

言い間違ったり噛んだりして
うまく話せなくても、

人見知りで
聞き手の顔が見れなくても、

表情や仕草に一生懸命さが現れ、
聞き手には十分に伝わります。

 

どうすれば心構えができるようになるか

身だしなみは、

・聴き手
・伝えたいこと
・プレゼンターのキャラ

この3つを考慮して検討ください。

他人からアドバイスを
もらうものいいでしょう。

言葉遣いは、
練習あるのみです。

『えーと』『あのー』を意識して、
何度も練習します。

”ゼロ”にならなくてもいいですが、

他人が聞いて
違和感がなくなるまで練習しましょう。

気持ちについては、

まず
プレゼンターが、

そのプレゼン内容を
納得しているかです。

納得していないのであれば、

プレゼンターを変えるか
納得できる内容に変えるかしてください。

プレゼンターが
内容を納得しているのであれば、

練習あるのみです。
自信がつくまで練習です。

練習は3回で済むかもしれません。

もしかすると、
10回,20回が必要かもししれません。

でもやるんです。

あなたは

その商品を売りたいんでしょう。
プレゼンを成功させたいんでしょう。

ならやれるはずです。

それでもできないのであれば、

まずできると思う
マインドセットからはじめましょう。

https://amadahisatsugu.com/dekiru

まとめ

今回は、

プレゼンを成功させるための
3つの心構えについて話をしました。

・プレゼンを成功させる3つの心構え
・身だしなみ

・言葉遣い
・気持ち
・どうすれば心構えができるようになるか

プレゼンに対する心構えが
わかったと思います。

これらの準備ができるようになると、
どんどんプレゼンはうまくなっていき、

あなたはきっと
プレゼンマスターになれます。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

【プレゼン力】緊張して話せない!?プレゼンを成功させるための3つの心構え” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。