【会社経営】いい会社はルールよりもモラルを大切にしている

いい会社はルールよりもモラルを大切にしている

”いい会社”とはどんな会社でしょうか?

・社員が楽しそう
・雰囲気がいい

・福利厚生が充実している
・残業や休日出勤が少ない

・給与がいい
・儲かっている
・社会貢献している

などが挙げられるでしょう。

これらの中で、

何を重要視するかは、
人それぞれだと思いますが、

社員にとってプラスであることが、
重要な要素だと言えそうです。

そして、

これらの特徴を持ついい会社には、
ある共通点があります。

それは、

ルールよりもモラルを
重要視していることです。

あなたの会社は、

”ルールを作っても守られない”
状況になっていないでしょうか?

細かなルールがどんどん増え、
監視を厳しくしていませんか?

社内巡回で一時的には改善されるものの、
すぐにルールは破られていませんか?

『ルールに不備があるから』
『業務に支障をきたすから』

などの愚痴や言い訳ばかり
聞こえてきませんか?

なぜ、
こんなことが起こるのでしょうか?

もうここまでくると、

社員はそもそも
ルールを守る気がありません。

こんな状態で、

いくらルールを作っても
何も解決しません。

ルールの問題ではないのです。
モラルの問題なのです。

従業員のモチベーションが低いのも、
商品開発が進まないのも、

会社の業績が振るわないのも、
モラルの低下が原因です。

モラルが向上できれば、
ルールは守られます。

社員のモチベーションが向上し、
会社の業績が上がります。

ではどうして、
モラルがなぜ低いんでしょうか?

どうすればモラルを
高めることができるのでしょうか?

今回は、

いい会社はルールよりも
モラルを大切にしている

ことについてテーマに話をします。

”ルールを作っても守られない”
”モラルが低下している”

と感じている経営者の方は、
この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、

ルールが守られない理由と、
モラル低下の原因がわかって、

どうすれば良いかがわかります。

これらがわかると、
社員の意識が変化し、

ルールが守られ、
社員の
モチベーションが向上し、

商品開発も進み、
会社の業績が上がります。

今回の結論

今日の結論は、

無意味に多いルールは組織をダメにし、
モラルは社員の自立を促します。

そして、
モラルを高めるためには、

ミッションやビジョンを社員と共有し、
信頼関係を築くことです。

無意味に多いルールは、
時間とお金の無駄使いになります。

さらに、
考えない組織を作ります。

モラルは社員を自立させ、

少ないルールで臨機応変に
立ち振る舞わせることができます。

経営者は、
社員のモラルを高めるために、

ミッションやビジョンを作り、
社員と共有し、

信頼関係を作り上げることに
努力することで、

ルールが守られ、
社内の雰囲気が良くなり、

社員のモチベーションが向上し、
商品開発が進み、

会社の業績が上がります。

無意味に多いルールは組織をダメにする

会社を運営するには、
最低限のルールは必要です。

しかし、

無意味に多いルールは、
組織をダメにします。

ルールを作ると、

境界線ギリギリに
立とうとする人が出ます。

その境界線が、
人によって微妙に違うので、

ルールから外れる人が現れます。

すると、

さらに詳細にルールが見直され…
どんどん細かなルールが増えていくんです。

これらのルールは、
誰かが作らないといけません。

守られないから、
遵守させる仕事も増えます。

すなわち、

会社の儲けにもならない業務に、
時間とお金を使わなければならないんです。

無駄の何ものでもありません。

さらにルールは、
人から思考能力をも奪います。

『ルールを守ればいい。
その通りやってればいい』と思うからです。

細かなルールは、
本業へも波及していきます。

ルールがないと、
本業が進まなくなります。

社員の創造性が失われ硬直化します。
トラブルに対応できなくなります。

ルールは、

自分たちを律するための
手段の一つに過ぎません。

ところがルールを強調しすぎると、
ルールを守ることが目的化して、

その結果、
組織を腐れせていくんです。

モラルは社員の自立を促す

最低限のルールは必要ですが、

無意味に多いルールは、
組織をダメ
にします。

そして最低限のルールは、
モラルに基づくものであるべきです。

ですから、
大切なのはモラルなんです。

モラルとは、
倫理や道徳意識という意味です。

一夫多妻制の国では、

複数の妻を持つことに
モラルを問われることはありませんが、

日本では、

複数の妻を持つと、
大問題になるのと同じように、

モラルは、
時代や社会によっても変わります。

会社の中でのモラルを考えると、

事業活動において普遍的な基準に、
置き換えることができます。

そしてこのモラルは、
会社の文化や考え方によって違ってきます。

・ミッション
・ビジョン
・理念
・価値観
・哲学

といったところでしょうか。

これらを社員に
浸透させることができると、

ルールを作らなくとも、

それらに基づいて、
社員は行動するようになります。

・ルールやマナーを守る
・仕事に責任感を持つ
・嘘をつかない
・臨機応変に行動できる

自立した社員が増えるんです。

モラルを高めるために行うべきこと

会社のミッションや
ビジョンを社員と共有でき、

・会社ー社員間
・役員ー社員間
・社員ー社員間

信頼関係が生まれると、
ルールは必要なくなります。

相手を想い、
譲り合い、

問題が発生すれば、
話し合うことができるようになります。

契約書など要りません。
シンプルな会社ができあがります。

ミッションやビジョンには、
会社の哲学が詰まっています。

逆に、
会社の哲学が詰まっている

ミッションやビジョンに
しておかなければいけません。

何を目指すのか?
何を大事にするのか?

もしそういったことが
明確になっていないならば、

まずは、

ミッションやビジョンを
見直してください。

これらは、

社員に理解をさせて共有するといっても
そう簡単ではありませんが、

何度も繰り返すことで、
社員の心に浸透していきます。

どうしても共感できない社員は、
会社を遅かれ早かれ去るでしょう。

それで構わないのです。

ミッションやビジョンを社員に
伝えていくときに大事なのは、

ブレないことです。

十分に理解できていないときは、
間違いを起こします。

ミスをします。
それは仕方がないことです。

しかし、
見逃してはいけません。

自由を容認することと
甘やかすこととは違います。

会社の哲学から外れる社員の行為は、
絶対に許してはいけません。

毅然とした態度でしっかりと、
教育しなければいけないんです。

ミッションやビジョンを作り、
社員と共有し信頼関係を構築しましょう。

そうすることによって、
ルールは守られ、

社内の雰囲気が良くなり、
社員のモチベーションが向上し、

商品開発が進み、
会社の業績が上がります。

https://amadahisatsugu.com/perfo

まとめ

今回は

いい会社はルールよりも
モラルを大切にしている

ことについてテーマに話をしました。

今日の結論は、

無意味に多いルールは組織をダメにし、
モラルは社員の自立を促します。

そしてモラルを高めるためには、

ミッションやビジョンを社員と共有し、

信頼関係を築くことです。

ルールが守られない理由と
モラル低下の原因がわかって、

どうすれば良いかが
わかったと思います。

明日からあなたの会社の社員は、
意識が変化し、

ルールが守られ、
社員の
モチベーションが向上し、

商品開発も進み、
会社の業績が上がります。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です