【会社経営】優れたミッションとビジョンの作り方

優れたミッションとビジョンの作り方

ミッションとは、

会社の社会的使命や
存在意義を示したものです。

そしてビジョンとは、
ミッションの達成を通じて、

目指す会社や
社会の理想の姿を現したものです。

ビジョンは、

会社が一つの方向に
向かって進めるために、

また会社がどこを目指しているかを
お客さんにわかってもらうために、

大切だと
言われています。

しかし、
なかなかピンときません。

有名会社のそれを見ても、
曖昧な綺麗事で表現されて見えます。

キャッチフレーズっぽく、
感じてしまいます。

絵に描いた餅では、

社員の心はつかめません。
一体感を作ることはできません。

逆に、

ミッションとビジョンを
しっかりと理解して、

これらを作ることができれば、
会社の一体感が生まれます。

社内が活気に満ち溢れ、
業績が良くなっていきます。

社外にも会社の存在意義を
明確に示すことができます。

どのように考えれば

優れたミッションと
ビジョンを作れるのでしょうか?

今回は、

優れたミッションとビジョンの作り方
をテーマに話をします。

ビジョンやミッションが
よくわからないという経営者の方は、

是非、
この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、

ビジョンやミッションが、
どういうものなのがわかり、

どのように作れば、
いいかがわかります。

これらがわかることで、
あなたは、

明確なミッションとビジョンを
描くことができます。

そして社内外に向けて、

会社の存在意義を
アピールすることができます。

今回の結論

ミッションは、

創業者がどうありたいか
を示すことであり、

人生の終着点の状態を表します。

人生の指針となるものですから、
創業者が作るべきものです。

創業者であるあなたは
ミッションに向けて、

過去も現在も
歩んできました。

そして未来もその方向は、
大きく変わることはないでしょう。

一方、

ビジョンはミッションに向けて、
実現させようとする具体的な姿を表します。

ミッションに向かう道は
1つではありません。

いくつもの道があります。

すなわち、

ビジョンは変えても
構わないのです。

優れたミッションと
ビジョンを作る手順は、

まずは、
ミッションを固め、

それから、
ビジョンを考えるべきです。

逆手順では、

あなたにとって
正しいビジョンは作れません。

ミッションを考える

私は、

ミッションとは、
究極の思想だと考えています。

・なぜ生まれてきたのか
・何をしたいのか

そして、
・どのような最後でありたいのか

そういうことを問うべきだと
思っています。

スティーブン・R・コヴィー氏著の
“7つの習慣”の“第2の習慣”の

“終わりを
思い描くことから始める“の中に、

『自分の葬儀で述べてもらいたい
弔辞を真剣に考える』

という一節があります。

”死“は人生の終着点です。
それに向かって人は歩んでいます。

”死“の瞬間を迎えるために、
未来を実現するために、

あなたは何を目指し、
何を考え、

どう行動するのか?を
決めています。

ミッションがなければ、

あなたにとって正しい、
納得いくビジョンは作れません。

誰の心にも響きません。
会社運営で苦労するでしょう。

すぐに考えが
まとまらないかもしれません。

ボヤッとしたものでも構いません。
まずは決めることです。

のちのち
修正しても構いません。

常に意識して、
心に留めておくことが大事なのです。

この軸をしっかりと持っておくことで、

迷った時に、
正しい判断ができます。

軸をブレさせなければ、
必ずゴールにたどり着けます。

ビジョンからミッションを
考えるべきではありません。

ヒントを得るために、
仮にビジョンを考えてもいいですが、

その場合でも、

必ずミッションを固めてから、
再度ビジョンを見直ししてください。

ビジョンを考える

ビジョンは、

ミッションに向けて実現させようとする
具体的な姿を表します。

ですから、

決めたミッションを軸に
具体的な姿を描いていきます。

決めたビジョンは、
できれば変更しないほうがいいです。

原則的には、
簡単に変えるべきではありません。

しかし、

会社規模が変わったり、
経営環境が変化したりして、

作ったビジョンが
実態に合わなくなる場合があります。

時として、
ミッションを変更することもあるでしょう。

そんな時は変更すべきです。

ミッションに向かう道は、
1つではありません。

いくつもの道があります。

こだわり過ぎず、
変更すべきだと判断した場合は、

躊躇せず、
変えていきましょう。

ビジョンが明確になれば、
事業戦略が立てやすくなります。

細部に落とし込んだ目標が
作れるようになります。

目標ができると、
社員は具体的な活動をしやすくなります。

まとめ

今回は、

優れたミッションとビジョンの作り方
をテーマに話をしました。

今回の結論は、

ミッションとは、

創業者がどうありたいかを
示すことであり、

人生の終着点の状態を表します。

一方、
ビジョンは、

ミッションに向けて実現させようとする
具体的な姿を表します。

優れたミッションと
ビジョンを作る手順は、

まずはミッションを固め、
それからビジョンを考えるべきです。

ビジョンやミッションが
どういうものなのがわかり、

どのように作ればいいかが
わかったと思います。

これであなたは、

明確なビジョンを
描くことができます。

そして、
社内外に向けて、

会社の存在意義を
アピールすることができます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

 

Follow me!

【会社経営】優れたミッションとビジョンの作り方” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。