【できる経営者】社員のパフォーマンスを最大限に発揮させる

社員のパフォーマンスを最大限に発揮させる

社員のパフォーマンスが良くない』

と、頭を抱えている経営者の方は、
多いのではないでしょうか?

社員のパフォーマンスが悪いと、

想定以上に時間がかかったり、
労力を必要としたり、

場合によっては、

いくらやっても目標を
達成できないことがあります。

社員のパフォーマンスを
生かすも殺すもリーダー次第です。

リーダーは大きく
3つのパターンに分かれます。

①リーダーのトップダウンによって、
物事を進めていくタイプ。

②メンバーからの意見を聞いて、
民主的に物事を決めていくタイプ。

そして、

③自由放任主義でメンバーの
やりたいようにやらせるタイプ。

の3つのうち、

もっとも社員がパフォーマンスを
発揮できるのはどれなのでしょうか?

アメリカの社会学者
クルト・レヴィン氏によると、

組織が十分に成熟している場合は、
民主主義や自由放任主義が効果を発揮し、

未成熟な場合では、
トップダウン式がいいと言っています。

しかし、
トップダウン式では、

チームのパフォーマンスは
リーダーの能力を超えることはありません。

社員がリーダー以上の力があったとしても、
発揮することはできません。

どんな組織の状態であっても、

社員それぞれが100%の力を発揮し、
それらが有機的に繋がっていけば、

きっともっといい
成果を上げるに違いありません。

そうするためには、
何か方法があるのでしょうか?

今回は、

社員のパフォーマンスを
最大限に発揮させる”

をテーマに話をします。

社員のパフォーマンスが、
十分に発揮できてない
と、

感じている経営者の方は、
是非この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、

どのようにすれば、
社員のパフォーマンスを

最大限に発揮させることが
できるのかがわかります。

これらがわかると、
あなたは、

どんなに困難にも負けない、
最強のチームを作ることができます。

今回の結論

社員のパフォーマンスを
最大限に発揮させるためには、

“自由のびのび経営”
をすることです。

それをするためにまずは、

会社のミッションと
ビジョンをしっかり作り、

社員に提示し、
理解させ、

共有することです。

そして社員のレベルに合わせて、

関わり方、
サポートの仕方を変え、

社員の意思を尊重しながら、
自立心を育てて、

それぞれの個性や能力を
伸ばすことです。

”未成熟な社員には
トップダウン式が有効である”

という考え方では
限界があります。

なぜなら、

チームのパフォーマンスは、
リーダーの能力に従うからです。

社員の能力を最大限に生かすには、

社員自らが考えて、
行動できなければいけません。

リーダーはその環境を作るために、
どうすべきかを考えるんです。

“自由のびのび経営”をする

アメリカの社会学者
クルト・レヴィン氏によると、

組織が十分に成熟している場合は、
民主主義や自由放任主義が効果を発揮し、

未成熟な場合では、
トップダウン式がいいと言ってます。

しかし、
トップダウン式では、

チームのパフォーマンスは、
リーダーの能力を超えることができません。

すなわち、

社員のパフォーマンスを最大限に、
発揮させることはできないんです。

社員が未成熟な場合は、

無理なのでしょうか?
諦めるしかないのでしょうか?

“自由のびのび子育て”
というものがあります。

これは、
子どもの意思を尊重することで、

自立心を養い、
自分らしさや個性を伸ばすことができる、

という子育て方法で、
現在注目を浴びています。

社員のパフォーマンスを最大限に、
発揮させる経営の方向性は、

この”自由のびのび子育て”が
ヒントになります。

“自由のびのび”子育ては、
”ほったらかし”子育てではありません。

ここでのポイントは、

まず、
規範意識やしつけを教育することです。

その上で、

・どれを着るかであったり
・何をして遊ぶかであったり
・どのメニューを選ぶかだったり

子どもの意思を尊重し、
サポートしていくと、

子供はのびのびと、
育っていくというものなんです。

ミッションとビジョンを共有する

“自由のびのび”子育てでいう
”規範意識やしつけを教育する”は、

会社で置き換えると、
どういうことでしょうか?

それは、

会社のミッションと
ビジョンを社員に提示し、

理解させ、
共有することです。

ミッションとビジョンには、
会社の哲学が詰まっています。

逆に、

会社の哲学が詰まっている
ミッションとビジョンでないといけません。

・何を目指すのか?
・何を大事にするのか?

もしそういったことが、
明確になっていないならば、

まずは、

ミッションとビジョンを
見直してください。

https://amadahisatsugu.com/sugureta

社員に理解をさせて共有するといっても、
そう簡単ではありません。

1度や2度、
社員に話をして、

すぐに理解できる社員は、
そう多くありません。

何度もなんども、

リーダー自らが社員に、
語りかけることが必要です。

そうすることでやっと、
社員の心に浸透していくんです。

もしどうしても、

会社のミッションとビションに
共感できない社員が居たら、

その社員は、
会社を遅かれ早かれ去るでしょう。

それは仕方ありません。

会社の想いが理解できる社員が
残ればいいと考えるんです。

アマゾンの創業者兼CEOのジェフ・ベゾスは、アマゾン・ドット・コムをスタートさせた直後から、この会社は「顧客に価値を届けることで収益を上げるべきであり、顧客から金を搾り取ることによって収益を上げるべきではない」というビジョンを抱いていた。ー中略ーベゾスは驚くほどシンプルな手法で「質素」という企業文化を一気に打ち立てた。ベゾスはホームセンターからドアを買ってこさせ、脚を釘付けにしてデスクをつくらせた。ー中略ードアでできたデスクで仕事をすることが耐えられない社員は、遠からず辞めていくことになる。

HARD THINGS(ベン ホロウィッツ著)から

レベルに合わせて関わり方を変える

ミッションやビジョンを
しっかり理解してる社員は、

ほとんど関わらなくても、
会社の哲学に沿って、

自分で考えて業務を
進めることができるでしょう。

しかし例えば、
入社間もなくで、

まだ哲学を十分に
わかっていない社員は、

時折、

それに合わない行動を
してしまうこともあるでしょう。

社員に対して、
同じ関わり方をしていてはいけません。

間違わないように
教育をしなければいけませんし、

間違った行動は、
指導をしなければいけません。

この時に大事にしなければいけないのは、
リーダーがブレないことです。

十分に理解できていないときは、

間違いを起こします。
ミスをします。

それは仕方がないことです。

しかし、
見逃してはいけません。

自由を容認することと、
甘やかすこととは違います。

会社の哲学から外れる社員の行為は、
絶対に許してはいけません。

毅然とした態度でしっかりと、
教育していきましょう。

まとめ

今回は、

社員のパフォーマンスを
最大限に発揮させる”

をテーマに話をしました。

今回の結論は、

社員のパフォーマンスを最大限に、
発揮させるためには、

“自由のびのび経営”をすることです。

それをするためにまずは、

会社のミッションと
ビジョンをしっかり作り、

社員に提示し、理解させ、
共有することです。

そして、
社員の自由を容認しつつも、

レベルに合わせて、
関わり方を変えることです。

どのようにすれば、

社員のパフォーマンスを最大限に、
発揮させることができるのか

がわかったでしょう。

これらがわかると、
あなたは、

どんなに困難にも負けない、
最強のチームを作ることができます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

 

Follow me!

【できる経営者】社員のパフォーマンスを最大限に発揮させる” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。