【会社経営】社長と社員との関わり方は○○がヒントになる

社長と社員との関わり方は○○がヒントになる

『社内に一体感がない』
『自主性を感じない』
『何を言っても社員に響かない』

と感じている
社長も多いのではないでしょうか?

そんな社員を見て、

ついつい社長の語気も強くなると、
さらに社員を萎縮させます。

この状態が続くと、
指示待ち社員が増えていきます。

社内コミュニケーションが低下します。
離職者が増えます。

業務がスムーズに進みません。
社内外でトラブルが頻発します。

業務効率が落ちます。
取引先との交渉が上手くいきません。

売り上げが伸びません。
経費がかさみます。

業績が悪くなっていきます。

早く対処しなければ、
取り返しのつかないことになります。

社長の気持ちは焦るばかり。
社長は社員に不満を募らせます。

しかし、

社長が社員に
不満を膨らませるのと同じように、

社員もまた社長に対して、
不満を大きくしています。

社長はこのことに
気づかないといけません。

そして、

社員との関わり方を
見直さなければいけないのです。

関わり方が変われば、
社長と社員との距離が縮まります。

社長の想いが
社員に届くようになります。

社内に活気が蘇ります。
業務効率が良くなります。

売上は上がり、
業績もよくなっていきます。

社長であるあなたは、

何がいけないのでしょうか?
どうすればいいのでしょうか?

今回は、

社長と社員との関わり方は
○○がヒントになる

というテーマで話をします。

社員との関わり方に問題があると、
感じている経営者の方は、

この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、

社員との関わり方のどこが問題なのか、
どうすれば改善できるのかがわかります。

これらがわかると、

あなたの行動や言動が変わり、
社員との関係が良化していきます。

そして、
会社の業績もよくなっていきます。

今回の結論

社長と社員の関係は、
親子の関係に似ています。

親子関係を紐解けば、

社長と社員との関係を
良くする方法がわかります。

社長と社員との関係が悪い理由は、

社長と社員とには、
大きな違いがあるからであり、

社員との関係を良化するには、
まず話を聞くことから始め、

社員を、
・認めて・信じて・見守ることです。

社長と社員との間には、

主従関係にあります。
目線や視点も違います。

このことを理解した上で、
社員との関係を良化するには、

まず話を
聞くことから始めることです。

そして、

社員を、
認めて・信じて・見守ることです。

そうすることによって、
社長と社員との関係が良くなり、

社員に自立心が芽生え、
積極的な行動が取れるようになります。

社員との関係が悪い理由

社長と社員とは、
主従関係にあり、

社員は社長の指示に従って、
業務を行います。

社長は、

会社全体の最適化を考え、
将来目線で見ています。

従業員は、
自分自身の業務範囲でもの事を考え、

目前の業務を処理することで、
頭がいっぱいです。

このように、
社長と社員とには、

そもそも
大きな違いがあるにも関わらず、

社長は社員に、

『社長の視点に立って考えてほしい』
と思い、

社員は社長に、

『社員の気持ちをわかってほしい』
と望むのです。

そのことを忘れて、

社長は、
社員をダメ出しし、

怒鳴り、
従うことを強要し、

社員は、
社長のその態度と言動に萎縮し、

辟易し、
思考を停止するのです。

これは、
親子関係に似ています。

親は子供より人生を長くいきています。
人生経験を積んでいます。

子供より広い視野を持っています。

ですから、
親は視野の狭い子供に、

『あれをするな。これをしろ!』
などと細かく指示をするのです。

『早く大人の視点を持ってくれ』
と望むのです。

しかし子供は、

『僕を、私を、わかってほしい』
と思い、

細かく口を出してくる親にうんざりし、
口を利かなくなったり、

反抗したりするのです。

https://amadahisatsugu.com/gyappu

リンク:社員とのギャップはあってもいい

社員との関係を良化する方法

社長と社員との関係を
考え直しにあたっては、

親子関係が参考になります。

あなたは子供の頃、
学校で悪さをして、

親が呼び出された経験は、
ないでしょうか?

あるいは、
自分のお子さんのことで、

学校から
呼び出されたことはありませんか?

総じて、
学校から呼び出されると、

親は子供を叱ります。

『きっとうちの子供が悪いからに違いない』
と思い込むのです。

しかしもしかすると、

いたずらっ子から友達を庇うために、
突き飛ばしたのかもしれません。

親の悪口を言われて、
許せなかったのかもしれません。

子供には、
子供なりの理由があります。

子供から理由を聞かずに、
叱りつけるのは間違いです。

まず、

理由を聞いてから、
叱るか否かを考えても遅くありません。

それと同じように、

社員をお客さんと
トラブルを起こしたからと言って、

頭ごなしに叱ってはいけません。

まず、

・何があったのか?
・どうしてトラブルになったのか?

聞くことが大切です。

もし、

社員が悪いのであれば、
叱ればいいでしょう。

しかしもし、

お客さん側に原因があったとしたら、
社員を叱りつけるのではなく、

どうすれば回避できたかを
指導することになるでしょう。

理由によって、
対処方法は変わるんです。

認めて・信じて・見守る

あなたの子供の頃の感情を思い出せば、

社員の気持ちがわかるでしょうし、
またどうしてほしいかわかるでしょう。

あなたは子供の頃、
親に反発しなかったでしょうか?

あなたがその時、
どう感じていましたか?

あなたは、

『子供扱いするな!』
と思ったでしょう?

失敗をした時、

『言われなくたって自分が一番わかってる』
と思ったでしょう?

『信じて見守ってほしい』
と思ったでしょう?

子供は親に、
認めてほしいです。

信じてほしいんです。
見守ってほしいのです。

“自由のびのび子育て”
というものがあります。

これは、

子どもの意思を尊重することで、
自立心を養い、

自分らしさや個性を伸ばすことができる、
という子育て方法です。

“自由のびのび”子育ては、
”ほったらかし”子育てではありません。

ここでのポイントは、
まず規範意識やしつけを教育した上で、

子どもの意思を尊重し、
サポートしていくというやり方です。

この方法は、
社員との関わり方のヒントになります。

”ほったらかし”はいけませんが、
ルールを守らせた上で、

社員の意思を尊重し、
サポートしていくのです。

そうすることによって、
社長と社員との関係が良くなり、

社員に自立心が芽生え、
積極的な行動が取れるようになります。

https://amadahisatsugu.com/perfo

まとめ

今回は、

社長と社員との関わり方は
○○がヒントになる

というテーマで話をしました。

今回の結論は、

社長と社員との関係が悪い理由は、

社長と社員とには、
大きな違いがあるからであり、

社員との関係を良化するには、
まず話を聞くことから始め、

社員を、
認めて・信じて・見守ることです。

社員との関わり方のどこが問題なのか、

どうすれば、
改善できるのかがわかったと思います。

これであなたは、

行動や言動が変わり、
社員との関係が良化していきます。

そして、
会社の業績もよくなっていきます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

【会社経営】社長と社員との関わり方は○○がヒントになる” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。