【売れる商品】商品が大ヒットした時に気をつけること

ひょんなことをきっかけに、いきなり大ブレイクして、テレビに引っ張りだこ。これまで埋まることがなかったスケジュール帳は、いつの間にか、もう真っ黒。忙しい日々が続きます。

 

しかし、その大きな波はいつか去っていきます。

 

そのうち、お客さんは飽きて、だんだんと離れていき、仕事もなくなり、昔のようにスケジュールは空欄だらけ。

昔の静かな状態に戻ります。

 

もうそうなったら一発芸人枠の仕事を待つしかなくなります。

 

あんなに大流行したタピオカドリンクも、最近では姿を見ることも少なくなりました。

 

ビジネスも同じです。

 

ビジネスで成功するのは難しいです。やっと勝ち得た成功はずっと続くと勘違いしてしまいます。

 

”成功”の隣には”失敗”があります。”失敗”という海の真ん中に”成功”という小さい島があるといってもいいかもしれません。

 

少し動くとまた”失敗”の海に落ちてしまいます。嵐がくると、小さな”成功”の島は海に飲み込まれてしまいます。

 

トレンド、すなわち流行りはいつか廃れるんです。必ずです。

 

なぜでしょうか?どうすれば波に乗り続け流ることができるのでしょうか?

今回は、”商品が大ヒットした時に気をつけること”をテーマに、

 

・ヒット商品はなぜ売れなくなるのか?
・波に乗り続けるためには?

 

について話をします。ヒット商品が売れなくなる理由を理解でき、確実に波に続ける方法がわかるでしょう。

 

これできっと、たとえどんなに、自社商品が大ヒットしたとしても、冷静に対処でき、ずっと波に乗り続けられて、ヒット商品を生み続けられるに違いありません。

ヒット商品はなぜ売れなくなるのか?

いつまでもヒットが続くと勘違いする

時代によって、ヒットした芸人さんは数知れずいます。

 

大ヒットしたら嬉しいです。嬉しいし、忙しくなるので、冷静に考える時間がなくなります。やがて思考停止になって、この状態がずっと続くと勘違いするようになるんです。

 

そのヒットの裏側には、社会情勢や生活スタイルや流行など、いろいろな要因が絡み合っています。理由があります。

複雑に絡み合ってわかりにくい場合もありますが、必ずあるはずです。

 

その理由をしっかりと掴んでおかなければいけません。

 

一過性なのか?永続性があるのか?それによって、とるべき行動は変わっていくんです。

 

それらがきちんとできている芸人さんは、一発芸人で終わることなく、芸風を変化させながらも、売れ続けています。

 

商品価値は劣化していく

ヒット商品は、お客さんのみならず、競合他社からも注目されます。そしてすぐに、モノマネされます。

 

知的財産権で保護できたりしますが、うまくかいくぐって、いくらでも模倣品が出てきます。

 

唯一無二だった商品が、いつの間にか、コモディティ化し、価格も下落し、競争力がなくなってきます。類似商品が溢れ、時間とともに飽きられていきます。

 

そして、新しいものが出回ると、お客さんの目はそちらに移ります。ヒット商品は過去のものとなり、いつか目新しいものにとって変わってくんです。

 

ヒット商品というのは、そういうものだと認識しておいた方がいいんです。

 

常識やルールは変わる

”TVが万人の娯楽”だったのは昔の話です。最近の若者はあまりTVを見ません。

 

彼らのいまの関心はYouTubeです。

 

昨年あたりからYouTubeが熱くなっていて、はじめしゃちょー、HikakinなどYouTuberという職業が一般化し、彼らは大きな収益を得ています。

 

一方、TVでは稼げなくなってきていて、TVに出ていた芸能人がどんどんYouTubeを始めています。

 

世の中の常識が変わってしまっているんです。

 

しかしYouTubeもまた、安泰ではありません。

 

YouTubeの規約変更が頻繁に行われています。収益化のルール等が変更されます。子供向けコンテンツのYouTubeの広告収入が難しくなりました。

 

また、たくさんの有名Youtuberがチャンネル削除(BAN)になったりなどもありました。

 

時代の流れとともにルールは変わります。

 

常識やルールが変わると儲けられなります。そのリスクが常にあるということを理解しておかなければいけないんです。

波に乗り続けるためには?

過信しないこと

成功したら嬉しいですし、自慢したくなります。

 

しかし絶対に、成功にあぐらをかいてはいけません。

 

成功したら、なぜ成功したのか?よく分析しましょう。そして自分なりに理解を深めておきましょう。一方で、

 

・それでも十分でない
・もしかするとまだ本質がわかっていないかも知れない
・だから同じようにはいかない


・続かないかも知れない

と、謙虚に成功を捉えるようにしたほうがいいです。

 

学び、行動し続けること

成功したら、考えることをやめてしまいます。永遠に続くと勘違いしてしまいます。

 

しかしそれは、永遠に続くものではありません。いつか終わりがくると思って、シンプルに勉強し続けることです。

 

社会や世間の変化を見続けましょう。本を読み、ニースを見、最先端の情報に敏感に感度よく捉えるようにしましょう。

 

そして、考えることをやめないことです。情報を敏感に受け取って、それに対していち早く敏速に行動するようにしましょう。

まとめ

今回は、”商品が大ヒットした時に気をつけること”をテーマに、

 

・ヒット商品はなぜ売れなくなるのか?
・波に乗り続けるためには?

 

について話をしました。

 

ヒット商品はなぜ売れなくなるのは、”いつまでもヒットが続くと勘違いする”・”商品価値は劣化していく”・”常識やルールは変わる”からです。

 

そして波に乗り続けるためには、”過信しないこと”・”学び、行動し続けること”です。

 

ヒット商品が売れなくなる理由を理解でき、確実に波に続ける方法がわかったでしょう。

 

これできっと、たとえどんなに、自社商品が大ヒットしたとしても、冷静に対処でき、ずっと波に乗り続けられて、ヒット商品を生み続けられるに違いありません。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

 

さらに学びたい方は、上場を目指す経営者だけのオンラインサロンにご参加ください。

▷IPOサロン

このサロンでは、誰も教えてくれない資金調達/上場準備の実際や、VC・金融機関に聞けない、ここだけの話ができる場所です!

上場を目指す経営者たちだけが集い、お互いを切磋琢磨し、協力しあい、上場を目指します。 月1回の、メンバー交流会、勉強会や講演会、無料相談などが受けられます。

概要欄にリンクを貼っています。ご参加お待ちしております。

なお、ご質問やお問い合わせは、合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

 

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業  :経営コンサルタント

業務内容:資金調達、上場準備、社外CFO、その他経営コンサル

活動地域:大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube  ”ひさつぐチャンネル”

 

▷Twitter ”ひさつぐ@”

 

 

▷Facebook ”丹田久嗣”

 

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。