【上場準備】リーダーシップの取り方3/3

前回は、【上場準備】リーダーシップの取り方2/3で、20%に働きかける”をテーマに解説しました。

【上場準備】リーダーシップの取り方2/3

 

前回の話では、いくら上場準備責任者が熱っぽく語りかけても、心を動かす社員はほとんどいませんが、20%に目を向けて働きかけることによって、彼らが自主的に動き出し、上場準備がスムーズに進められるようになるということでした。

 

これらから、チームを同じ方向に向かせるために、チームリーダーが意識することは何かがわかり、上場準備責任者として、リーダーシップを発揮して、チームを引っ張っていける自信がついたと思います。

 

しかし、『これで大丈夫だ』と思うのはまだ早いです。最後にもう一つ。最も大事なことがあるんです。

 

今回は、全責任を取る覚悟を持つ”をテーマに、

 

リーダーができることには限界がある
・メンバーとの信頼関係を作る
・最後はリーダーが全て責任を負う

 

を解説していきます。

 

これらを理解すると、最強のリーダーシップを得ることができます。前回、前々回の記事内容と組み合わせれば、上場準備は遅れることなく、スムーズに進められ、間違いなく、上場ができるでしょう。

【上場準備】リーダーシップの取り方1/3

【上場準備】リーダーシップの取り方2/3

リーダーができることには限界がある

チームが大きいほど、また関係者が多いほど、進捗をコントロールすることは、難しくなります。リーダーが思うようには進みません。困り果てて、監査法人や主幹事証券会社に相談しても、決まった答えが返ってきます。

 

『経験者を雇いなさい』

 

ため息が出てきます。

 

すぐに人が集まってくるはずありませんし、お金に余裕なんてありません。彼らもわかってるはずなのに、そう言うんです。

 

『雇えないんだったら、リーダーが頑張るしかないだろ?』

 

と言っているように聞こえてきます。だからといって、『死ぬ気で頑張るか?』そんな選択肢をしてはいけません。

寝る間も惜しんで頑張った結果、リーダー自身が倒れてしまったら、そこでプロジェクトは完全に止まってしまいます。そのような判断してはいけません。

 

リーダーができることには限界があります。

 

リーダーたる者は、自身ができることに限界があることをしっかり理解して、どうすべきなのかを考えなければいけないんです。

メンバーとの信頼関係を作る

『リーダーができることには限界がある』メンバーを集めるしかありませんが、新しい社員を雇う時間も余裕もありません。今いる社員でメンバーを組もうとしても、彼らは通常業務で溢れています。

 

上場準備という追加の業務が加わります。経験のない新しい業務をこなさなければいけません。体力も相当必要になります。どうするか?

まず、長期にわたる激しい戦いに耐えられる、元気でエネルギー溢れる社員を選出します。彼らには無限の可能性があります。それにかけるのです。

 

しかし彼らは、経験が浅いがために、自信がなく、不安になり、行動をためらったり、適切な解決策が思いつかなかったり、上手く立ち回れなかったりする可能性があります。

 

この時にリーダーが行うことは、これらを受け止めることです。任せてみて、彼らの疑問や不安に寄り添い、フォローすることです。

 

・効率が悪くなります
・チームの雰囲気もよくなくなります

・彼らから不満が出てきます

 

それでもリーダーは、彼らの疑問や不安に応え、相談に乗り、アイデアを出します。場合によっては、具体的な指示をします。困っているようであれば、声を掛け、話を聞き、手を差し伸べます。彼らが動きやすいように、

 

・社内に
・上司に
・社外関係者に

 

働きかけます。

そうしているうちに、彼らの不満は少しずつ減っていき、リーダーとメンバー間で、信頼関係ができてきます。

 

徐々に彼らは変わっていき、自ら動くようになり、みるみるうちに成長し、知らぬ間に、業務効率が驚くほどよくなっていきます。

最後はリーダーが全て責任を負う

・信用されていない
・仕事を任せてもらえない

 

と感じると、人はやる気を失います。

 

そうなると、パフォーマンスを最大限に、発揮することができません。どうせ頑張っても、正当に評価されないと感じるからです。

 

そのためにリーダーは、”最後は全て責任を負う”と覚悟を決めることです。任せることは、放ったらかしにすることではありません。

 

リーダーができないことは、メンバーに任せ、ミスやできないことがわかった時は、しっかりとサポートし、成功も失敗もすべてを受け入ることなんです。 

 

年齢が問題なのではありません。能力やスキルが重要なのではありません。

 

期待をすれば、人はそれに応えようと努力します。彼らは持つ能力を最大限に、いや、それ以上を引き出そうとします。『やってもいないことに責任を負わされるなんて嫌だ』と思うなら、リーダーはやめたほうがいいでしょう。あなたはリーダーに向いていません。

 

やることはやる。やらないことはやらない。しかし、すべて責任はこのわしが背負う

 

これは、第6465代内閣総理大臣の田中角栄氏が、1962年に、2次池田内閣の大蔵大臣に就任したときに、大蔵官僚を前に挨拶した言葉です。

 

この一言で、中卒だった田中角栄氏は、高学歴の官僚たちの心を掴みました。リーダーとはこうあるべきなんです。

まとめ

今回は、全責任を取る覚悟を持つ”をテーマに、

 

リーダーができることには限界がある
・メンバーとの信頼関係を作る
・最後はリーダーが全て責任を負う

 

を解説しました。

 

今回の話をまとめると、リーダーができることには限界があります。一人で抱え込んではいけません。元気でエネルギーあふれる社員を選出し、彼らと信頼関係を構築しましょう。驚くほど物事が進むようになります。

 

そして最後は、リーダーが全て責任を負う覚悟を決めることで、チームは一丸となることができます。

 

これで最強のリーダーシップを得ることができます。前回、前々回の記事内容と組み合わせれば、上場準備は遅れることなく、スムーズに進められ、間違いなく上場できるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。いかがだったでしょうか。ご質問やお問い合わせは、合同会社 くれぁ・ふぉせったのホームページからご連絡ください!

 

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業  :経営コンサルタント

業務内容:資金調達、上場準備、社外CFO、その他経営コンサル

活動地域:大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーーーーーーー

上場を目指す経営者だけのオンラインサロン

このサロンでは、誰も教えてくれない資金調達/上場準備の実際や、VC・金融機関に聞けない、ここだけの話ができる場所です!

上場を目指す経営者たちだけが集い、お互いを切磋琢磨し、協力しあい、上場を目指します。 月1回の、メンバー交流会、勉強会や講演会、無料相談などが受けられます。

▷Umemy(オンライン講座)

このオンライン講座では、上場(IPO)の基礎・上場準備スケジュール・上場準備におけるリーダーシップ・事業計画の作り方など、上場準備に関する様々な知識を体系的に学べます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷LinkedIn  ”丹田久嗣”

 

▷Twitter ”ひさつぐ@”

 

 

▷Facebook ”丹田久嗣”

 

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です