【上場準備】リーダーシップの取り方1/3

私は、上場準備責任者に就任した時、不安でしかたありませんでした。なぜなら私は、銀行や監査法人の出身でもなければ、過去の職歴でも、経理や財務の経験がありませんでしたし、大学では化学を専攻し、就職先では、20年間技術者として勤務していたからです。

 

ある日、ある起業家に誘われ、ベンチャー企業の創業に参画し、“適切な人材がいないから”という理由で、資金調達を担当。さらには、上場準備責任者をする羽目になりました。

 

そんな私が、経験ゼロの状態から、どのようにして、上場準備を進めていったのか?平たく言うと、『やらざるを得なかったから』ですが、たくさんの失敗と挫折を繰り返しながら、そんな中で、気づいたポイントが3つあります。

今回はまず、その一つ目として、”本気になれ!”をテーマに、

 

誰でも上場準備責任者は務まる
リーダーは本気であれ!
本気スイッチを入れる

 

について解説をしていきます。

 

これらを理解することで、上場準備責任者において、まず初めに大事なことが、本気になることだということがわかります。

これであなたは、立派な上場準備責任者として、スタートが切れるでしょう。

誰でも上場準備責任者は務まる

『ご経験はあるのですか?』『会計士等の資格をお持ちなんですか?』上場準備責任者をしていると、ほぼ100%聞かれます。

 

そして、『いいえ。経験はありません』と答えると、馬鹿にするような目で、顔を覗き込まれます。

 

あなたは、

 

・銀行や監査法人の出身でもない
・経理や財務の経験がない
・上場経験もない
・上場企業にも勤めたことのない

 

人間が、上場準備責任者という大役を務めることができると思いますか?

 

答えは、『はい。務まります』です。

 

私は、大学で化学を専攻し、就職先では20年間技術者として勤務し、長年、“上場”とは程遠い場所にいました。

 

ある日、ある起業家に誘われ、ベンチャー企業の創業に参画し、“適切な人材がいないから”という理由で、資金調達を担当し、さらには、上場準備責任者になりました。

 

それから数年後、上場こそ果たせませんでした(倒産したため)が、主幹事証券会社が行う引受検査ができるところまで、上場準備を仕上げることができました。

 

もちろん、経験ゼロからのスタートでしたから、順風満帆にはいきませんでしたが、失敗と挫折を繰り返しながらも、スケジュール通りに進めることができました。

 

もう一度言います。上場準備責任者は、経験がなくても務まります』

リーダーは本気であれ!

誰でも未経験なことに対しては、恐れを抱きます。何が起こるかわからない、危険かもしれないことに対して、人間は、警戒するようにできています。

 

当然の反応です。

 

しかし、恐れて踏み出さなければ、前には進めません。前に進まなければ、成功に到達できません。恐怖を跳ね退け、チャレンジした者だけが、成功するチャンスを得られるんです。『言われたからやってみた』では、うまくいきません。

 

他人から、『無理に決まっている』『諦めろ』と言われて、おじけてしまうようなら、間違いなく失敗します。

 

経験者であっても、本気でなれければつまずきます。本気になれないのなら、やめておいたほうがいいです。安請け合いをしてはいけません。

 

経験者であるか未経験者であるかが問題なのではなく、本気で取り組めるかどうかが重要なんです。

 

『素人だからってなんだ?やってやろうじゃないか!』『馬鹿にした奴らの鼻を明かしてやればいい!』

 

リーダーが一番初めにやるべきことは、本気になることなんです。

本気スイッチを入れる

知識のないことは、これからどんなことが起こるのか?どのようにすればいいのか?何から手をつけたらいいのか?わかりません。とりあえず流されるままに、進めていってもモヤモヤします。

 

初めはそれでも構いません。

 

大事なのは、モヤモヤしてても、とにかく前に進むことと、そして、将来を妄想することです。

 

リアルに妄想する方法の一つとしては、東京証券取引所を見学するといいでしょう。見学はいつでも自由にできます(案内付きは10名以上で予約必要)から、何度もいくといいでしょう。

 

新調したスーツを身に纏い、ステージの上に立っている姿。あなたが、上場の鐘を打っています。歓声と拍手が湧き上がり、『おめでとう!』『ありがとうございます!』仲間や関係者たちと、握手を交わしています。

 

妄想がどんどんと広がっていき、いま実際に目の前に起こっている出来事のように感じます。アドレナリンが湧き出がり、胸が熱くなってきます。あなたの本気スイッチが入ります。

まとめ

今回は”本気になれ!”をテーマに、

 

誰でも上場準備責任者は務まる
リーダーは本気であれ!
本気スイッチを入れる

 

について解説しました。

 

今回の話をまとめると、経験者であるか未経験者であるかが問題なのではなく、本気で取り組めるかどうかが重要なんだということ、そして本気になるために、リアルなイメージを持つことが大事であることを話しました。

 

これであなたは、立派な上場準備責任者として、スタートが切れるでしょう。

 

そしてあなたが決して、この本気を忘れなければ、必ず上場は、勝ち取れるに違いありません。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。いかがだったでしょうか。ご質問やお問い合わせは、合同会社 くれぁ・ふぉせったのホームページからご連絡ください!

 

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業  :経営コンサルタント

業務内容:資金調達、上場準備、社外CFO、その他経営コンサル

活動地域:大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーーーーーーー

上場を目指す経営者だけのオンラインサロン

このサロンでは、誰も教えてくれない資金調達/上場準備の実際や、VC・金融機関に聞けない、ここだけの話ができる場所です!

上場を目指す経営者たちだけが集い、お互いを切磋琢磨し、協力しあい、上場を目指します。 月1回の、メンバー交流会、勉強会や講演会、無料相談などが受けられます。

▷Umemy(オンライン講座)

このオンライン講座では、上場(IPO)の基礎・上場準備スケジュール・上場準備におけるリーダーシップ・事業計画の作り方など、上場準備に関する様々な知識を体系的に学べます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷LinkedIn  ”丹田久嗣”

 

▷Twitter ”ひさつぐ@”

 

 

▷Facebook ”丹田久嗣”

 

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

Follow me!

【上場準備】リーダーシップの取り方1/3” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です