【できる経営者】優れた経営者は”掲げた目標にこだわらない”

優れた経営者は”掲げた目標にこだわらない”

『売上目標○○億円』
『××年に東証マザーズに上場する』

高い目標を掲げてそれに向けて、
頑張ることは
素晴らしいことです。

目標があるからこそ、
全従業員が一丸となれるのも事実です。

ですから、
目標は掲げるべきです。

しかし、

ビジネスは不確実な要素が
いっぱいあります。

・商品クレーム
・開発の大幅な遅れ

など、

想定してなかったことをきっかけに、
一気に悪い流れになることがあります。

坂道を転がり始めたボールは
なかなか止めれません。

主要な従業員の転職が加速し、

社内体制は弱体化し、
統制が取れなくなり、

不正やルール違反が
頻発するようになります。

従業員のやる気が落ちていき、
業績もどんどん悪化していきます。

そんな状態を
早くリカバリーができたら、

再び全従業員が一丸となれ、
社内が活性化し、

社内のコミュニケーションが増え、
不正やルール違反も起こらなくなります。

業績もどんどん良くなります。

だったら悪い流れは早く
断ち切りたいですよね。

社内環境を悪くする原因は
なんなのでしょうか?

どうすればいいのでしょうか?

もしかしたらその原因は、
掲げだ目標にあるのかもしれません。

今回は、

優れた経営者は
”掲げた目標にこだわらない”

ということにについて話をします。

掲げた目標が社内環境を悪化させている
原因かもしれないと感じている

経営者はぜひ、
この記事を読んでください。

最後まで読んだら、

社内の悪くなった流れを
止めることができます

そしてあたらめて、

全従業員とのベクトルを合わせ、
前進していくことができます。

https://amadahisatsugu.com/jibunbi

https://amadahisatsugu.com/tassei

目標は絶対に変えてはいけない?

『目標は絶対に変えてはいけない』
『諦めないことこそが大事なんだ』

と強く想う
経営者も多いことと思います。

ある側面では、
それは正しいと思います。

高い目標を掲げて、
それに向けて頑張ることで、

全従業員が一丸となれるのも
事実だからです。

経営者が夢を語り、
それに賛同して、

従業員が目を輝かせている。
素晴らしい光景です。

しかし一転して、

その掲げた目標に
疑問を感じ始め、

経営者自らも
自信を失いつつあるにも関わらず、

目標に固執していることは、

・その経営者にとって
・会社にとって
・従業員にとって

不幸の何ものでもありません。

ですから、

目標は絶対に変えてはいけない』
のではなく、

んな状態になったら、

『目標は絶対に変える』べき
なのです。

目標を再評価する

ほとんどの経営者は、

ビジョン(将来のあり姿)
を掲げていると思います。

そして、

そのビジョンは
抽象的な場合が多く、

目標はそのビジョンを目指すための
一つの指標だと思います。

ですから、

目標は必要がなければ
変えないほうがいいのです。

それを理解した上で、

今の社内環境悪化の一因が
”目標”であるかどうかを

しっかりと
判断する必要があります。

元の原因は、

商品クレームや開発の大幅な遅れ
だったかもしれません。

その原因を解消するために
全従業員が努力したに違いありません。

そして、
その原因の対策に目処がつき、

改めて目標を見たときに、
現状とのギャップに違和感を覚える。

『目標達成は無理だ』

リカバリーできるかもしれません。

違う方法で、
目標達成が可能かもしれません。

それを模索することは、
間違いではありません。

新しい方法が見つかって、
従業員に示すことができたら、

この事態は収束するでしょう。

しかしそうではなく、

精神論でしかなくなった場合は
危険です。

その時は迷わず、
目標を変えることを考えましょう。

目標はビジョンを達成するための
1つの手段です。

その目標を達成すれば、
終わりですか?

そうではないはずです。
あなたにはビジョンがあります。

ビジョンを実現するためには、
他に方法はないのでしょうか?

おそらくいくつでもあるはずです。
ですから目標は変えてもいいのです。

 

目標の変更は”負け”か?

目標の変更するという判断は、
辛さと苦しみを伴います。

社内外に多くの軋轢も生みます。
恨みを買ってしまうかもしれません。

そういう感情が、
経営者の判断を鈍らせてしまいます。

しかし、
判断を遅らせるほど、

周りに迷惑をかけることを
理解しなればいけません。

決断には相当な勇気が必要です。

”三十六計逃げるに如かず”
いうことわざがあります。

多くのはかりごとのうち、
迷ったときには機をみて身を引き、

後日再挙を期すのが最上の策である』
とする教えです。

ソフトバンク会長の孫正義さんや
マイクロソフト創業者のビルゲイツが

影響受けているという
”孫子の兵法”においても

『勝算なければ戦わない』
と書かれています。

目標を変更したところで
負けが決まったわけではありません。

あなたの目指すところは
ビジョン…

もっと先にあるんですから。

体制を整えて改めて
戦いに挑めばいいんです。

最後に勝つためには
”いまは退く”もありです。

まとめ

今回は、

優れた経営者は
”掲げた目標にこだわらない”

ということにについて話をしました。

・目標は絶対に変えてはいけない?
・目標を再評価する
・目標の変更は”負け”か?

どうしようもなくなったら、
目標は変更していいんです。

そうしたら、

社内の悪くなった流れを
止めることができ、

あたらめて、

全従業員とのベクトルを合わせ
前進していくことができます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

【できる経営者】優れた経営者は”掲げた目標にこだわらない”” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。