【会社経営】スマートに会社経営するには○○すればいい

スマートに会社経営するには○○すればいい

会社経営していると、
日々たくさんの課題が出てきます。

問題を解決しても次から次へと、
新しく問題が発生します。

それらすべてを
対処しようとすると、

膨大な業務量になります。
残業や休日出勤も増えてきます。

こんなことが続くと、
優秀な従業員から離れていきます。

残った従業員には、
さらに負荷がかかり疲弊していき、

挙句は”ブラック企業”と、
言われるようになります。

『やることがいっぱいで…』
『どうしたらいいかわからない』

頭を抱えている
経営者の方も多いと思います。

ホワイト企業で言われるように、

適度な残業や休日出勤であれば、
従業員も元気で明るく仕事ができます。

そうすると、

業務効率もよくなり、
業績にもいい影響を及ぼします。

一体何が違うのでしょうか。

『そんな会社は資金があって、
十分な社員を抱えてるからできるんだ』

と、思われるでしょうか?

それは勘違いです。

どんな会社も
課題を抱えています。

課題がない会社は
存在しません。

そんな中でも
うまく対処しているんです。

『いい方法があれば教えて欲しい』

あなたは
そう思うに違いありません。

今回は

スマートに会社経営するには
○○すればいい

ということについて解説します。

課題解決に翻弄して
膨大な業務量に埋れ返っている、

会社の経営者は、
この記事を読んでください。

最後まで読んでもらえたら、

どうすれば、

過負荷状態から
抜け出するかがわかり、

スマートな会社経営が
できるようになります。

やらないことを決める

仕事が忙しすぎるのは、

何もかも全部
やろうとしているからです。

時間は1日、
24時間しかありません。

限りがあります。

やることが多ければ、

仕事以外の何かの時間を
削るしかありません。

・余暇の時間
・家族との時間
・睡眠時間

人が健康に暮らしていくのに、
必要な時間まで削ることになったら、

健康を害することになります。

健康でいられるために
それらの時間を守ろうとしたら、

仕事の時間を
減らすしかありません。

しかし、
仕事は溢れるほどあります。

だけど、

人員補充は十分でなかったり、
追いついていなかったり。

どうすればいいんでしょうか。

答えは簡単です。

それは、
”やらないことを決める”ことです。

そうすれば、

仕事の量が減りますから
時間に追われることはなくなります。

https://amadahisatsugu.com/dansyari

なぜやらないことを決めるといいのか?

『やることリストを作れ』
とよく言います。

間違ってはいませんが、

それだけだと
ストレスになるだけです。

リストに挙がったものを
すべてやらなかったら、

”損をする”とか
”問題が起きる”のでは

いう不安が働くからです。

人間は不安や恐怖から
逃れたいと感じます。

これらを
避けようと努力します。

実際に、

ストレス感情を煽って
購買意欲につなげるというのは、

最近のコピーライティングでも
よく使われているほどです。

”やることリスト”を作るのは、
悪いことではありませんが、

”すべてやるリスト”
になってしまうんです。

では、

『優先順位を決める』
のはどうでしょう。

・やることリストを作って
・優先順位をつける

これも
間違いではありませんが、

やる順番を決めているだけで、
やること”の量は減っていません。

優先順位を決めるだけでは、
不十分なんです。

ですから、

”やらないことを決める”
必要があるんです。

・やることリストを作り
・優先順位をつけて
・やらないことを決める

こうすることによって、

やることが絞られて、
気持ちが楽になって、

やるべきことに集中
できるようになります。

また、

やることが絞られると、
次のような効果が得られます。

・残業や休日出勤が減る
・従業員の健康維持ができる

・働きやすい職場環境となる
・業務効率がアップする

・経費削減ができる
・仕事のクオリティを高められる

アップルの創業者である
スティーブ・ジョブズはよく、

何をしないかを決めることは、何をするのかを決めるのと同じくらい大事なことだ

と語っていたと言います。

また彼は、
グーグル創業者のラリー・ペイジにも

やらないことを決める。それが経営だ

とアドバイスしたと言います。

彼らが
大成功したことからわかるように、

”やらないことを決める”ことが
いかに大事かがわかると思います。

優先順4位以下は捨てていい

では、

どんなものをやらないと
決めたらいいのでしょうか?

『基準がないと捨てれないよ』

ケースバイケースだと思います。

1つに絞り込んだ方が
いい場合があります。

例えば、

『ゴールを設定したら
それ以外の選択肢はすべて捨てる』

『顧客ターゲットを絞り込んだから
そのターゲットに集中せよ』

など、

課題が大きく抽象度の高いものは、
1つに絞り込んだ方がいいでしょう。

また一方、

課題が具体的であったり、
複雑に絡み合っていたりする場合、

例えば、
トラブル対策のような場合は、

”優先順4位以下は捨てる”
というものがいいと思います。

なぜ優先順4位以下を捨てるか?
というと、

これは
私の主観でもあるのですが、

・集中することで効率的に効果が得られる
・対策していると4位以下の対策も
できていることがある

からです。

またさらに

対策検証時に再度順位付けして
PDCAを回すことで、

改善がどんどん
加速的に進んでいきます。

ちなみに
優先順位を決めるときは、

緊急度と重要度のマトリクスで
分けると判断しやすくなります。

①緊急かつ重要
②緊急だが重要ではない
③緊急ではないが重要
④緊急でも重要でもない

判断することに慣れていないと、
時間がかかることもあるでしょう。

少しづつ慣れていけば、
判断スピードは上がります。

リストアップしたすべてを
順位付けする必要はなく、

上位3位まで
選べればいいですし、

迷ったら直感を信じて
決めればいいと思います。

まとめ

今回は、

スマートに会社経営するには
○○すればいい

ということについて解説しました。

・やらないことを決める
・なぜやらないことを決めるといいのか?
・優先順4位以下は捨てればいい

どうすれば、

忙しい状態から抜け出せるか
がわかったと思います。

これであなたの会社も
スマートな会社になれます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

【会社経営】スマートに会社経営するには○○すればいい” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。