【できる経営者】社長。不安ですか?その不安の正体を暴きます!

社長。不安ですか?その不安の正体を暴きます!

経営者は孤独です。

誰にも相談することができず、
1人で悩み苦しんでたりします。

その辛さは従業員にはわかりません。

『経営者なんだから当然だ!』
と思われがちかもしれませんが、

経営者だって人間です。

迷います。
不安になります。

誰かに『助けてほしい』と、
思うことがあります。

どんなに修羅場をくぐってきた
百戦錬磨の経営者であってもです。

ときどき襲いかかってくる不安。
不安を感じると判断力が落ちます。

迷います。
一歩を踏み出すタイミングが遅れます。

世間は目まぐるしく動いています。
激しく変化しています。

ライバルに少し遅れただけで、
負けてしまうことだってあるんです。

足踏みするわけにはいきません。

次から次への湧き出てくる
不安をはねのけ、

俊敏にかつ的確に判断ができれば、
ライバルに差をつけることができます。

ですが、

なかなかそうはいかないんです。
どうしてでしょうか?

どのようにすれば、

湧き出てきた不安から
解放されることができるのでしょうか?

今回は、

社長。不安ですか?
その不安の正体を暴きます

をテーマに話をします。

不安や心配が気になって、
前に進めないと思っている経営者の方は、

是非、
この記事を読んでください。

最後まで読んでいただくと、
不安がどこから来るのか?

そして、
どうのようにすれば、

不安から解放されることが
できる
かわかります。

これらがわかると、

あなたは、
不安や心配な気持ちになったとしても、

すぐに解放され、
俊敏にかつ的確に判断ができ、

ライバルに差をつけ、
優れたビジネスを続けられ
ます。

今回の結論

今回の結論ですが、

まず、
完璧じゃなくてもいいと知ることです。

いくら考えてもわからない
にもかかわらず、

完璧を目指すから、
不安を感じているんです。

そしてあなたが、
優れたビジネス、

すなわち、
より息の長いビジネスを目指すなら、

心がけるべきことは4つ。

世の中の流れを見続ける
・ピンチが来ても動じない
・選択と集中で難局を乗り越える
・成功するまで諦めない

です。

あなたが不安や
心配な気持ちなったとしても、

すぐに解放され、

俊敏にかつ的確に
判断ができるようになるはずです。

完璧じゃなくてもいいと知る

『この商品/サービスは売れるのか?』
『このやり方で本当にいいのか?』

ビジネスでは、
いろいろな不安がつきまといます。

しかし、

いくら経験豊富でも、
予想を大きく外す時があります。

結局のところ、

お客さんに問わないと、
わからないんです。

完璧なんてあり得ません。

いくら考えても
わからないにもかかわらず、

完璧を目指して、
不安を感じているんです。

わからないことに
不安を感じるのは、

人間の本能に組み込まれた
当然の感情です。

なぜなら、
生き残っていくためには、

敵や危険から
身を守る必要があったからです。

しかしそれは、
命や種の存続をも脅かす事態の話です。

ビジネスは、
何度失敗してもやり直せます。

いくら商品/サービスが
売れなかったとしても、

命を取られるわけではありません。

ですから、

このような不安を
恐れる必要はないんです。

完璧じゃなくてもいいんです。

心がけるべき4つのこと

ビジネスにおいては、

”完璧じゃなくてもいい”
とわかることが重要です。

iphoneのように、

完璧じゃなく、
不完全なものでも、

早く世の中に投入することによって、
社会にとって価値あるものもあります。

初期のiphoneは、
酷かったですよね。

でもそれ以降、

携帯電話に対する考え方が
大きく変わりましたよね。

ですが、

”なんでもいい”
という訳ではありません。

iphoneのようにいかないにしても、

あなたが優れたビジネス、

すなわち、
より息の長いビジネスを目指すなら、

必ず抑えておくべきことがあります。

世の中の流れを見続ける

商品/サービスが売れるかどうかは、
お客さん
が決めます。

商品/サービスの品質の
良し悪しではなく、

世の中の流れに
マッチしているかどうかで、

決まるんです。

世間はすごい勢いで動いています。

流れにうまく乗れたと思っても、
すぐに置いていかれます。

五感を研ぎ澄ませ、
世間の流れを見続けましょう。

常に世の中の流れを意識し、

商品/サービス
変化させ続けることが大事です。

https://amadahisatsugu.com/bakuure

ピンチが来ても動じない

存続している会社の多くは、

幾度となく訪れた危機を、
乗り越えています。

ピンチの時にこそ、
経営者の力が問われます。

強い会社の経営者は 、
泣き喚いて逃げたりしません。

絶望からいち早く立ち上がり、
最大限の努力をする者であり、

絶望の社員たちを勇気づけます。

https://amadahisatsugu.com/eizoku

https://amadahisatsugu.com/eizok2

選択と集中で難局を乗り越える

優れたリーダーは、
課題を解決するために、

挙がったリストの全てを
やろうとしてはいけません。

リストのうちの多くは、
課題の主要因ではなかったりします。

上位3つ以外は、
捨てるのがいいでしょう。

『選択と集中をして徹底的に問題を潰す』

そうすれば、
多くの課題は最短で解決できるはずです。

https://amadahisatsugu.com/smart

成功するまで諦めない

諦めなかったら、
失敗はありません。

なぜなら、

成功するまで、
やり続けるからです。

サラリーマンは上司に、『
諦めろ』と言われたら、

それに従うしかありませんが、
経営者は違います。

『諦めない』

と決めることができるんです。

それは経営者にしか
できない特権なんです。

https://amadahisatsugu.com/saikyou

まとめ

今回は、

社長。不安ですか?
その不安の正体を暴きます

をテーマに話をしました。

今回の結論は、

まず、
完璧じゃなくてもいいと知ることです。

そしてあなたが、
優れたビジネス、

すなわち、
より息の長いビジネスを目指すなら、

心がけるべきことが4つ。

世の中の流れを見続ける
・ピンチが来ても動じない
・選択と集中で難局を乗り越える
・成功するまで諦めない

です。

不安がどこから来るのか?

そして、
どうのようにすれば、

不安から解放されることが
できるか
がわかったと思います。

これであなたは、
不安や心配な気持ちなったとしても、

すぐに解放され、
俊敏にかつ的確に判断ができ、

ライバルに差をつけ、
優れたビジネスを続けることができ
ます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です