【できる経営者】質の良いビジネスをするために必要なたった一つのこと

質の良いビジネスをするために必要なたった一つのこと

ビジネスは、

人との関わり方で、
大きくその質が変わります。

すぐ嘘をつく人や
いい加減な言い訳をする人と、

一緒に、
仕事をしたくありません。

騙して奪い取ったビジネスは、
長続きしません。

あなたが誰かを騙せば、
あなたは必ず誰かに騙されます。

そのようなビジネスは、
質の悪いビジネスです。

一方、

質の良いビジネスとは、
お客さんが心から商品に満足し、

取引先等と協力し合う関係にあり、
会社も多くを売上げる。

お客さんと取引先と会社の全てが喜ぶ、
”三方よし”のビジネスのことです。

このようなビジネスをしていると、
人が集まってきます。

集まってきた人たちと、
長くいい関係を築くことができます。

そうすると、
ビジネスも伸ばすことができます。

自社に利益が得られなければ、
会社は経営できません。

会社は慈善事業では、
やっていけません。

自社の利益を考えてしまうのは、
仕方のないことです。

自社の利益を
優先する考え方が行き過ぎると、

”三方よし”の考え方が崩れ、
質の悪いビジネスになってしまいます。

しかし、

『質の良いビジネスをする』

言うのは簡単ですが、

いざやってみようとすると、
実際は非常に難しいんです。

何かいい方法があるのでしょうか?

どうすれば、

質の良いビジネスを
し続けることができるのでしょうか?

今回は、

質の良いビジネスをするために
必要なたった一つのこと

をテーマに話をします。

経営者の方は、
この記事を読んでください。

この記事を最後まで読めば、

質の良いビジネスをするための
考え方がわかります。

これらがわかると、

お客さんに喜ばれ、
取引先にも喜ばれ、

あなたの会社の商品は、
売れ続けるようになります。

そして、
あなたの会社の売上はアップします。

今回の結論

今回の結論ですが、

質の良いビジネスをするために、
必要なたった一つのことは、

”相手を大切に想うこと”

これを経営者であるあなたの信念として、
心にしっかりと落とし込むことです。

信念に落とし込めると、
あなたの行動や言動が変わります。

あなたが変われば社員が変わります。
社員が変われば会社が変わります。

それはお客さんや取引先に伝わり、
お客さんや取引先との関係が変わります。

大事なのは相手を大切に想うこと

こちらから何も与えずに、
もらう事を考えてはいけません。

求めるばかりでいると、
相手はどんどん離れていきます。

『愛して欲しい』
と強く想うほど相手は逃げていく。

経験したことや聞いたことが
あるのではないでしょうか?

ところで、
あなたが一番大切に想う人は誰ですか?

・両親
・パートナー
・子供
・親友

etc.
いろいろあると思います。

あなたは相手を想う時、
どのように考えていますか?

自分のことより、

相手の気持ちを優先して、
考えているのではないでしょうか?

まず自分から、

相手に愛情を
注いでいるのではないでしょうか?

相手を大切に想うと、

相手は、
”自分のことを大切にしてくれている”

と感じます。

受け取った愛情を
返したいと思うようになります。

ビジネスも同じです。

・お客さんの気持ちになって考える
・取引先の立場になって考える

そして、
・まずこちらから相手に与える

そうすると、
相手も同じように、

あなたのことを
考えるようになります。

受けた気持ちを
返そうとしてくれます。

信念に落とし込む

”信念”とは、

行動の基礎となる態度にぶれなく、
一貫性がある想いです。

信念は、

それまでの体験を通じて心に浸透し、
信念が形成されていきます。

人間は弱い生き物です。

よくないことが起きると、
意思を曲げてしまいます。

すぐに誘惑に負けてしまいます。

目先の利益に惑わされてはいけません。

質の悪いビジネスに
目がくらんではいけません。

そうならないためにも、

相手を大切に想うこと”を
信念に落とし込んでおくんです。

信念に落とし込むためには、
視線を足元に向けてはいけません。

未来の会社の姿、

取引先やお客さんとの
素晴らしい関係を想像するんです。

それに向かっていくために、

今あなたがやるべきことは、
相手を大切に想うこと”なんです。

何かをするときには、
必ず視点がずれていないか確認しましょう。

何度も繰り返し、
確認していくことで、

信念に落とし込まれていくんです。

行動や言動が変わる

相手を大切に想うこと”が
信念に落とし込まれると、

あなたの行動や言動が変わります。

あなたが変われば、
社員は変わります。

もしあなたの意に反する社員がいたら、
厳しく指導をしてください。

それでも変わらない社員は、

あなたの会社にいるべき
人ではありません。

毅然とした態度で、
社員に接してください。

社員が変われば、
会社が変わります。

お客さんや取引先に伝わり、
お客さんや取引先との関係が変わります。

ウソをつかなくなる

ウソはバレます。

すぐにバレなくても、
最終的にはバレて、

信用を失って
しまうことになります。

ウソをつかず、

自分が本当に良いと、
思っていることによってすることで、

相手から信用を得ることができます。

約束を守るようになる

約束を守らないと、
信用を失います。

信用を失うと、
良い仕事が回ってきません。

約束を守るということは、
大切なことです。

約束したならば、
その約束を守りきる!

仕事がデキる人ほど、
地位が高い方ほど、

小さな約束でも
大切にしています。

約束を守ることで信用が生まれ、
人間関係が築き上げられていくのです。

感謝するようになる

いろんな人が関わり、
ビジネスが完成されます。

規模が大きければ大きいほど、
関わる人が多くなります。

感謝を忘れた人に協力者は現れません。

ビジネスに関わった全ての人に感謝をし、
その気持ちを相手に伝えることができれば、

またその相手は、
協力してくれるようになります。

礼を尽くすようになる

年下だからと言う理由で、
横柄に対応していると、

もうその人からは、
協力してもらえないでしょう。

礼がきっちりとできない人に、
大きな仕事はできません。

ビジネスに、
相手の年齢や立場は関係ありません。

失礼のないように、
礼を尽くことが必要です。

『礼に始まり礼に終わる』
という武士道の精神にあるように、

他人を尊重するからこそ、
ビジネスが円滑に進んでいきます。

思いやりが持てるようになる

思いやりがない人に、
人は集まってきません。

・相手を敬う
・相手に好感を持つ
・相手の気持ちを察す

人を思いやる気持ちに溢れている人は、
相手との間に信頼関係が生まれます。

多くの人に好かれ、
たくさんの人が集まってきます。

他人に手を差し伸べられるようになる

困っている人を
助けることができない人は、

誰からも
助けてもらえません。

困っている人に手を差し伸べると、
自分が困っているときに助けてもらえます。

お互いに助け合う関係ができると、

できなかったことが
できるようにもなります。

まとめ

今回は、

質の良いビジネスをするために、
必要なたった一つのこと

をテーマに話をしました。

今回の結論は、

質の良いビジネスをするために、
必要なたった一つのことは、

”相手を大切に想うこと”

これを経営者であるあなたの信念として、
心にしっかりと落とし込むことです。

質の良いビジネスをするための
考え方がわかったでしょう。

これであなたの会社は、
お客さんに喜ばれ、

取引先にも喜ばれ、
商品は売れ続けるようになります。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

【できる経営者】質の良いビジネスをするために必要なたった一つのこと” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です