【売れる商品】商品を爆売れさせるための基本とは?

商品を爆売れさせるための基本とは?

商品が売れないと、
売上が上がりません。

売上が上がらなければ、
会社経営は続けられません。

しかし、
『商品がなかなか売れない』

と頭を抱えている経営者も
多いのではないでしょうか。

広告を打ったり、
イベントやったり、

キャンペーンやったりして、
一時的に売上が伸びるものの、

すぐに落ちていませんか?

『商品には自信がある。
でも売れ続けない』

もしかすると、
商品情報が、

お客さんに届いていない
のかもしれません。

お客さんに商品の良さが、
伝わっていないのかもしれません。

商品さえ売れれば、

売上が伸び利益も出て、
当社の経営も軌道に乗り、

苦労をかけた従業員にも、
報いることができます。

どうして、

商品は売れ続けないのでしょうか?
どうすればいいのでしょうか?

https://amadahisatsugu.com/ureru

今回は

商品を爆売れさせるための基本とは?”
をテーマに話をします。

いい商品を作ったけど、
売れ続けない

と悩んでいる経営者の方は、
この記事を読んでください。

この記事を最後まで読めば、
商品を売るための基本がわかります。

これらがわかると、

宣伝や広告方法の見直しができ、
売れ続けるようになります。

そして、
あなたの会社の売上はアップします。

今回の結論

今回の結論ですが、

商品情報は、
まだお客さんに届いていません。

なぜなら、

広告宣伝を効率よく
できていないからです。

効率よく広告宣伝をするためには、

”誰に届けるのか?”
お客さんを徹底的に絞り、

そのお客さんのハートを掴む
効果的な情報を提供し、

お客さんを巻き込むことです。

やみくもに、

広告宣伝を打つのは、
砂漠に水を撒くようなものです。

ふらっと海に行って、
竿や糸や針を選定せず餌もつけずに、

魚釣りをするようなものです。
釣れるわけがありません。

鯛を釣りたいなら、
鯛がいそうな場所に行って、

鯛用の竿と糸と針と餌を用意して、
釣りをするんです。

商品情報はまだお客に届いてない

ホームページや
ツイッターなどのSNSや

新聞・雑誌広告、イベントや
キャンペーンなど、

いろいろやっていて、
『十分すぎるほどだ』

と思っているのは、
あなただけです。

ほとんどの人は、
商品情報を目にしていません。

目にしたとしても、
覚えていません。

あなたの会社や商品情報は、
自分が思っている以上に、

お客さんに届いていないのです。

お客さんに商品を
認知していただけなければ、

買ってもらえません。

まず認知して
もらうことが大事です。

認知されていないのは、

これまでやってきた広告宣伝が、
効果的にできていないからです。

広告宣伝を効果的に行うためには、

・どこに
・どれだけの頻度で
・どのように

投下するかです。

誰に届けるのか?

波が穏やかな砂浜近くの海岸で、
鯛は釣れません。

鯛を釣るためには、
岩場の波の荒いところに行くでしょう。

何を釣りたいかをまず決めないと、
釣り場が決められません。

同じように、

効果的な広告宣伝をするためには、

お客さんは絞れるだけ(究極は一人に)
絞ることが重要なんです。

お客さんを絞り込むと、
その人が

・何が好きで
・どこに買い物を行き
・どのように生活をしている

かがわかります。

その人が行く場所に、
その人が好むような形で、

広告宣伝をすれば、

その人に商品情報が届く
可能性が断然に上がります。

お客さんのハートを掴む

餌をつけないで釣りをしても、
鯛どころか何も釣れません。

好みでない餌を垂らしても、
鯛は寄ってきません。

絞りすぎると、

お客さんの数が
少なくなると思いがちですが、

絞らないとポイントがボケて、
誰の心にも響かなくなるんです。

またお客さんは、
自分にメリットがないと共感しません。

共感しないと、
その商品に興味を示しません。

興味を示さなければ、
買ってもらえません。

まずは、
商品に興味を持ってもらうためには、

お客さんにとって、
メリットとなることを、

明確にかつわかりやすく、
伝えることが重要です。

お客さんを絞り、
メリットを明確にすると、

『あっ、これ私だ』となり、
お客さんは心を開くんです。

お客さんを巻き込む

広告宣伝費は莫大なものになります。

特に中小企業において、

広告宣伝にかける費用には、
限界があります。

そんな時は、

『お客さんと一緒に商品を作り上げる』
という考え方も必要です。

例えば、
食べログのように、

ユーザーが投稿した口コミや
写真を元に情報を提供し、

さらに検索結果もランキング順にして、
ユーザーに提示しています

熱狂的なファンを作り、
そのファンの力を借りることができれば、

お金や時間かけず、

大きくビシネスを
成長させることができます。

まとめ

今回は、

商品を爆売れさせるための基本とは?”
をテーマに話をしました。

今回の結論は、

商品情報はまだ
お客さんに届いておらず、

効率よく広告宣伝をするためには、

”誰に届けるのか?”
お客さんを徹底的に絞り、

そのお客さんのハートを掴む
効果的な情報を提供し、

お客さんを巻き込むことです。

これであなたの会社は、

宣伝や広告方法の見直しができ、
売れ続けるようになります。

そして、
会社の売上はアップします。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

【売れる商品】商品を爆売れさせるための基本とは?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です