【できる経営者】経営者として必要なたった一つのこと

経営者として必要なたった一つのこと

日本の企業は386万社あります。
(平成28年総務省統計局データ)

http://www.stat.go.jp/data/nihon/07.html

さらにそのうちで、

上場している会社は、
2019年末で3,706社です(東証データ)。

https://www.jpx.co.jp/listing/co/tvdivq0000004xgb-att/tvdivq0000017jt9.pdf

すなわち、

上場企業は、
全企業数の0.1%にすぎません。

社長の数に置き換えると、
日本の総人口の0.003%です。

言い換えると、
上場企業の社長は、

3万人に1人しかいない、
非常にまれな存在です。

テレビに出てくる社長は、
さらにその中でも特別な人。

そんな方々と比べて、

『私は経営者としてダメだ』
と思ってしまうのは、

早合点すぎます。

また、

創業して10年以内に倒産する割合は、
90%を超えているんだそうです。

こんなデータをみて、

経営者としての自信が持てない』
と感じるかもしれません。

しかし、
見方を変えれば、

10%の会社は、
継続できているということです。

このような心配や不安を払拭し、
前向きに捉えることができたら、

経営者はエネルギッシュに、
事業を進めることができます。

経営者が明るくなれば、

会社の雰囲気も良くなり、
社員たちにも活気が溢れ、

業務効率が向上し、
業績も上がっていきます。

ですから、
このように、

好循環を引き起こすためにも、
心配や不安は取り除きたいものです。

では一体、

どうすれば心配や不安を
取り除くことができるんでしょうか?

経営者にとって
何が必要でしょうか?

どのようなことに気をつければ、

10年以上続けられる会社を
経営することができるんでしょうか?

今回は、

経営者として必要なたった一つのこと
について話をします。

経営者として、
心配や不安を感じている
方は、

是非、
この記事を読んでください。

この記事を最後まで読めば、

経営者にとって
何が必要かがわかります。

すると、

心配や不安を取り除くことができます。
自信を持って経営ができるようになります。

経営者として必要なたった一つのこと

名経営者の特徴を挙げてみると、

・諦めないこと
・失敗を恐れないこと
・チャレンジすること
・夢を抱くこと
・自分を信じること
・周りに流されないこと

など、
たくさんあると思います。

これらを見て、

『やっぱり経営者に
向いてないんじゃないか』

なんて心配するかもしれませんが、
それは思い過ごしです。

名経営者を見ていると、
たくさんの特徴が伺えますが、

これらは、
たった一つのことに集約されます。

それは何かというと、
”誠実さ”です。

自分に対しても、

他人、例えば、

・お客さん
・社員
・取引先
・家族
・友人など

に対しても、

誠実であるということが
非常に大切なことなんです。

著名人が口を揃えて言う”誠実さ”

 

『経営管理者が学ぶことのできない資質、習得することができず、もともともっていなければならない資質がある。才能ではなく真摯さである』

(P・F・ドラッカー著、上田惇生訳『現代の経営〔下〕)https://www.diamond.co.jp/book/9784478307014.html

”真摯さ”の英語原文は、
”integrity”になっています。

”integrity”は、
誠実、高潔、真摯といった意味です。

彼は、

リーダーは、
人間として、

誠実で何事も真剣に取り組む
人間でないといけないといい、

後天的には、
身につかないものなのだ

とまで、
言ってます。

後天的には
身につかないかどうかは別にして、

それほど、
人間としての在り方を重視しました。

パナソニック創業者である
松下幸之助氏もまた、

”素直”であるということを
たいへん大切にしました。

”素直な心であるために”という本を
出版していますし、

”社長になる人に知っておいて欲しいこと”
という著作の一節に、

”素直の章”があるほど、
素直さを重視しました。

彼はドラッカー氏とは違って、
努力次第で、

『誰もが素直な心になれる』
といいました。

素直な心であるための具体的な方法として、
”素直な心であるために”の中に、

“素直な心を養うための実践十カ条”
が書かれています。

”誠実さ”とは何か?

”誠実さ”を辞書で調べると、

嘘いつわりがなく、心の底から思って事に当たるさま。実直でまじめなさま。または、その度合い

weblio辞典から

とあります。

自分に対しても、

他人、例えば、

・お客さん
・社員
・取引先
・家族
・友人など、

に対しても、

誠実であるということが
非常に大切なことだということです。

具体的に、
どういうことでしょうか?

解説していきましょう。

信念を持つ

『信念』とは、

行動の基礎となる態度にぶれなく、
一貫性がある想いです。

信念がなければ、

他人の意見に流されます。
すぐに諦めてしまいます。

信念は、

それまでの体験を通じて、
心に浸透し『信念』が形成されます。

自分の想いに対して、
正直に物事を考え、

発言し、
行動することが大切です。

ウソをつかない

自分にウソをつくと、
いずれ気力を失います。

他人に嘘をつくと、
バレて信用を失います。

ウソをついてはいけません。

嘘をつかず、
自分がいいと思っていることをする。

例えば、
自分がいいと思っている

商品やサービスを
相手に届けることによって、

相手から
『信用』を得ることができるんです。

 

約束を守る

約束を守らないと、
用を失います。

時間にしても、
お金にしても、

『約束を守る』
ということは大切です。

約束したならば、
その約束を守りきる!

仕事がデキる人ほど、
地位が高い方ほど、

小さな約束でも
大切にしています。

約束を守ることで信用が生まれ、
人間関係が築き上げられていくんです。

感謝する

人との関わりに
上下関係はありません。

礼儀を忘れた人は
大きな仕事はできません。

ビジネス相手の年齢や
立場にかかわらず、

失礼のないように
礼を尽くことが必要です。

『礼に始まり礼に終わる』という
武士道の精神にあるように、

他人を尊重するからこそ、
ビジネスが円滑に進んでいきます。

ビジネスに関わった
全ての人に感謝をしましょう。

・相手を敬い、
・相手に好感を持ち、
・相手の気持ちを察す

人を思いやる気持ちに溢れている人は、
相手との間に信頼関係が生まれます

まとめ

今回は、

経営者として必要なたった一つのこと
について話をしました。

経営者にとって必要なのは
”誠実さ”。

これに集約されます。

その誠実さは、
著名人たちも重要視しました。

・信念を持つ
・ウソをつかない
・約束を守る
・感謝する

経営者にとって
何が必要かがわかったでしょう。

心配や不安を取り除くことが
できたことでしょう。

これで明日から、

あなたは素晴らしい
経営者へ生まれ変わります。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

 

Follow me!

【できる経営者】経営者として必要なたった一つのこと” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。