【自己変革】コンプレックスを克服する3つのステップ

コンプレックスを克服する3つのステップ

あなたは、
何かのコンプレックスを持っていますか?

他人から、

『気にするな』
『そんなのコンプレックスじゃない』

と言われても、

嫌なものはイヤ。
駄目なものはダメ。

本人がコンプレックスだ
と感じているんだから、

他人が何を言ったって、
どうしたって変わりません。

コンプレックスは、

自分自身で、
なんとかするしかありません。

もしかしたら、
あなたは、

『コンプレックスがなくなれば、
もっと積極的にもっと自由になれるのに』

と思っているのかもしれません。

『人と会わないでいたい』

私は子供の頃から、

極度な対人コンプレックス
がありました。

そんな私が変われたきっかけは、

勤めていた会社での
技術から営業への配置転換でした。

配置転換して初めての
お客さんとの面談での悔しい気持ちが、

私のコンプレックスを
克服するエネルギーになりました。

その後、
コンプレックスを克服し、

今では、

人と話す仕事
(経営コンサルタント)をしています。

コンプレックスを克服した私ですが、

実は、
いまだに人と話するのは苦手です。

人の根本的な性格は変わりません。
人見知りは大人になっても人見知りです。

しかし、

コンプレックスを
克服することはできます。

あなたは、
その方法を知りたくありませんか?

今回は、

コンプレックスを克服する
3つのステップ

について話をします。

現在、
コンプレクスで悩んでいる方は、

是非、
この記事を読んでください。

どうすれば、

長年苦しんできた
コンプレックスを克服できるのか、

がわかります。

するときっと、
明日からあなたは、

コンプレックスを気にせず、
積極的に、

自由に、
生きていけるようになります。

面白いほど、
いろんなことに、

チャレンジできるようになり、
どんどん成長していきます。

今回の結論

今回の結論ですが、

コンプレックスを克服する
3つのステップは、

まず、

他人はあなたを
見ていないことを知り、

次に、
開き直る図太さを持ち、

そして最後に、
コンプレックスを跳ね返す、

です。

他人はあなたを見ていそうで、
ほとんど見ていません。

だから、
気にすることないんです。

他人が見てないんだったら、
『だったらなんだ?』
くらいに、

開き直れるようになります。

開き直れたら、
もう後は弾き飛ばすだけ。

すぐにはできないけれど、
少しずつ慣らしていけば弾き飛ばせます。

他人はあなたを見ていないと知る

『コンプレックスを持っている
自分って恥ずかしい』

過剰に周りを
気にしすぎてませんか?

『人前で話すの苦手?そう見えないけど』

みたいなこと言われたことや
聞いたことはありませんか?

私の恥ずかしい
エピソードを紹介します。

私は、

受け持っていた仕事に
行き詰まっていました。

朝から仕事のことを
いろいろ考えながら、

朝の支度をしていたのですが、
あまりにも考え過ぎた結果、

髭を左半分剃り忘れて、
出勤してしまったんです。

出勤してすぐに、
気づきましたがもう遅い。

始業と同時に、
会議が始まりました。

少し話していると、
どうしても気になります。

相手が私の顔を
チラチラ見ているように思います。

『気づいているんだろうなぁ』

どんどん恥ずかしくなって、
私から言ったんです。

『今日、髭を半分剃り忘れたんだ』
って。

そしたらどうでしょう。

『え?そう言えば…そうですね。
全然気づきませんでした』と。

他人はそれほど、
あなたのことを見ていません。

自分は四六時中、
自分と付き合っていますから、

なんでもわかりますが、

他人はたまにしか
あなたを見ていません。

つい他人も自分と同じように、
自分を見ているかのように誤解し、

勝手に思い込んでしまうんです。

試しに、

自分が感じているコンプレックスを
他人に聞いてみてください。

ほどんどの人が、
『え?そう思わないよ』

というはずです。

開き直る図太さを持つ

コンプレックスを
受け入れるのは難しいです。

コンプレックス?あるよ。
でも仕方ないね』

と開き直れたら、
どんなにいいでしょう。

そう簡単にはいきませんが、

そんなコンプレックスも、
強みにもなり得るんです。

例えば、

吉本新喜劇の諸見里大介さんは
ご存知でしょうか?

彼は、

お笑い芸人でもあり、
また喜劇俳優でもあります。

なのに、
滑舌が悪いんです。

”さしすせそ”を言おうとすると、
”しゃししゅしぇしょ”になるんです。

あり得ないでしょう?

本来なら芸人としては、
致命的な欠点です。

しかし彼は、
この滑舌の悪さをネタにしているんです。

コンプレックスも、
考え方によっては武器になるんです。

私も昔、

”人見知りの営業マン”で、
営業に行ってました。

『君が言うなら信用できる』
と言ってくれるお客さんが結構いたんです。

口下手の方が、
一言ひとことに重みがあるんだとか。

本人は必死で
話しているだけですけどね。

ンプレックスは、
自分の“個性”でもあります。

あなたは世界中で一人だけ。
唯一無二の存在です。

”コンプレックス”と思うか
”個性”と思うかはあなた次第です。

コンプレックスを弾き飛ばす

開き直ることができたら、
もう後は弾き飛ばすだけです。

でも、

『難しい』
『できない』

初めはそんなものです。

心のブレーキが働きます。

だからこそ、
コンフレックスになったんですから、

仕方ありません。
今すぐできなくて当然です。

少しずつ、
慣らしていきましょう。

少しずつでいいんです。

徐々に慣らしていけば、

コンプレックスとして、
感じなくなります。

馬鹿にされることもあっても、
気にならなくなります。

私もいまだに人前では緊張します。

滑舌も良くないので、
噛みまくります。

まに他人から、
指摘されることがあります。

でも気にしません。

だって、
それが私
なんですから。

https://amadahisatsugu.com/kokorono

まとめ

今回は、

コンプレックスを克服する
3つのステップ

について話をしました。

今回の話のまとめですが、

コンプレックスを
克服する3つのステップは、

まず、
他人はあなたを見ていないことを知り、

次に、
開き直る図太さを持ち、

そして最後に、
コンプレックスを跳ね返す、

です。

どうすれば、

長年苦しんできた
コンプレックスを克服できるのか、

がわかったでしょう。

きっと、
明日からあなたは、

コンプレックスを気にせず、
積極的に、

自由に、
生きていけるようになります。

面白いほど、
いろんなことに、

チャレンジできるようになり、
どんどん成長していきます。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。

[jin-button-flat visual="" hover="down" radius="50px" color="#449eff" url="https://amadahisatsugu.com/" target="_self"]Home[/jin-button-flat]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。