上場準備

【上場準備】ベンチャー企業が出資者を見つける方法

ベンチャー企業が出資者を見つける方法

ベンチャー企業の資金調達をする
方法の一つに増資する方法があります。

この方法は、
融資と違って返す必要がないので、

非常に会社にとって、
ありがたいお金です。

しかし一方で、
株式を
新たに発行し、

株主となって
もらうことになりますから、

経営に関して多かれ少なかれ、
影響を受けることになります。

経営方針に協力的な投資家
であればいいのですが、

そうでない場合は非常に厄介です。

最悪の場合、
会社を乗っ取られることもあり得ます。

この記事では、

ベンチャー企業が
投資家を見つける方法をまとめました。

資金調達を第三者の増資で
考えている経営者の方は、

この記事を読んだら、

ベンチャー企業にとって
いい投資家が見つけられて、

会社を大きく
成長させることができますよ。

出資者はどんな人たちか

ベンチャーキャピタル(VC)

VCは、ベンチャー企業に
投資する投資会社です。

VCは、ベンチャー企業に投資し、
上場後に株式を売ることや、

株式譲渡などで利益を得ます。

VCからの出資を受けるには、

事業計画等で事業の大きな成長を
示せなければいけません。

VCに出資をしてもらうメリットは、

・上場ノウハウの提供
・次の資金調達先の斡旋
・追加の出資

など、会社が成長するための
手助けをしてくれることです。

VCには、
その出資元や投資方針によって、

・独立系
・地域特化系
・大学/
政府機関系
・金融機関系
・海外系

があります。

また事業会社が
事業シナジーを狙って
投資実行する

コーポレーション
ベンチャーキャピタル(
CVC

というものがあります。

エンジェル投資家

VCは、
他人のお金を運用するのに対して、

エンジェル投資家は
自分のお金を投資する点で違います。

エンジェル投資家は、
元起業家や元経営者が多いです。

創業初期の
ベンチャー企業に有効です。

彼らは、
ビジネスノウハウを豊富に持ち、

人脈もありますので、
非常に
頼りになります。

事業会社

ベンチャー企業の事業が成長し、
商品やサービスの質が良い場合は、

市場から注目を浴び、
事業会社が事業シナジーを狙って、

投資実行するケースが
増えてきています。

市場で大きな力を持っている
事業会社から出資をしてもらうことで、

事業を一気に伸ばすことが可能です。

出資者の探し方

関係者からの紹介

関係者から出資者を
紹介してもらうのが安全で安心です。

紹介される側も信頼する関係者から
紹介されるほうが安心します。

関係者としては、

・既存株主
・先輩経営者
・主幹事証券会社
・上場支援会社
・取引銀行

などが挙げられます。

ピッチコンテスト等への参加

ピッチイベントや
ビジネスコンテストに登壇して、

投資家に注目してもらうことも有効です。

ただし、
事業をプレゼンする力が不可欠です。

狭き門であることも
理解しておいたほうがいいでしょう。

交流会イベントへの参加

イノベーションリーダーズサミットなど、

ベンチャー事業と大企業とを
マッチングする
イベントがあります。

大企業と組みたい
ベンチャー企業がブースを出展して、

新事業を展開したい大企業と
話をして協業を模索します。

マッチングサイトの利用

マッチングサイトを利用して、
VCやエンジェル投資家を探す方法があります。

Startup List

国内のVCやCVC、事業会社が多数登録しています。

ANGEL PORT

投資家はエンジェル投資家のみです。

成長ステージに対する出資額と出資者のイメージ

ベンチャー起業の成長に応じて
必要資金は大きくなっていきますので、

成長ステージよって、
出資額や出資者も変わってきます。

それぞれの成長ステージは、
明確に定義されていないですが、

各成長ステージに対する

出資額と出資者のイメージは
できると思います。

シードステージ

試作品を作っているなどの準備期間です。

この段階では、
試作品を作るお金が必要になります。

ビジネスアイデアにもよりますが、
数百万から数千万円程度かと思います。

投資家としては、

エンジェル投資家や
シードに特化したVCなどです。

アーリーステージ

売り上げはじめて、
事業が動き出した初期の段階です。

出資者としては、
VCが主に対象になります。

資金調達額としては、
数千万円から数億円程度です。

ミドルステージ

事業が成長し、
外部から高く評価されるようになると、

さらに事業を伸ばすために、
資金需要が出てきます。

調達額は数億円から十数億円になります。

このころになると、

VCのみならず、
事業会社からの出資の機会も出てきます。

レイターステージ

この段階では、
上場などの確度が上がって、

投機目的のVCや事業会社なども
出資検討し始めます。

調達額は、

数億円から数十億円と
規模が大きくなります。

出資者を選ぶポイント

どの業界に強いのか

VCによっては、
IT、医療、ものづくりなど、

得意とする業界があるので、
それを確認するようにしましょう。

いくら出資してくれるのか

出資者が
どれくらいの出資を考えているのか。

数千万円なのか、数億円なのか。

検討する前に聞きましょう。

調達しようとしている額と
あまりにかけ離れていると、

お互いに出資検討する
時間の無駄になりかねません。

ハンズオンかハンズオフか

投資家がベンチャー企業の経営に
積極的に関わる場合をハンズオンといい、

経営には一切関わらず見守るだけ
という場合はハンズオフといいます。

ハンズオンだと、

経営ノウハウやマーケティングなどの
指導をしてもらえる反面、

会社運営に関して、
自由度が下がりますので、

どちらを望むかは、
決めておいたほうがいいです。

出資者の素性は確認しておく

上場を目指しているなら、

出資者の素性はしっかり
確認しておきましょう。

出資者の顔ブレによって、
上場ができなくなるケースもあります。

上場の審査時には必ず、

反社との関わりがないか
厳しく
チェックが行われます。

反社認定された人物の近しい人も問題に
なったりしますので注意が必要です。

主幹事証券に都度、
確認するとよいでしょう。

まとめ

この記事では、

ベンチャー企業が投資家を見つける方法
についてまとめました。

出資者はどんな人たちか
出資者の探し方
成長ステージに対する出資額と出資者のイメージ
出資者を選ぶポイント

ベンチャー企業は、
スピードが重要です。

そのため資金調達は、
融資よりも出資のほうが有効です。

しかし、
経営権を奪われるリスクもあります。

適切な出資者を集め、

会社を大きく成長させるために、
ドライブをかけていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

ご質問やお問い合わせは、

合同会社 くれぁ・ふぉせったの
ホームページからご連絡ください!

▷くれぁ・ふぉせったのホームページ

ーーーーーーーーーーーーーーー

wrote by ひさつぐ
(本名:丹田 久嗣(たんだ ひさし))

職業:経営コンサルタント

業務内容:
資金調達、上場準備、社外CFO
、その他経営コンサル

活動地域:
大阪、京都、滋賀、その他(要相談)

ーーーーーーーーーー

SNS等一覧

▷YouTube ”ひさつぐ経営大学”▷Twitter ”ひさつぐ@”▷Facebook ”丹田久嗣”

ーーーーーーーーーー

あなたに、
お会いできる日を楽しみにしています。